*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目が覚めたのは5時過ぎ。まあ、昨夜早く床についたせいもありますが、実際は目覚ましをかけて起きました。
その日は日曜日。日曜日には我らが気仙沼、朝市が立つのです。
前夜のアルコール抜けない青空くんはお留守番するというので、ひとりいそいそ出かける準備をしていましたが、もたもたやってるうちに青空くんも結局起き出し、2人で早朝散歩と相成りました。
たっぷり迷子を喰らわされながら、圧倒的な景色に、言葉がだんだん少なくなりました。

電気店
住んでいる気配は今はない。

酒屋
ここは元は3階だった。

50年前
1960年のチリ地震の時の津波の高さ。

311.jpg
今回の津波の高さ。

桟橋
半分沈んでいる桟橋。

更地
こんな景色が延々と続く。

あるく
歩く青空くん。

みはらし
高台にあがると、空いたところがよく見える。

手つかず
手つかずのまま放置されている。

手つかず2
少し揺れたら、上からガラスの破片が落ちてきそうだ。

陸の船
主を失った船は、陸に上がったきりただそこに居続けるだけだ。

元メルシ
看板が落ちて、かろうじて『ル』の痕跡が見て取れる。

現メルシ
しかしこの店は、無事仮設商店街に仮店舗を出す事ができたようだ。

グランド・ゼロ
グラウンド・ゼロと名付けられたこの屋外オブジェは、地震の日のその瞬間で時間が止まっている。





1時間余り歩いたでしょうか。ようやく市場に到着しました。ここは本当に地元の人の為の市場のようで、生鮮食品がたくさん売られていました。
市場
こんな横断幕も。
地元のお漬物、「あざら」も試食。歩き疲れた旅人にやさしい味♪大変美味でした。しかし、足が早そうな食べモノでもあり、購入は泣く泣くあきらめました。
代わりに、美味しそうなイチゴを買って帰りました。

宿で朝食をいただいて、チェックアウト。
奇跡の宿
痛いような青空の下、奇跡の宿は静かにたたずんでいました。

旅の終わりはお土産です。再び紫町仮設商店街へ行き、ホヤぼーやサブレやら、ふかひれスープやら、ジャムやらTシャツやら絵葉書やら干物やら、まあ~、散財しました。ま、支援という名の浪費ですな。
帰りの電車の中で、市場で買ったイチゴを食べました。甘くて本当に美味しかった!気仙沼のイチゴは世界一です。

今日はあまり多くは語れません。写真付きの備忘録でした。どうかご容赦ください。



さて、最後にお茶汚し。
私たちが何故、気仙沼を選んだのかを、少しだけ。
ひとつは、某公共放送で、気仙沼信用金庫をフィーチャーした番組を見たから。もう、気仙沼信金えらすぎて、つらい立場もひしひし伝わって、もどかしく、気仙沼信金にいくらか預けよう!という、8割本気の意見まで飛び出し、いきおい気仙沼行きを計画したものの、結局行けるのは週末だったため、金融機関はお休みで、新しい口座など全然開設できない事に、あとあと気付いたと言う、気仙沼信金の一席。ばかか。
もうひとつは、やはり某公共放送で、気仙沼の仮設商店街をフィーチャーした番組を見たから。もう、ここまで来るとただのミーハーですね。でも、元気な商店街を見て、こちらも元気をたくさんもらいました。
そして最後のひとつ。これは、私の個人的な思いです。

私は以前、短い間でしたが、もうひとつブログを開設していました。
それはゆえあってもう閉鎖してしまったのですが、ある日そこに、私の知らない気仙沼在住の女の子から、コメントが寄せられたのでした。その人は「元気が出ました。ありがとうございます」そう書いてくれました。
その時の私は、気の利いた言葉の一つも、かえす事ができませんでした。町が火の海に包まれた地獄を目の当たりにしたであろう、その気仙沼の人に、一体何を言ってあげればよかったのでしょう。私には、かけるべき言葉も、励ます勇気も、助けとなる力も、何もなかったのです。
私はちっぽけで、無力な主婦でした。

その彼女が、今どうしているのか、知り得ようもありません。
そしてきっと、このブログにまでは、その人は辿りついていない事でしょう。
だから私が何を言おうと、どこに行こうと、もう彼女には届かない。
それでも、私が今できる事、唯一の事。

気仙沼に、寄り添いたかった。
果たしてそれができたかどうか、それはまた、別の話。



明日、私は岩手に向かいます。被災地に従事する機会に、ようやく恵まれたのです。マイダーリンこと青空くんから、今年の長期有休は、ハウスハズバンドをしてあげるから、すずき、ボランティア、行ってきな。という、寛大な提案が出されたので、この機会逃すまじ!と、思い切って岩手に行く事にしたのです。さっすがマイダーリン!できたダンナさんじゃないか!
私もかつて神戸の震災の時に経験済みですから、知らない訳ではありませんが、状況は大きく異なります。被災から1年以上経ったかの地で、たった5日間のボランティアで何ができるのかは、正直全くの未知数です。
でも、せっかく与えてもらった貴重な時間ですから、おばちゃんパワーさく裂させてきます。
一方、青空くんに、主婦の苦労をちょっとでも分かってもらえたら、という下心がある事も事実です( ̄▽ ̄)が、案外、『おいおい、主婦ってこんなに気楽な稼業なのかよ(=_=)すずきはもうちょっとどげんかせんといかん!』とならないとも限らない…。やばい…。
そして子供たちとも、こんなに長い間(正味6日間)離れるのも初めてです。試練だな。
様々な思いを抱えて、母さん、再び北へ向かいます。

若干とっちらかりましたが、話はこれで終わりです。
それでは次回、遠野篇でお会いいたしましょう。

-終わり-
(ト)

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。