*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(ネタバレ多数です。小心!!)

先日、東京公演千秋楽を観せていただきました。
チケット入手、苦労しましたよ。
なにせあなたの舞台は、プラチナチケットですからね。
今回、大変期待していましたが、
期待に足り得る舞台でした。
あの時、紙も時間も足りなくて、
劇後の感想がずいぶん荒くなってしまったので、
改めて、あなたが見るかもわからない、
こんなブログの片隅で、感想を陳べさせていただきます。
しかしながら、
あまりにも恐ろしいタイミングで、
なかなか筆を取る気になれず、
このように時間が経ってしまってからのお便りになってしまった事、
大変申し訳なく存じております。

まずは感動から先に伝えさせていただきます。
私は、小林賢太郎という人は常々、
生きてる人じゃないと思っていたので、
動くあなたが普通に舞台にいる事に大変衝撃を覚えました。
でもまあ、あの姿を見ても、
いやいや、ああ見えて、案外…、と、
まだちょっと怪しんではいます。
私の中では、それはもうスゴすぎて、架空の人なのです。
まあ直接知り合いでない以上どっちでもいいことなので、
ここはグズグズ引っ張らず、先に進みましょう。

ロールシャッハ。
テストに応用されるように、
インクのシミを対面に移し、広げた絵を見て何をイメージするかで、
その人の心理を読み解く、有名なテスト方法です。
ただその解釈は大変繊細で難しいと言うことは私も何かで読んだ事があります。
しかしこのお芝居、ロールシャッハテストではなく、
そのシンメトリーな図案そのものがテーマとなっていました。
私は『同じ現象を見ているのに、人によって印象が異なる』
という話になるのかと思っていましたので。
そのせいで、舞台後の感想が言葉足りないものになってしまいました。
それに気付いたのは、帰宅した後でした。
でも、
先入観を裏切られるのもまた芝居のいいところです。
ですから無駄と分かっていて、
こうして改めて感想を吐露しているところです。

この芝居は、全編通じてシンメトリーでしたね。
壁を挟んでシンメトリーの国同士の、
その国境たる壁の前で、
大砲をうちこむかどうかの葛藤の話ですが、
いやいや、完全に一杯喰わされました。
思えば最初の、久ヶ沢さんの、鉄を打つシーンも。
竹井さんの、記念写真のシーンも。
ラケットを打つ手も!
そして何より、あの名前…。
ゼッタイなんかあると思ってましたが、
右、という字を見た時、
全身鳥肌立ちました。
全っっっっっ然気付きませんでしたよ。
あの瞬間が観たいから、
やっぱり小林賢太郎はやめられないのです。
そしてなにより、みんな、うまい!

音楽もとてもよかったです。
暗転時の挿入曲、
本当に戦時下みたいで怖かったです。
あのギャップで、
4人の芝居がやたらと笑えるんでしょうか。
あれは虚構。
今となっては、なんだか、
おとぎ話のように
美しい舞台に思えるのです。

なぜなら。






ちょうどこれを観ていた、
午後2時30分頃。

日本のお隣にある、その半島は
同じ民族が
同じ言葉を話しているのに
昔戦争をして、
二つに分かれ、
ひとつは民主主義国家
ひとつは共産主義国家になりました。

シンメトリーのように。

その半島の片方の国の、
その国を守る兵士が、
『ロールシャッハ』の男たちのような
葛藤の余裕もなく、
思考の自由もなく、
選択の余地すらなく、

その砲撃によって、
2人の軍人と、
2人の民間人を
撃ち殺していました。



私は芝居が終わって、幸せ気分で
相方・青空君にメールをしたところ、
その事実を知り、愕然としました。

連日TVも新聞もこのニューズで持ちきりになりました。
もうじき戦争が始まるかもしれないと
あおるようにがなりたてます。

私はとても怖いのです。
頭の中で、
ロールシャッハのあの音楽が流れては、
カットアウトをする。
笑って泣いたあの舞台の記憶が
どんどん現実に飲み込まれていくのです。

やっぱり、あなたが必要なのです。
賢太郎さん。
あなた自身も言っていましたね。
「泣いている人を笑わせるのが僕の仕事」だと。
私はきっともう『ロールシャッハ』を見られない。
けれどあなたの脳味噌は無限です。
これで終わりではない。

あなたの頭脳と気力と体力を
24時間『ロールシャッハ』に注ぎ込む日々が終わったら、
また弛緩して、
それから、

新しいあなたを見せてください。
私は無責任に「もっと」を要求します。
オーディエンスとはそういうものです。
あなたはきっと、
それを喰って生きる生き物なのでしょう?

不安も
絶望も
悲観も
全て飲み込んで
笑いに変える生き物。

あなたの未来に、激しく期待しています。
(ト)

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。