*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここんとこ、60年代後半から80年代中頃にかけてのブラック・ミュージックを集中的に聴いている。携帯電話に放り込んであるかなりベタな音源の数々を列挙してみると...、

ファンク直系のJBスライP-ファンク
モータウンからはスティーヴィーマーヴィン・ゲイ
ファルセット・ボイスが美しいカーティス・メイフィールド
御大マイルス・デイビス
レア・グルーヴ系のロニー・リストン・スミスロイ・エアーズ
レゲエ組はウェイラーズ初期アスワド
そして、ギル・スコット・ヘロンと並んでラップ・ミュージックの源流のひとつを担った路上詩人集団、ザ・ラスト・ポエッツ

彼らのアルバム「Delights of the Garden」の1曲目、“It's a Trip”を聴くと、人種差別や貧困と並んで近代産業による環境影響に関するリリックがあったり、また2曲目なんかその名もズバリ、“Ho Chi Minh”ってタイトルだったり。ブラック・ムスリムに立脚したブラック・ナショナリズムに、左派系の革命思想がブレンドされているってとこなのか。

ふと思い立って、『STUDIO VOICE』誌のバックナンバー、「ラディカルX―マルコムXと過激思想家」(Vol.207, '93年3月号)を紐解いてみる。同書での紹介文によれば、

 ラスト・ポエッツの歌詞は、アフリカン・アメリカンの不安感やだらしなさを直截に描いていたため、本人たちの姿勢とは関係なく白人にウケてしまった。

...のだそうな。ふーん、意外だったなぁ。ハードコアなヒップホップが白人の若い連中に支持されてるのと似たようなもん、といってしまえばそれまでか。にしても、そんなこと書かれてたの、すっかり忘れてたよ。

で、この特集号では、「暴力革命の論理」と銘打って、アフロ・アメリカンを離れて歴史上のテロリズムの思想と実践に関する論考にわずかながらページを割いている。ここで紹介されてるエピソードってのがまたスゴい。

 【?70s:支配する側のテロ】
  ●ナチス・ドイツ
  ●スターリン(ソ連)
  ●チリの軍事政権
  ●ポルポト(カンボジア)

 【70s:極左過激派】
  ●赤い旅団(イタリア)
  ●日本赤軍

 【70s:民族主義】
  ●I.R.A.(アイルランド)
  ●P.L.O.(パレスチナ)

 【80s:聖戦】
  ●ホメイニ(イラン革命)
  ●カダフィ(リビア)
  ●フセイン(イラク)
  ●イスラム原理主義(ベイルート・ヘズボラ他)

 【90s:現在の火種】
  ●ネオ・ナチ(ドイツ)
  ●セルビア民族浄化(旧ユーゴスラビア)

その後十数年の世界情勢の展開を踏まえても、非常に充実した内容。今更ながら読み返してみて勉強になった箇所も多かった。

で、巡り巡って俺が何を言いたいのかって?
この『STUDIO VOICE』誌、休刊になっちゃうらしいんだよ(関連記事)。

まだ若かりし20代前半、ブラック・パワーのみならずビート・ジェネレーションヌーヴェルヴァーグニュー・エイジカルチュラル・スタディーズも、みんなこの雑誌の特集を取っ掛かりに好奇心の食指を伸ばしてった俺としては、実は清志郎MJの死に匹敵するくらい悲しいことだったりするのだよ。

あんな面白かった雑誌でも、時代は許容してくれないもんなんだね...。
合掌。

(青)

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。