*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正直、筆が遅々として進まないのです。いや、もっと正確に、私は筆を取ろうともしていませんでした。

すでに遠野へボランティアに行ってから1か月が経とうとしています。いろいろ書きたい事は胸に詰まって喉まで出かかっているのです。けれど、パソコンに向かう気がしない。
このつっかえてるものがなんなのか、これが本当によく分からない。相方・青空くんにも、今回ばかりはあまり多くを語っていません。このブログで吐き出せば少しは楽になるのかもしれないのですが、どうにも、どこからどうしていいのか、今こうしていてもこれがつらいのです。
そこでの情報量が、私の心のキャパを超えていたせいかもしれません。ライトな鬱状態です。
それでも、これを乗り越えないと。私は世界最強の生命体、『おばちゃん』なのです。

下らない序章を経ましたが、気を取り直して。
では、話を始めましょう。

【第〇日/6月17日(日)】
夜の新宿というのは、どこか無国籍な情緒があります。それにあいまった、日曜日の独特な空気。小学校の頃よく感じていた、サザエさんが終わった後の焦燥感にも似た、絶望と諦めと、ほんの少しの期待が入り混じる、ドキドキ感に酷似しています。日曜日の夜の新宿は、そこにいる人の数だけの、その複雑な感情の高まりで充満しているようでした。
子供の食事を用意し、留守を青空くんに託し、コロ妊娠して以来、初めてとなる一人旅の出発です。
私はその時、まだ全く心が状況についていけていませんでした。つまり、ボランティアに行くという事実と、それにともなう準備に追われ、気持ちの整理は全然できていない状態でした。
花巻行きのそのバスの乗り場は、都庁そばの地下駐車場でした。7㎏になるバックパックをかついで、そのスタッフに指し示されたその駐車場を、私は、バンコクかクアラルンプールか、どこか亜熱帯の深夜を徘徊しているような、ふわふわとした気持ちで歩いていました。現にその地下駐車場は、人もほとんどいず、車もガラガラ、全く新宿らしくなく、日本語が通じる事が不思議なくらいでした。
バスが来て、座席に腰を下ろし、夜行バスに備えて耳栓やらアイマスクやらを準備していても、眠れる気がしません。花巻につくのは明日の朝5時半。

すでに言いましたが、きっかけを作ってくれたのは、青空くんの方でした。
去年の6月、青空くんは残り少ない有休を9日ばかり使って、岩手県遠野のボランティアセンターで震災のボランティアをしてきました。首の皮一枚でつながってる企業戦士の割には、よく思いきったと思います。それでも行かずにいられなかった彼の心中は、察して余りあります。
その相談を受けた私は、是非行った方がいいと勧めました。私が、その17年前、阪神淡路大震災の時に2か月ほどボランティアに行っていた経験があったから、という事もあります。そして今回ばかりはそれができなく、歯がゆい思いをしていた、ということも、もちろんあります。
でもそんな私情だけではなく、私は、彼のその衝動を全うしてもらいたかったのです。実際、それができる恵まれた状況だったという事実も、それを後押しする重要な理由の一つでした。帰宅してから は、大いに彼の土産話を聞かせてもらい、私も震災以来つっかえてたもどかしさを少し、払拭することができました。
今年もまた、「6月にまた有休取りたいんだけど」と、彼は切り出しました。私は一瞬びっくりしながらも、「そうか、行って来い、ゲンキ!」と、『がんばれ元気』の、おじいちゃんが布団の中で泣きながらゲンキにつぶやく一幕を思い出しながら力強く吐き出すと(一部脚色)、「いや、今年はすずきが行きな」と切り返され、今度こそ本当にびっくりして、面白い切り返しはすぐには思いつけませんでした。

つまり、
私がボランティアに行く。
青空くんは、家でハウスハズバンドをする。
それ…
おもろい!
この機会逃したら、もうないかもしれない!
私はあまり深く考えず、その提案に従うことにしたのでした。
だがしかし!
一体、この42歳の主婦に何ができるというのでしょう。
いや、何もできまい!いっそボランティアに行ったことにして、バリにでも高飛びして、若いヤングなバリニーズひっかけて酒池肉林。なども頭によぎりましたが、ばれたら即三行半だし、友達もなくすな。つか、人間やめた方がいいな。というか、ぜんっぜん現実的じゃなかったので、普通に行く事にしました。
しましたが、とにかく準備がかなり大変でした。
まず行く場所。いくらもありましたが、せっかく縁もできましたから、去年青空くんがお世話になった、遠野のボラセンに行く事にしました。遠野そこ自体は内陸の為、さほどの被害はなかったようですが、遠野を起点とし、そこから陸前高田、大船渡、大槌などへ通い、がれき撤去や仮設住宅を回るなど、様々な作業に当たるという事でした。事前登録は、これは簡単にネットで済ませる事ができました。
ボランティア保険に入ったり(18年前はもちろんんなもんなかった)、留守の間の食糧の確保、コロ達へ、毎日読んでもらえるように手紙、渡すおもちゃや本の買い出し。畑の手入れ。家具購入して家の整理。遠野のガイドブックの熟読。どこで休日設けるか、その休日はどこ行こう。やっぱ遠野物語じゃん?カッパ淵とか観光するか?いやいや、花巻経由で宮沢賢治ゆかりの地を散策はどうだ?それいいな。記念館?温泉!おいおい、何食べよう!名物なんだ!?いやあああ、楽しい!
と、目的がだんだんおかしくなる頃、非情にも出発の日を迎えたのです。
でも本当は、あまりにも不安すぎたので、なるべく何にも考えないように、やたら忙しく追い込んでいただけだったのかもしれません。そのしわ寄せ的な怒涛の不安が、花巻行きのバスの座席に腰掛けた瞬間、一気に押し寄せたのでした。
本当に乗ってしまった。もう後には引けない。

でも思い起こせば20数年前、私はこんな気持ちで実家長野を飛び出したのです。なけなしの16万円をにぎって、友達の家を転々とし、バイトを2つ3つとかけ持ちして、後ろを向きたい気持ちをこらえていたのです。
しかもよく考えたら、その時の状況と全然違って、今回は帰る家があるのです。別に死にに行く訳でもない。
なのに!なぜか私はその時、死ぬんだ、と、本能で感じていました。もうコロやぐわーに会えないかもしれない。死ぬのか。俺。という、超絶マイナス思考にとらわれて、ふるえていたのです。
なんだすずきよ。すっかりだらしない小娘になり下がっちまったもんだな(一部希望的妄想)。

バスはゆっくりと進んで行きます。東京駅で残りの客をピックアップすると、週末の夜行バスはぎゅうぎゅうの満員となりました。
眠くはありませんが、夜行バス対策はまるっと万全です。そんな訳のわからん取り越し苦労を、疲労と、その心地よい振動が押し流してくれたようで、私は割りとアッサリ眠りについたのでした。
―続く―
(ト)

え?全然ボランティア関係ない?ああそうさ!まだまだ余談部分は続くぜ。

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。