*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠野篇の前に、ちょっとひと息ね。

先に嫁が触れていた通り、先日2年振りに仕事で再びベルリンに行ってきたよ(前回の記事はこちら)。2度目だから全然余裕、最早ベルリンなんざ俺の庭みたいなもんだぜ、などと大見栄切れるかってえとそんなことは全くなくて、宿泊先も訪問先も前回は旧西ベルリン側のクーダムで今回は東ベルリン側のミッテ、同じと言えば旧西側にあるテーゲル空港を利用したってことぐらい。そんなわけで、今回は初・旧東ベルリンって感じで初々しい旅の印象をお届けするゼ♪


公共の交通機関

今回は宿泊先から訪問先まで若干距離があってどうしてもUバーンと呼ばれる地下鉄に乗る必要があったので、彼の地独特の地下鉄の乗り方をすっかりマスター。詳細は他のサイト(例えばこれ)を見てもらうとして、端的に言っちゃうと、
 1.改札がない。切符はプラットフォームで買う。
 2.検札はたまにあるらしいけど、ほとんどない。
 3.料金設定はかなり大雑把。
...といった感じ。んで、それなりに観光地なので一日や五日間のフリー券もあったりするんだけど、夕方くらいになるとどこから手に入れたのかまだ有効なフリー券を持ったホームレスが券売機周辺に居たりして、切符を買おうとすると声掛けてくるんだよね、安くするからこっちを買わないか、って。初めて地下鉄乗る時にそれをやられてビビったけど、勿論健全な旅行者の僕チャンはそんな誘惑には乗りませんでした。

ちなみにベルリンの公共交通機関には他にSバーン(地上の電車)、トラム(路面電車)、路線バスがあり、切符は共通で設定料金の範囲内であれば乗り換えも自由なので、慣れてしまえば結構使い勝手は良いかも。まぁタクシーに乗ってもそんなに高くはつかないんだけどね。


携帯電話

前回訪れた時は、ブラックベリーみたいな画面の下にテンキーじゃなくてアルファベットのキーボードのちっちゃいのが並んでる携帯が主流だった印象があったけど、今回は見た感じ圧倒的にタッチパネル式が優勢だったかな。だからと言ってiPhoneの圧勝というわけでもなく、サムスンやHTCのも多かった。まぁ残念ながら日本のメーカーなんかこれっぽっちも見掛けなかったけどね。

ちなみに今回は俺も日本からau版iPhoneを持参。3G回線の方は海外ダブル定額適用外のキャリアしか見付からなかったにも関わらず、宿泊先、訪問先共に無料のWiFiが完備されていたのと繰越の通話・通信料が適用されたのとで、結局かかったのは3泊5日の旅程でたったの662円。電話だって一回取ったのにこの値段だもん、なんとまあ便利な世の中になったものよ。


ベルリンの壁

2度目の訪問にして、ようやくベルリンの壁とご対面。俺が見に行ったのはイーストサイド・ギャラリーと呼ばれているエリアで、壁の崩壊後に内外の芸術家達がその壁に描いた絵が、実に1キロ強に渡って続いているところ。まぁポップな現代画が延々と続いているだけと言ってしまえば正直それだけなので、端から端まで全て見ると結構間延びするんだけど。もっと冷戦当時の雰囲気を感じさせてくれそうなスポット(例えばチェックポイント・チャーリーとか?)を訪れた方が良かったかもしないなぁ。


中国人観光客

押し寄せてるよ、ベルリンまで。イーストサイド・ギャラリーにも観光バスを連ねて訪れ、ごく一角でバシバシ記念写真を撮った後にザァーッと消えて行った。その後訪れた絶好の記念写真スポット、ネプチューンの泉にも勿論たくさんいらっしゃってて、様々なアングルからの記念写真の撮影に余念がない。ストレートに観光を楽しんでいる彼らの姿からは、ある種の清々しさを感じたりはするんだけどね。


ドイツ人観光客に人気の店

勿論、ベルリンには国内からの観光客も多い(いや、分かんない、ドイツ語圏のスイスやオーストリアからの観光客かもしれないけど)。夕食のために入ったレストラン、たまたま周辺の他の店よりも賑わっているからきっと人気の店なんだろうと選んだんだけど、後から後から客が入って来る。しかもその殆どが、ドイツ語は話すものの何故か皆いかにも旅行中っぽいスポーティな服装のグループばかり。なかなか席に着けなくてあきらめて出て行く一団も。もしかしたらその店、ガイドブックか何かで紹介されてるんじゃないかと思った次第。ちなみにその店、コンツェルトハウスの裏手にあるAugustinerという店で、美味しい自家製ビールが呑めるよ~。


豚の拳

ドイツ料理は肉料理がメイン。そのAugustinerって店の英語メニューにPork Knuckle(豚の拳)の何ちゃらって料理があって興味津々注文してみたところ、出てきたのは例えて言うなら『はじめ人間ギャートルズ』で食べてる骨付き肉みたいなやつ。ガイドブックで調べてみたら、シュバイネハクセ(Schweinshaxe)って料理だということが判明した。なかなか美味しいんだけど、冷めちゃうと脂っこさばかりが気になって結構ツラい一品かも。


カリーヴルスト再考

前回も食べたカリーヴルスト(カレーソーセージ)、カレーと言いながら結局ケチャップの味がメインじゃん、という印象を抱えたまま、街中の安っぽいインビス(スナックスタンド)ではなく地ビールの醸造所が経営するレストランで再トライ。訪れたのはシュプレー川沿いのBerliner Republikという店。値段もインビスで食べる場合の概ね3倍強。にも関わらず、やっぱり、ケチャップの味がメインじゃん。

その後Sバーンの高架下にあるBrauhaus Lemkeで懲りずに再々トライしたところ、今度はカレーの味もしっかり効いててなかなかの美味。でもね、それって単にカレー粉がいっぱいかかってるか否かの問題なんじゃないの、って思うわけよ。誰か美味しいカリーヴルストのお店教えてちょうだい。

ちなみに両店とも、美味しい自家製ビールが呑めるよ~(しつこい?)。


飲食店の喫煙事情

パッと見た感じ、飲食店内での喫煙は基本的にNGみたい。それじゃあ愛煙家はどうするかって言うと、たいていのレストランやカフェでしつらえてる店の外の席で呑み喰いしながら吸ってるみたい。俺が訪れたのはまだコートが必要なくらい寒い時期だったけど、それでもがんばって屋外の席でビール呑みながらタバコ吸ってるおっちゃんとか普通にいたなあ。

元ヘビースモーカーのくせに今や立派な嫌煙家の俺としては、飲食の場が完全禁煙になってるのは非常にありがたいんだけど、一方で街中を歩いてると結構至る所から副流煙の臭いが漂ってきて、それはそれでどうなのかな、という気もする。歩きタバコの奴も思いのほか多かったし、一長一短のような気もするね。


新博物館

たまたま行きの飛行機が一緒だった仕事関係の知り合いに勧められて、今回は新博物館Neues Museum)に行ってみた。ここの目玉はかつてベルリンにあったエジプト博物館から移された所蔵品で、中でもネフェルティティの胸像は圧巻。古代エジプト文明に関する知識のある人なら物凄く楽しめるスポットかも(俺にはそんな知識ないけど結構楽しめた)。尚この博物館、ネフェルティティの胸像以外の所蔵品は全て写真撮影OKみたい。老いも若きもみんなバシバシ撮ってたよ。


夏フェス

ベルリンでも夏フェスはあるみたいで、Sバーンの高架下でイギー・ポップやザ・ルーツをあしらったポスターが貼ってあるのを見付けた。Greenville Music Festivalというタイトルで、会場はベルリン郊外のMAFZという大きな公園、会期は7月の27日から29日まで。勿論キャンプ・インも可。お近くにお立ち寄りの際は是非。


スラム?

泊まってたホテルの裏手の一角に、スラムみたいな謎のエリアを発見。雑然とした空き地に数台のトレーラーハウスが並んでて、数人が居住。空き地の片隅にはゴミの山。物凄い臭いがする。何なんだろうと思いながら帰国したけど、その後ネットで見付けた記事で、もしかしたら彼らもそうなのかも、と思った次第。

ドイツ:ロマの移住が急増…仏の追放政策影響か

あとはイーストサイド・ギャラリーに行く時にSバーンを降りたワルシャワシュトラーセ駅の周辺も、何だか雑然としてるエリアが多かったな。まぁ全部が全部ロマの人達の居住区ってわけじゃあないんだろうけど。


エコノミークラス

前回は仕事上の予算が潤沢だったのでルフトハンザ機のビジネスクラスで快適な空の旅だったんだけど、今回は諸事情につきJALのエコノミークラスを利用。経由地のフランクフルトまで12時間の空の旅、エコノミーなんざ快適なわけがない。おかげで行きは全然眠れず、時差ボケの解消もままならなかった。でも映画はオンデマンドで好きなのを好きな時に観られたので、行きは『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を、帰りは『ボーン・アイデンティティ』を、小さくて画像も不鮮明な画面でしっかり観たぞ。

ちなみに、乗り降りの際にビジネスやファーストクラスの席も見たけど、JALのは今いち快適そうじゃなかったなぁ。


ベルリン再訪の報告は以上。新たにブランデンブルグ空港ってのが開港されたせいでちっちゃなテーゲル空港が閉鎖されちゃって寂しいけど、市内の移動とかにも結構慣れたし、是非また行きたいね。仕事で行くとしても次はちゃんと私服も持参してクラブ活動にも励みたいと思う今日この頃の俺であった。

(青)



この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。