*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボケとツッコミという言葉があります。
いにしえから、日本の『笑い』という文化における、
基本的なやり方のひとつです。
古くは平安時代、狂言の『附子(ぶす)』の中にも、
主人と、お供をしようとする太郎冠者とのやり取りで、
立派なボケとツッコミが成立しているシーンがあるほどです。
(もっと古いのあるかもしんないけど私が知ってるのはこれ)

さて。
宮田珠己さんの本で、一番最初に読んだのは
彼の処女作となる旅行エッセイ『旅の理不尽』でした。
大爆笑につぐ大爆笑。
そして、最後は斬新なしみじみさをもってしめる技巧ぶり。
このハイレベルな文章力、構成力、
そして涼しい顔して次々と繰り出すボケの数々。
しかもこれ書かれた当時は宮田さん、サラリーマンだったんですよ。
こりゃ只者ではないと思い、
この本だけでも何度繰り返し読んだかわかりません。
その後の旅行記も、本当に特定電車内危険本に私の中だけで指定され、
宮田珠己、ボケの天才だと思っていました。

どっこい。
この『おかしなジパング図版帖』、
彼は徹底したツッコミに徹し、
江戸時代に、西洋人によって描かれたニッポンの、なんじゃこりゃ?な絵を集めては
ひたっすらいじっていじっていじり倒すという
これまたかつてない、新しくも大笑いな本なのでした。

特筆すべきは、着眼点がナナメ上過ぎるという点。
誰が、このモンタヌスによる『日本誌』を見て、
おもろ過ぎ!よし、オールツッコミ本書こ。と思う人がいます?
日本ってゆがんだ描かれ方してたんだな~さすが鎖国。
止まりじゃないですか?
もうきっと、読んでて、ツッコミどころ多過ぎて、どうしても書かずにおれなかったんでしょうね。
そのツッコミも、まああ、細かい細かい。
重箱の隅をげきおちくんでこそげとらんばかりのすくいようです。
さらに、モンタヌス(の書いた本、というべきか)への愛があふれすぎていて、
ちっさい背景にも見逃しません。
特に気になる絵についてはいっこいっこおかしな箇所を切り抜いてあげつらね、
丁寧にツッコミまくります。
そこまでやるか!という、いちいち感。
宮田さんの通った後にはチリひとつ残っていないでしょう。
モンタヌスさん、もし天国で見てたら、
恥ずかし過ぎて、穴掘って入り込んでます。

でも、
ひとつの絵に対しての考察がものすごくて、裏付けも半端ない。
文献の引用が、異常に多いのです。
この本の巻末には、おびただしい数の資料の名前が並んでいました。
一体こんな大量の本を、いつどうやって読んでいるのか?

つまりこれは、
『笑える学術書』なのです。
今まで類を見ないジャンルながら、これは相当本格的です。
おもしろくて、ためにならない学術書(必要性という意味で)。
こんなバカバカしくも素晴らしい本が他にあるでしょうか?

…まあ、あるかもしんないけど。

ためにはならなくても、
興味深いという意味でのおもしろさは、文句なしの横綱クラスだったのでした。


おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-
(2013/04/10)
宮田 珠己

商品詳細を見る


観音様とか概念変わる度:120%
(ト)

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。