*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去る3/31、4/1と、青空トランプ、気仙沼に行ってまいりました。
ホントはボランティアしたかったのですが、さすがに1泊2日程度のぬるいボランティアは見つけることができなかったため、今回は『現地で景気よくお金を落としてこう!』を合言葉に、浪費目的の観光を決行いたしました。
ん?副構成員・コロとぐわーはどうしたか?
これは、私、すずきの母K子(仮名)が、こころよく面倒を引き受けてくれたので、実家・長野に残留です。
コロが生まれてから8年ぶりの、青空トランプ二人だけの旅です。

前日、30(金)の夜。
子供達とお風呂に入り、たらこスパゲティを振る舞い、21:06発の電車で長野へ、そこから新幹線で東京へ。そこで青空君と合流。そして、何十年ぶりの深夜バスです。
深夜バス…。
ミスターと大泉君見てると、相当キツイ感じですが、何を隠そうこのすずきも、深夜バスとは過去何回か対決しています。やさぐれ旅行者でしたからね。
ちなみに過去の私の対戦成績。

 第1回戦:友人と東京←→京都
人生初の深夜バスです。3列シート・イヤホン・トイレつきでした。しかしほとんど眠れず、首も痛くて、朝から喫茶店でまったり過ごしてひと言も会話なかった、という記憶があります。
しかも往復しました。
結果・二敗

 第2回戦・彼氏(当時の)とシンガポール→マレーシア・クアラルンプール
そう、ここでは国境を超えました。
夜中にたたき起こされ、シンガポールのイミグレーションオフィスまで、バスおろされて走りました。貴重品こそ持っていたものの、荷物も置きっぱなし、そのバスに戻れるのか、何の説明もなし。でも、もっと不安になってもよさそうなものですが、眠気が勝って、意外とすんなり手続き終了、再びバスへと乗り込みました。
安心したのもつかの間、5分くらいたって再び、今度はマレー側のイミグレでたたき起こされることになるとは、その時は知る由もありませんでした。
結果・引き分け
 第3回戦:単身、中国、昆明から大理
ここからしばらくは、シングルスでの対戦結果となります。
これ、寝台バスという、中国が編み出した、素晴らしい車両でした。しかし、ベッドひとつに2人が乗るという、大博打なバス。この日は、中国人の若い女の子3人組につかまって、めっちゃ夜中まで話に付き合わされました。でもおっさんよりは100倍まし。
結果・引き分け
 第4回戦:単身、中国、中旬(現・シャングリラ)から昆明
これは何と、2泊3日の旅でした。2泊3日バス乗りっぱなしです。そんな経験ありますか?
私はこの3日間、水ペットボトル半分とクラッカーのみで過ごしました。動かないし、何よりトイレに立つのが嫌でした。そしてそのほとんどを眠ってやり過ごしました。つまり、アウェーで引きこもり!すごくね?俺!よわい27歳。若かったな…。
結果・完全勝利
ちなみに、この時の記憶としては、隣がおっさんで、窓開けてタバコ吸ってましたが、でも意外と大丈夫だな、私…と思ったこと。今では考えられん!断固拒否。
 第5回戦:単身、ベトナム・ホーチミン→同・ダナン
ローカルバス、つまり、めっさ安いけど、旅行者ゼロのすごいバスでした。ベトナムはどこに行ってもよく地元の人に話しかけられましたが、ここでもすごかった…。折り紙折ったらものすごい拍手喝采浴びました。椅子は変に柔らかいし、つらかったけど、ベトナミーズにいろいろよくしてもらえました。それに、過酷な感じにだんだん慣れつつあった頃です。
結果・勝利
 第6回戦:単身、ベトナム・ダナン→ラオス・サバナケット
全くリクライニングしない座席で、一晩走りっぱなしでした。地元の人も乗らないらしく、ガラガラだったのがついていました。後ろの席をぶんどって、かなり自由に寝てました。
サバナについたとき、自分のバックパックがどれだかわからないほど、砂まみれだったのが衝撃でした。
結果・勝利
 第7回戦:単身、インド・マイソール→同・マドラス(現・チェナイ)
これまたローカルバス。めちゃめちゃ混んでるし、深夜にもかかわらず、どんどん人は降りるし、乗るし。一回、生きたニワトリかごに入れて乗ってきたおばあちゃんがいて、こけこけいう鳴き声で目を覚まし、時計見たら2時半でした。インド人すごい。
結果・引き分け
 第8回戦:単身、ネパール・ポカラ→インド・バラナシ
半年ぶりの過酷旅の初期。バスの乗り心地は相変わらず最悪で、でも平気だったのですが、イミグレでもめて、なんかエクストラちょこちょこ取られました。ハラ立ってつたない英語で言い返しましたがなすすべなし。
後で、同じバスに乗ってた日本人旅行者に、「すずきさんと言えば、あのインドのイミグレでかましてた『ホワイ?ホワイ!?』が印象的だったんだよね(笑)」と言われました。不本意だ…。
結果・敗退
 第9回戦:青空くんと、インド・ニューデリー→同・ダラムサラ
ここからダブルスです。気持ちの面では楽なはずでしたが、ものすごい山道で、めちゃめちゃ酔いました。酔った私を、介抱するどころか、腹を立て、けなし、ダラムサラの町でほおり出して、勝手にトイレを探せ、と、鬼教官のように言い放った、若かりし頃の青空くんの仕打ちを、私は今でも執念深く覚えていて、何かにつけてはちくちく小姑のように責め立てます。(もちろん今は青空くんも、そんな恐ろしい事はしませんよ、フフフ…)
結果・大敗
 第10回戦:青空くんと、パキスタン・ラワールピンディ→スカルドゥ
休憩はちょいちょい取りますが、そのほとんどはトイレ休憩と言うより、お祈りの時間だから。アッラー・アクバル!
おじいさんにスイカ分けてもらったり、アンズ分けてもらったり、割と悪くなかったけど、女性は一人もいませんでした。
結果・引き分け 
 第11回戦:青空くんと、中国・カシュガル→トルファン
中国再び。寝台バスも地域性があるらしく、西のバスはなんと3列独立シート!そして1年前と違い、みなさん大変マナーが向上し、たばこを吸う人もほとんどいませんでした。
トイレ休憩は砂漠のど真ん中。もちろん、走って行って、すごく遠くでします。丸々見えてるけど、豆粒くらいにしか見えないから平気、というシステムです。これはあり。
結果・勝利
 第12回戦:青空くんと、中国・昆明→同・麗江
知らなかった…1年の間に、ここ、高速道路が完成していました。時間の読みを間違えて、早朝4時半頃に到着。しかも市街地からどえらい遠いバスターミナルで、眠い目こすって移動していたら、稀飯(おかゆ)と油条(なんかお菓子みたいの)の匂いがする、まだやってないご飯屋さんとかあって、すごくへこんだ記憶があります。寒いし、お腹すいた…。
結果・惜敗
 第13回戦:青空くんと、中国・昆明→同・瑞麗
夜中にドライバーと客の大喧嘩が始まりました。ドライバーはレンチみたいの取り出して、殴りかかろうとしてて、奥さんか誰か、女の人に止められてました。すっごい緊迫してて怖かったのですが、青空くんが「あれは眠気覚ましのアトラクションだから」などとのたまってくれたので、私も少し冷静になれました。最終的にはとてもいいドライバーさんでした。
着いたのが丸一日後の夜中で、あわててホテルチェックインした直後にフロントがしまった、という、ものすごいラッキーな移動でした。
結果・勝利
 第14回戦:青空くんと、タイ・バンコク→同・チェンマイ
久々の普通に座っての深夜バス。でもこれはツーリスト向けのバスだったので(上記はそのほとんどがローカルバスです)記憶にないほどラクでした。
結果・楽勝
 第15回戦:青空くんと、インドネシア・ジャワ島内
嗚呼…もうどこからどこまでか、記憶がたどれません。ジョグジャカルタからスラバヤ?ソロからバリ島?全然覚えてません。この頃には深夜バスなんて、ただのバスです。
結果・普通に勝利

※1 10数年前の記憶ですから…多分網羅しきれてません。悪しからずご了承ください。
※2 寝台列車というのもあります。鬼のように乗りました。今回は割愛いたします。

対戦成績…7勝5敗4引き分け

と、このように、輝かしい対戦成績でしたが、どれもこれもみな昔の話。それから、10年以上のブランクが開いているのです。
しかしながら、その頃にはなかった、強い武器が私にはあります。それはインターネット。いやもちろん、その頃にもありましたし使ってはいましたがそれは、たまにインターネットカフェに入って、メールをチェックし、送るためのものであり、情報収集をじっくりやるためのツールではありませんでした。
今回、久々の深夜バス対戦にあたり、私が調べ上げた、最強の深夜バス対策を披露いたします。

持ち物
1、耳栓(左右紐でつながっているものはなくしにくい)
2、マスク(乾燥やにおい対策に加え、アホ面隠しにも有効)
3、U字型マクラ(頭ずれなくてホントに便利♪)
4、のど飴・ガム(乾燥対策、気分転換)
5、酔い止め(睡眠薬代わり)
6、水、お茶など(気分転換)
7、サロンパス無臭(ふくらはぎなどに貼って気分爽快♪よく眠れます)
8、アイマスク(またはタオル)
9、ブランケット(寒さ対策)
10、少しの食糧(バスが定刻通り着くとは限らない)

対策
1、睡眠不足(よく寝るため)
2、アルコールは飲まない(寝つきはいいものの、睡眠が浅くなります)
3、酔い止めを飲む
4、コンタクトはしない
5、かばんは汚れてもいいものを足元に置く(足を乗せて、少しでもエコノミークラス症候群防止に)
6、ブランケットは尻の下か腰、自分のよい方に敷く(尻の下→尾てい骨痛防止/腰→リクライニング)
7、靴は早めに脱ぐ(楽だし、においがこもるから)
8、リクライニングはすぐする(夜中に倒したらみんなに迷惑)
9、クーラーの向きをすぐ確認(直風は身体に負担)
10、トイレはこまめに


3月31日、新宿発・23:30発、平泉行き深夜バス・OR2121。
このバスすごくて、最初から全席を全開リクライニングしてあるのです!ナイスアイディア!
ブランケットは持参してはいましたが、バスにもありましたし、使い捨てのスリッパまで用意されていました。残念ながらバスにトイレがついていないタイプでしたが、私は休憩のトイレで充分でした。休憩中はバスの一番前にちゃんとでかく表示がされてるの!『出発は4:30の予定です』これ完璧でしょ?気持にも余裕を持って用を済ませる事が出来ました。

今回は、私、上記全て実践いたしましたが、率直な感想としては、酔い止めとU字型マクラがかなりいい仕事したかなーという感じです。休憩に起きても、またすぐ眠りにつけたし。
残念ながら青空くんは私の助言を聞き入れず、酔い止めも飲まず、U字型マクラはサイズが合わなかったようで、あまりよく眠れなかったようです。

あえて11番目の助言をするなら、

11、降りてから、リポビ○ンD的なものを服用する。

普段飲まない人なら特に、よく効きますよ~。
私たちは疲れの出やすいランチの後、QPコーワゴー○ドを服用し、午後の観光も楽しくこなす事が出来ました。あれ、ネズミーランドとかにもあればいいのに!と、私は常々感じています。
仕事では飲まないけど、遊びは目いっぱいしたい!という方に、本当にお勧めです。

さて、何か気になりませんか?
気仙沼、と言ってるのに、私、「平泉行きのバス」って、書いてませんでしたっけ。
これは間違いではありませんよ。フフフフ…
では次回、「世界遺産編」でまた、お会いしましょう。
(つづく)
(ト)

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。