*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月21日(月)

【睡眠】
ぐわーが眠れません。
ダブルベッドにぐわーと2人寝ているのですが、やはり、寝返り打つたびに隣の人は起きちゃいますね。
眠れないと体力も持ちません。
私も何度も起こされて、夜中1:30、とうとう私も眠れなくなりました。
ぐわー、「寝にくい」といいます。
枕かな。
いや、布団か。
仕方ないね。
ぐわーに手マッサージを始めました。
途中から疲れてきたので、全身をただ撫でさするだけに変えましたが、それでも気持ちいいですよね。
1時間ほど続けて、ようやく寝付きました。
母も疲れました…。よく眠れました。

【切手】
近所に切手を売る店もありましたが、15Bの切手を20Bで売るという素晴らしい店なので、12分歩いたとこにある、郵便局へ。
雨の中、ぐわーとお散歩がてらちんたら行きました。
めんどくさいので10枚まとめてお買い上げ。
郵便局員は1ミリも英語は通じませんでした。でもジェスチャーで伝わるから大丈夫。

【さんぽ2】
ホテルのチェックアウトは12:00。
それでも十分ゆっくりですが、今日はホテルを夕方17:00まで延長しました。
なぜなら、今日は移動です。
出発時間は18:00。
というわけで、無目的に時間が空きました。
今日は予報も『降水確率90%』
遠出はやめよう、となり、近所のお寺に行ってみました。(ワット・ジェットリン)
入ってびっくり、謎の僧の像(しかもリアルしかも5〜6体)!
ガイコツがグラサンかけてる!
20170902072901030.jpg
でっかいドラも叩き放題!
20170902072901240.jpg
奥に進むと、池があり、
夢だったオオオニバスがそこに!
20170902073154ac5.jpg
鯉の餌は10B…と思ってあげてたら、これがナマズだったという衝撃!
20170902073906365.png

そのおこぼれをもらおうとたかってくる、鳩の脅威!
2017090207352987c.png
なんじゃここ?地獄の寺か⁉︎
タイには時々、このようなナゾの寺があって、やめられません。
薄いレンガがいくつも重なってテーブルに置いてあるのが点在していて、10B、とあります。
みんなそこに名前を書いているようでした。
どうやらドネーションに10B、そのレンガには絵馬的に名前を書いて、建造物作成の折に使ってくれる、と推測しました。
私たちも家族揃って名前を書き、意味なくちゃっかりお願い事(健康でありますように、とか)書いて、喜捨して参りました( ^∀^)
これで旅の安全は保証されました!

【配車】
GRABというアプリをご存知でしょうか。
今、シンガポールとマレーシア、そしてここタイでも使える、配車アプリです。
空港からホテルまでは、空港手配車だと15分の距離を300Bでしたが、
ホテルから駅まで、(渋滞混み)20分の道のりは77Bでした。
配車だけでも便利なのに、
値段も前もって提示してくれるし、
配車の動く様子すらGPSで地図上で確認できる。
GRAB、いい仕事するわー。(あと青空くんも)
でももちろん、ローミングサービスやってる人か、Wi-Fi使えるところじゃないと使えませんから、ご注意を。

【寝台列車】
そう、18:00発のなにで移動かと言えば、寝台列車です。
20170902074107620.jpg
予約はもちろん、予約担当大臣、青空くん。
なんとThai railway 、英語ですが予約サイトがあるのです!
青空くんの用意したチケットは、そのreservation formをプリントアウトした、A4の紙、4枚。
なにこれ?こんなのでいけんの?
そしたら、乗ってる白人、けっこうこのA4チケット持ってる人いました。
だって、短い旅行で鉄道の現地手配なんか、ムリっすよねー。
ただ、乗るまで信用できなかったけど(^^)
乗れてよかった。

【寝台列車の旅注意点】
タイは通路を挟んで窓に沿って縦に並ぶ方式。
元々は座席です。
20170902074219609.jpg

20170902074218ffc.jpg

私たちが乗ったのは大変新しい(201603という刻印あり)車両でしたが、
もちろん!注意点が鬼ほどあります。

①寒い
これ、忘れてました。タイの格言に「寒ければ寒いほどいい」というのがあるのかどうかは知りませんが、
まぁ、高級な場所になればなるほど、エアコンの効きが容赦ないです。
映画館とか、ファストフードとか、レストランも、価格設定に比例して、エアコン設定温度が低くなります。
寝台列車。激寒です。
カーディガン(代わりのラッシュガード)に、ぐわーは長ズボン、タオルかけてもまだ寒いほど。
なんなのこれ!
おもてなしのつもりなら、完全に履き違えてるから!

②ご飯
冷凍お弁当をチンするヤツが、食堂車で売られています。
お弁当なんでもちろん席でも食べられますが、
この座席は仮の座席。18時発の列車、出発して間も無く、座席をベッド仕様にする人がじわじわやってきます。
すると食堂車はすっかり満員御礼。
ちょっと待ってから、なんとか座ることができました。
カップ麺持ってる人もよく見かけました。
7時前からもうベッド作成は始まりますので、乗ってすぐご飯するか、ベッドでも食べられるというなら、ご飯やカップ麺持参もありかもしれません。
お湯調達がハッキリしませんが…寒いので、暖かい汁物はあなたの命を救うでしょう。
カフェもありましたよ。朝には売り切れてましたけど。

③座席
係の人が、座席を解体して1つ1つ作ってくれます。
カーテンもブランケットも付きますが、とにかく寒かった…。
下2つがぐわーと私、上がコロと青空くんでしたが、寒さはどちらも変わらない模様です。

④テーブル
出したら最後、閉じれない!ボタンもなにもない!
と思ったら、これ、油圧式のようで、
支えのバーのズレをカチャッと直したら、あとは力任せに押して倒します。
斜め向かいのサモハンキンポーに激似のおかっぱおばちゃんが教えてくれました。
この近代車で、まさか物理加重式とは…。
まだまだアメージングタイランドです。

⑤時間
時間通りには行きませんよ。
だいたい、20分後に着く最初の停車駅ですら、5分くらい遅れてました。なにそれ?
でもね、違うんですよ。
キチン、キチンとしてる、日本が特別なんです。
私もかつて、長期旅行から帰国したてで、実家までの新幹線の中で聞いたアナウンスに驚愕しました。
「…長野駅には〜、14:59着の予定です〜」
そんなんもう、15:00でええやんけ!
でも新幹線、14:59に着くんですよ。
これは、世界基準では多分、異常です。
さて私たちの乗った寝台列車、果たして翌日着の50分遅れでバンコクはホワランポーン駅に滑り込むことになります。
はい、デフォルトデフォルト。
201709020745484ca.jpg

さあ。
16年ぶりの、ホアランポーン駅はすぐそこです。

【今日のご飯】
朝…〈ホテル〉トースト
昼…〈通りの向かいの店 〉センレックナームクン(コロ)パッタイ(ぐわー)ピネンカレー(父)カオパッムー(母)
夜…〈食堂車〉カオパックン(コロ)カオパップー(ぐわー)ガパオ(父)グリーンカレー(母)

総額 5,299B(うち宿代4,400B)(電車代3,324Bは青空くんすでにカード支払済)
(文責・す/検証・青)

8月20日(日) チェンマイ Hotel Bupatara

タイは雨季です。
知ってはいましたが、今日はそれにモロ出くわしました。

【さんぽ】
今回、朝食付きの宿はこのチェンマイだけ。トーストと卵をコーヒーでいただき、洗濯を済ませたら、二手に分かれて行動です。
コロと青空くんはホテルのプールへ、
私とぐわーはおさんぽです。
昨日は歩かなかった細い路地を歩くと、
なんとその先にはだだっ広い市場が広がっているではないありませんか。
生肉、
野菜、
果物、
洋服やらなんやら、
お供えグッズ、
謎のおもちゃ、
スパイス類、
調味料類、
スマホまでが
まーぁ、所狭しと並んでいます。
麺すすっている人まで!
ああ、その麺、見たことないけど食べてみたい!なんでホテルに朝食なんて付いてんだよ⁉︎
と一瞬思いましたが、子どもたち(11歳&13歳)には、ちょいとハードル高すぎますね…
無理だ。お腹壊しちゃうよ。

【スーパーマーケット】
冷蔵庫あるし、ビールを買ってこ。
と思ってたら、ビール、つか、アルコール販売に時間制限あるんですって。
11:00〜14:00と、17:00〜0:00。
昔はそんなしばりはありませんでした。
青空くん曰く、「まだ喪に服してるからじゃないかな」
プミポン国王が亡くなったのが去年の10月。1年間は喪があけないそうです。
やはり街中も、タイ人と思しき人は黒い服を着ている率が高かったです。
スーパーは、なんだか日本語があふれ、日本のお菓子だらけ。
なんだろ?日本ブームかな?
スーバー、今日だけで4回行っちゃいました。

【お茶】
日本のメーカーのももちろん売ってます。
でも、どうせならタイ製品を飲みたい。
怪しい日本語が書かれた、タイ製の緑茶と玄米茶を購入しましたが、
なんと!
甘い!
砂糖茶です!
ありえない甘さ…(・Д・)
大人チームはなんとか飲み干しましたが、
子どもたちはギブアップ。さよならしました。
やはり水が一番!
タイに行く方!お茶に要注意です!

【プール】
小さいながらも、深さのあるなかなかのプールです。
水は冷たいらしい(私は入らなかった)です。
ダメな西洋人バックパッカーみたいな人たちが、入れ替わり立ち代りゴロゴロ過ごしてました(⌒-⌒; )

【モン族マーケット】
足を伸ばしてこちらまで。
ここはガイドブックにはまず乗っていない、ネット情報で知りました。
モン族の丁寧な刺繍が施された布製品がギッシリ。
モン族は、ちょっと前までタイ国籍すら与えられず、かなり虐げられてきた民族だそうです。
現金収入がこの手芸品しかないようですので、値切らず言い値でお買い上げです。
あ、もちろん聞くのはタイ語でですよ。
私もサビサビのタイ語を駆使して、3点お買い物しました。
でも、他のマーケットと違い、声かけるでもなく、完全放置なんで、ものすごく居心地良かったです。

【スコール】
うっかり傘を持たずに出てしまいました。
豪雨です。
しばしモン族マーケットで雨宿りしていましたが、なんとここも雨漏りが…!
走って近くのもっと大きなマーケットに入りました。
気温はまあまあ暑く、雨も暖かいので、さほど気にならず、雨宿りしばらくしてからホテルのそばに向かいます。
途中チラチラ降ってきましたが、もう今更…^_^
洗濯物を取り込んで行ったのが救いでした。
明日からは傘必携です。

【普通語】
どうやら、私が来なかった16年の間に、中国人観光客が激増しているようで、「清迈(チェンマイ)」の表記があふれています。
すれ違う黄色人種という黄色人種がほぼほぼ中国語。
店の兄さんにも「イーパイイーパイ(100バーツ100バーツ)!」とやたら声かけられるし、
換金所でも中国語で話しかけられる青空くん…
宿には
2017083109014946b.jpg
(普通語:「静かにしてください」)
英語でも日本語でもその表記はなかったので、おそらく…
中国爆買いパワーはとどまるところを知りません。

【ウイークエンドマーケット】
昨日に引き続き、今日は日曜日版のマーケットです。
しかし、やはりぐわーが人酔いしてしまう模様。
疲れ果ててたんで、何も買わずに早々に引き上げ、晩御飯食べたら今日の活動は終わりです。

【今日のご飯】
朝…〈ホテル〉トースト
昼…〈Huen Phen〉フライドチキン(コロぐわー)たけのこの豚肉はさみ揚げ(コロぐわー)カオソーイ(父母)
おやつ…〈17年前に青空くんとビール飲んだ店←まだあった!〉フルーツシェイク
夜…〈See You Soon Cafe〉クイッティアオナームガイ(チキン汁麺)(コロ)クイッティアオナームヌア(ビーフ汁麺)(ぐわー)グリーンカレー(父)パッタイ(母)

総額2,050B
(文責・す/検証・青)

2017.8.19(土)

今回はタイです。

何がって?
いや、旅行です。夏の家族旅行。
なぜこのクソ暑くてクソ雨季真っ盛りのタイにしたか?
それは、
まあ、思いつきです。そんなもんッス。

いやー、今回ほど適当で準備のない家族旅行もないかもしれません。
タイ。
そりゃもう、散々行き散らかしたタイです。
うちの両親と待ち合わせして旅行したこともある、タイです。

とはいえ私はなんと16年ぶり。
そういや最後に行った時も、青空くんと二人で旅行代理店行って、「明後日のエアチケットありますか」って聞いて、店員さんにドン引きされてたな(⌒-⌒; )
日本で働いてたら、普通はそういう買い方しないもんなー。
若くて、フットワーク軽くて、まだまだ旅人感覚が全然抜けきっていない頃…。

現在、パート主婦。
ああ、そうですよ。旅人感覚なんぞ、もう、カケラも残ってございません。
緊張で家に帰りたい衝動に駆られた、パート主婦です。

そして、今回のアバターはこの子たち。
20170829213814faf.jpg
向かって右から、コロのペットのへびくん、コロ、ぐわー、へびくんのいとこのスネクくんです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
前日作りました。準備もせずに。キャハ☆
では毎度のごとく、箇条書き方式で参ります。

【飛行機チケット】
今回は、前回のシンガポールを教訓にしていたので(前回は4人バラバラの席で、私は当時小3のぐわーが心配で心配で心配で心配で心配で、機内アルコールはおろか、機内食も1ミリも喉を通らなかった)
座席には相当前から青空くんに前もってチェックインしました。
4人並びの席です。
もう、それだけでもう、私の旅は勝ったも同然です。
あと、機内でなくしたと思った、コロのメガネの鼻あても、後ろの座席から発掘されました。
これなくしてたら、相当のダメージだったはず。危なかった。
メガネケースをどこかで買わなくちゃだな。

【幸運を手にする方法】
そう。大事なのは、ツイてる、と思い込むこと。
ケーススタディ1:空港→ホテルのタクシーが300B(バーツ)?
ぼったくり?
いえいえ。安全と信頼の価格設定。
ケーススタディ2:ホテルの床がビショビショで、拭きにきてもらった?
すぐ来てくれました。さすがのスピード感。
間違いなくツイてます。
誰がなんと言おうとツイてます。

【チェンマイのホテル】
もちろん、私たちがツアーなど申し込むはずもありません。
全て自分たち(=青空くん)で手配しました。
今回はBooking.comを使いました(日本語)。
もちろん、ただ検索しても無尽蔵にヒットするだけです。
私たちの条件は「4人部屋、ホットシャワー」。
海外って、意外と4人部屋ないんですよね…。
シンガポールの時も、2人部屋ふた部屋でした。これものっすご不便。
1つはダブルベットでしたが、次回はここも条件に加えてもいいかもしれません。

チェックインしたホテルは、
2部屋に別れた、スイート方式。
トイレも2つ。
シャワーは…一個しか出ないけど。
エアコンももちろん2基。
なんとベランダまであります。
シンガポールの時は窓なし・2人部屋を2つ だったので、たいそう不便でした。
これは床ビショビショでも、全然いい部屋と言えるでしょう。

【一発目のご飯】
実は機内食、私たち、2回いただきました。
羽田→バンコク はもちろんランチが一回出ましたが、
バンコク→チェンマイの、ほんの1時間足らずの国内線のフライトにも、
17:00発 だから夕方に、福建麺(エビ入り)のそこそこのご飯をいただいていました。
何ご飯?これ。夕方ごはん?
ですから、食事は軽めに済ませよう、ということになりました。
そして今日は土曜日、ウイークエンドマーケットです。
もちろんすぐに繰り出しました
…が。
なんだ?この混雑。
日本の祭りなんてもんじゃないです。
しかもそこを車がガンガン通ります。
ぐわーはもう、人酔いと、時差と、疲れで、途中フラフラし始めました!
あぶね!こんなことでご飯食べてる余裕なんかない❗️
と、そんなわけで、
慌てていろいろ買い込んで、女子供は早急に退散、
青空くんはセブンイレブンにビールを買い出しに行ってもらい、
部屋での食事となりました。
20170829214323fb5.jpg

部屋に戻ってシャワーを浴びたら、
ぐわー、ちょっと元気取り戻しちゃいました。
なかなか眠れないねー(⌒-⌒; )
ウイークエンドマーケットの洗礼は、なかなか衝撃だったようです。

それでも現地時間の21時前には子どもたちは眠りにつき、
大人もビール終えたら続きます。

【旅のご予定】
さて、明日からの予定。
移動とホテル以外は全くの未定。
いいですか、全くの未定です。
家族旅行、それでいいのか⁉︎
うははのは。いいんですよ。
楽しい旅は始まったばかりです。

【今日のご飯】
朝…トースト、おやき
昼…〈機内食〉 海鮮丼(父母コロ)タンドリーチキン(ぐわー)
夕方…機内食 福建麺
夜…〈ウイークエンドマーケット→部屋食〉焼売、餃子、肉団子、パイン

総額535B
(文責・す/検証・青)

無情にも、船の出る日となりました。

【皆勤賞】
8/1から、島のラジオ体操に毎朝参加していました。
ポスターには「旅行者の方も是非どうぞ!」と書いてありましたが、
旅行者はとうとう、うちの家族だけでした。
ですから、きっと目立ってたことと思います。
でも、それも今日で最後です。
特に誰にもなんにも言いませんでしたが、
島の人は船の出航で知るのでしょうか…
そう思うとなんか、

しみじみしますな。


【再びの南浜】
チェックアウトしてから荷物を預けて、
出発までビーチで遊ぶことにしました。
飽きもせずまたシュノーケル装着です。
岩場には相変わらずお魚。
あーあ。
帰んのか。あたし。
こんなキレイな海とお魚見放題。
ここから帰んなきゃいかんのか。
…いやいやいやいや。
やめやめ。考えんのやめ。

20160812074709759.jpeg
これなーんだ。
ヒント・右上が、ちくわにしか見えなくて、こうなりました。

そうこうしている間に、24時間前に東京を出た馴染み深い船が、
ゆっくりと、これまた東京に入港してきました。
20160812010524c6e.jpeg
現実に戻る為の、悪魔のどこでもドア(時差24時間)です。

【ビジターセンター】
海水浴を終え、シャワーを浴びて着替えてから、まだ時間がありましたので、
ぶらぶらと入ってみました。

ここ!
いやはや。なんともはや。
全くノーマークでした。
展示があるだけではなく、
様々な見どころ紹介、
興味深い資料もたくさんありました。
ここ知ってりゃ行ったのに!的なのがワンサカ!
これは痛恨のミスです!
初日に行かなきゃダメ!絶対!

【お土産】
散々買ったけど、最終日におまけのおまけで。
・ぎょさん(ビーサン)
201608120756594b8.jpeg
→青空くんはとっくに買ってたのですが、
島での最終日、家族分買っちゃいました。
カワイイし、濡れてもすぐ乾くし、履きやすく、ぬぎやすい。
ぎょさん最高!
便利すぎます!

・島寿司
→白身魚のヅケを、ワサビでなくカラシをつけたご飯に乗せる、島の名物寿司です。
白身魚が入荷できずお弁当はできないんです、と、別のお店で言われていたのですが、
最終日に無事ゲット。
20160812010749712.jpeg
甘くて、超絶美味しかったです。
レシピ、ビジターセンターでgetしちゃった(((o(*゚▽゚*)o)))
楽しみです!

【いってらっしゃい】
乗船です。
港側のデッキは、同じ思いの人々でごった返しています。
「いってらっしゃーい!」
島の人はそう、見送ってくれます。
おがさわら丸の上で、素晴らしい小笠原太鼓を聞き終わると、
見ず知らずの人たちが笑顔で口々にそう言うのです。
いつまでも見ていたい。
でも、
船は大きな汽笛を鳴らしました。

おや?
出航したというのに、
小さなスピードボートが何艘もこの客船を追走してきます。
どこまで付いて来れんだろ?と、興味本位で見ていると、
なんと、乗ってる人達が次々と海へダイブして行きます!
ダイブ!
それマジか!
本気で事故かと思った!
でも、ダイブしてから手を振ってくれるので、
どうやら事故ではない模様。
あーたまげた(*_*)
でもでも、あれ?
これ、感動…
私も、何度も何度も「ありがとう」と叫んでいました。

【父島へ行きましょう】

『レモン林』という曲だそうです。
おがさわら丸の、出航時や到着時に、船内でよくよく聴きました。
ウクレレで弾き語る、
ハワイアンのような、
いや、ハワイアンズで流れていそうな、
なんか座り心地の悪い曲だなあと思っていたのですが、
今、その曲を思うと、涙がこぼれます。
46歳、中野区の小さな家の中で、
泣きながらこのブログを書いています。


若い二人は離れているけれど でね

約束しましょう また会う日の夜に

若い二人は 人目が恥ずかしい でね

レモン林で かくれて話しましょう

レモン林の あまい香りの中で

キスをしたのを お月さまが見てた

平和になったら 二人はカボボして でね

新婚旅行は 父島へ行きましょう



コロのご褒美に決めたこの旅、
もう2度と来られないだろうと思っていましたが、
来年もまた来たいです。
つかもう、住みたいです。

ハガキを出しても、同じ船で本島に到着する島。
島なのに近海の魚が手に入りにくい島。
自給自足ができず、物価の高い島。
見たいところが鬼ほどあって、何日いても足りない島。
不思議な植物に囲まれながらも、どこか懐かしい島。
この美しく孤独な島を思い、私はなぜか涙を止められないでいます。
また来たい。
何度でも来たいのです。
2016081201075261a.jpeg


この摩訶不思議な、東京のはじっこ。
父島へ行きましょう。
(す)

【バス】
本日はバスで、島のさらに南、小港海岸まで。
のんびりビーチで過ごします。
そのバスも大変のんびりしていて、
乗り込んできたおじさんの、「○○さん家ね」で通じてました。
すげえ。
帰りのバス時刻をおさえつつ、森を抜けて海へ。
うひゃあ、広い!
途中までプライベートビーチ感覚でした。

【やはりタープいらず】
東屋はやはりあります。
そして美しすぎるトイレ。
本当にすごい。小笠原、どこに行っても環境が整っています。
さすが天下の世界遺産です。

【本気の砂の城】
今日は海には入りません。
コロもぐわーも、よっぽど昨日の海にコリゴリしたようで、
今日は約束したのです。
すっげえ砂の城を作ると。
結局ぐわーは青空くんと沖へ出てしまい、
私とコロで4時間かけて完成させました。
20160807050704690.jpeg

2016080705080502e.jpeg

疲れた…
でも達成感半端ない…ヽ(;▽;)ノ

【ヤドカリ大きい】
なんかえらい大きさです。
子どものゲンコツくらいはあるでしょうか。
ちょいちょい歩いてます。無防備に。
もう、踏んじゃうから!危ない!

【安定のシュノーケル】
砂遊びの合間をぬってシュノーケルも行きました。
岩場にはやっぱりお魚。
黒鯛、どこにもいるねぇ。
ああ、銛でつきたい。刺身にしたい。

【スコール】
小港海岸にいる間にも、3回も降られました。
本当にいわゆる南国のスコールです。ザッと降って、あっという間にギラギラに晴れます。
おかげで立派な城も水気を含んで、作業がしやすくなりました。

疲れた子ども達に配慮し、14:05のバスで早々にホテルに帰りました。

【稚ガメ放流】
ここ小笠原は、海ガメを保護しながらも食用にする、世界唯一の場所なのだそうです。
今日はお祭りの初日、稚魚ならぬ、稚ガメの放流イベントがあるということで、
港近くの浜辺へ行きました。
籠の中の稚ガメは、体長30㎝くらい。結構な大きさです。
10匹ほどいたでしょうか。
みんな一生懸命手足使って、海に帰って行きました。
その個体が小笠原に帰ってくるのは、およそ30年後だそうです。
30年後、コロが子どもを連れて小笠原に来たら、
今日放したカメと会えるかもね。

カメ料理屋さんでψ(`∇´)ψ

【商店おやすみ】
頼みの綱、小祝商店も生協もなんとおやすみ。
そういえば、出航前日はおやすみ、と、どこかで読みました。
やばい。
今日のご飯、どうしよう!キャベツしかない!
キャベツ千切りご飯か⁉︎
子ども達暴れちゃうよ!

青空くんの情報サーチによると、
ホテルの近所に24時まで空いているという奇跡のコンビニ・佐藤商店があるというので、
半信半疑で地図で探してみますと、
やはりライバルお休みのため、大盛況です。
希望の近海魚どころか、魚そのものを扱っていませんでしたが、
冷凍のお肉は充実のラインナップです。
手羽先と牛肉を購入、今日は残り野菜を使ってお鍋にしました。
久々のお肉。うめぇ〜〜(*^_^*)
夏の鍋最高☆
再びのスコールの合間をぬって、ビール買い足しに行っちゃいました。
飲み過ぎだ!
ダイエットどこいった⁉︎
(す)

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。