*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、出張でベルリンに行って来ました。

二泊四日という強行軍でかなりハードではあったけど、何しろオイラにとっちゃ初のユーロ圏。眼に入るもののいちいちが新鮮だったりするわけさ。なのでここでは、ベルリン及びその道中で印象に残った物事をザザザッと列挙してみるわな。


フランクフルト空港

ベルリンのテーゲル空港ってのは結構小さいもんだから、日本からベルリンにアクセスするためにはどうしてもどこか別の空港での乗り換えが発生する。んで、ドイツで一番のハブ空港がフランクフルトで、俺もそこで乗り換えたってわけさ。

このフランクフルト空港ってのがとにかくスゴイ。ハブ空港って言ってるだけあって以上にデカくて、ターミナルも成田みたいに2つに分かれてるんだけど、それぞれのターミナルが更に2?3のグループに分けられてて、その間の移動が、極端に長くて延々と動く歩道だけが続く殺風景な地下トンネルだったりする。また、トンネルから上がってゲートの方に来てみると、空港関係者が折り畳みチャリとかゴルフカートみたいな乗り物でゲート間を移動してたりする。

あと驚いたのが、ゲート近くのトイレに入ったらコンドームの自販機が置いてあったこと。どういう需要があるのかが、さっぱり分からない。


携帯電話

フランクフルトの空港やベルリンの街中で地元の人達が使ってる携帯電話を見ると、圧倒的に多いのがブラックベリーノキアみたいな、画面の下にテンキーじゃなくてアルファベットのキーボードのちっちゃいのが並んでるやつ。iPhone使ってる人はそんなに多くないし、昔ながらの折り畳み式の、スマートフォンじゃない携帯電話なんか殆ど見ない。所変われば品変わる、ですな。


カリーヴルスト

ベルリン名物のスナックにカリーヴルストってのがあって、街中にはそこら中に、日本で言えば立ち喰いソバ屋くらいの頻度でこのカリーヴルストのスタンドがある。直訳するとカレーソーセージで、それだけ聞くと何だか旨そうなんだけど、そこには実は落とし穴が。まずは以下の写真をご覧あれ(クリックすると拡大表示します)。

Currywurst

見ての通り、カレーとか言いながら味付けのメインは圧倒的にケチャップで、カレー粉はその上に申し訳程度に振りかけてあるだけ。味の侘び寂びなんざあったもんじゃない。ソーセージなんつったら、ホテルの朝食バイキングで普通に並んでるやつに程良くマスタードを付けて喰ったのの方がよっぽど旨かったわさ。

ちなみに、ホテルの近所のスーパーのソーセージ売り場ったら、半端ない規模だった。さすがは国民食。


エロチック博物館

そんなね、熱海の秘宝館みたいなやつがベルリンにもあるのよ。まあ本編の展示物の方は有料だし俺も結構臆病なんで行かなかったんだけど、1階に売店があって外からでも入れるんで入ってみたわけさ。

そしたらもう、あるわあるわ、エロ本にエロDVDに下着類に大人のおもちゃ。本とDVDは勿論丸出し無修正。試しにワゴンセールで10ユーロで売ってたDVD買ってみたけど、腕みたいにぶっとい△△△が○○○にズコンズコンと...(以下自粛)。


パンクス、ムスリム、アフリカ系

ドイツったらついネオナチのスキンヘッズって先入観があるんだけど、さすがにそんなのは見かけなかったね。でも、すっげーモヒカンのパンクスは3人くらい見かけた。しかも、うち2人は何故か大型犬と一緒。なんだろうね、あれ。流行ってんのかな?

あと、案の定トルコ系と思しきムスリムの人達は多かったね。流石にブルカとまでは行かないにしても、顔出しのヒジャブを被ってる女の人も普通に街中を歩いてたよ。

あと、意外に多いと感じたのがアフリカ系。実際、仕事で会った人のひとりも、ドイツの某工業会の職員だけどアフリカ系だった。決して地位は低く扱われているばかりではなさそう。

ま、極東からはるばるやってきた黄色い猿にしてみれば、オリバー・カーンみたいなコテコテのゲルマン系ばかりに囲まれるよりかはホッとしますわな。


ベルリンの歴史を体感

ストーリー・オブ・ベルリンという博物館があって、ベルリンの歴史を体感できるってんで行ってみたんだけど、これが結構面白かった。ほんとに五感に訴えるような展示手法で、ドイツ帝国の首都時代から、ナチス・ドイツの治世、第二次大戦後の冷戦構造の最前線、そしてベルリンの壁崩壊に至るまでの様々なエピソードが展示・再現されてる。俺はタイミングが合わなくて参加できなかったけど、冷戦期の核シェルター(本物)を見学できるツアーも開催されている。

展示物のキャプションがドイツ語と英語しかなくて苦労したけど、訪れる価値ありです。


AC/DC

何故でしょう、オーストラリアの大御所ハードロックバンド、AC/DCが、ベルリンで大流行りのようなのです。

街中や空港でやたらとこのバンドのTシャツ着てる人を見かけたし、CDショップではCDもTシャツもかなりの数の在庫を用意している。いったい何故?


ワールドカップ

二晩目がちょうど予選のガーナとの試合の日で、南アフリカとドイツの間に時差は無し。夏至に近かったせいか試合の始まる夜8時過ぎったらまだ明るくて、そんな街中をドイツの国旗を身につけたり顔にペインティングしたりしてる若者がビール瓶片手に闊歩。否が応でも盛り上がる街の雰囲気。

まあね、俺はひと仕事終えた後で疲れてたから、ホテルの部屋に戻って見るつもりでTV点けてそのままうたた寝しちゃって、目覚めた時には試合はもう終わってたんだけど、ゲームの勝利と決勝への進出に対する喜びの表現なのか、街から車のクラクションやら爆竹やらの音がずーっと続いて、まるで戦争でも始まったかのよう。

ま、そりゃあ盛り上がるのも当たり前っすわな。


ルフトハンザ航空

今回の出張で利用したのはルフトハンザ航空のビジネスクラス。機内のエンタメたるやオンデマンドのコンテンツが満載で、しかも何故かインドの映画やポップミュージックを扱ったものが多い。往路はヒンドゥスタン系とタミル系のプロモビデオ集を楽しみ、復路では映画『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』(なかなかイイ映画だったよ)をしっかり堪能してきた。全く何しに行ってんだか分かりませんが。

ちなみに他には、マッシヴ・アタックの新譜『ヘリゴランド』をほぼフルで聞きました。生楽器と打ち込みとのバランスがかなり俺好み。


アラフォーのおっさんのベルリン道中記は以上でござんす。ベルリンなんてあまり興味も持てないまま行ってはみたけど、やっぱり実際に足を運ぶともっと色々見てみたいと思うようになるね。ラブパレードが再開されるなら、是非今度はプライベートでまた行きたいな。母さん、どうよ?

(青)

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。