*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月28日(金)

今日は久々に、プチ幸話をおやすみして、
やっちまった話です。
あ、今までも結構プチ幸じゃなかったね?
なんだろうね?ま、なんでもいいやね?

夜中にお散歩に行きたくなったので、行くことにしました。
青空くん寝ちゃったので、誰にも何にも言わないで、玄関を出ました。
12時回ってましたかね。酔っぱらってたんで、よく覚えてないんですけど。

なんか、子どものようにドキドキしました。
雨だったんで傘さして、歩く人を観察しながら歩きました。
昔だったら別に普通なんですけど、
大人になって、家庭なんか持つと、意味もなくお散歩とか、めんどくさくてしなくなっちゃったなあと、しみじみ思っちゃう時点でもう、それはもう、おばちゃんの域なのですが、まあ、仕方ない、おばちゃんなんで、特に取り立てて説明することもありませんでしたねすみません。

私が向かったのはラーメン屋さんでした。
環七に、ひっそりとたたずむ、Sというラーメン屋さん。
私が20代の頃、よく来ていた、夜中しか開かない、ラーメン屋さんです。
それがまだあることは知っていましたが、
お店を開けているかどうかは、わかりませんでした。

環七は、言わずと知れたラーメン激戦区です。
実際、私も、ここに来るまでに何軒もラーメン屋の誘惑にかられそうになりました。
でも、今日の目的はラーメンを食べることではありません。
ラーメン屋に行くこと、そのものなのです。
夜中12時、終電前。
明りのついているラーメン屋さんは、人の出入りがまた始まる頃です。

果たして、そのラーメン屋は開いていました。
ガラッとあけた印象は、

――せまっ!

こんなに狭かったっけ…
店内にはお客が一人。
そして、奥から腰のまがったおばあちゃんが出てきました。

――まんが日本むかしばなしか!

私が来ていた頃は、50代くらいのおばさんが一人で切り盛りしていました。
ん?このおばあちゃんが、そのおばさんなのかな?
すっかり記憶をなくして、キツネにつままれたような気持ちで、味噌ラーメンを頼みました。
夜中12時過ぎにラーメン頼んじゃった。
ちょっとした、家出娘の気分です。
あ、ムスメとか言いすぎましたごめんなさい。

水を一口飲んで、お店を見まわします。
覚えているものといえば、マンガ本がたくさんあったことと、
猫です。
猫。

私がよく来ていた頃は、猫がやたらとたくさんいて、ひざとかに乗っかってきていました。
子猫が生まれたばかりで3匹くらいいたときは、
おばさんに、どうしても一匹くれと頼んで、断られましたね。なんでだかわからないけど。
まあ、酔っぱらったクソガキなんかに、うちの子どもはやれない、といったところでしょうか。
でも、よくよく考えれば、環七、ただでさえ空気最悪なのに、
猫とかいって、
食べ物屋。
衛生上、大変問題があるように思えてきました。

随分待たされて、ようやく出てきた味噌ラーメンは、
特に味になつかしさを感じることもなく、
あまつさえ、

――まずっ

このラーメン激戦区で、
少なくとも、私が知ってる限りでも、20年のれんを出し続けているその味を、
ディスるつもりは毛頭ありませんが、
奇跡的なまでにおいしくないラーメンでした。

でも、ここは、それでいいのだと思いました。
そうじゃなきゃダメなような気すらしてきました。
21歳で再び中野に住み始め、
それから、男の子と付き合ったり、別れたり、より戻したり、
ダメな友達と週3で飲んだり、2泊3日飲みっぱなしだったり、
人と関わって、関わりすぎて、傷つけたり、傷つけられたり、
仕事辞めたり、ボランティア行ったり、お金ないのにまた飲んだくれたり、
私の、超絶だらしなかった20代の灰汁みたいなものが、そのラーメンに映り込んでいるような気がして、
ヤケクソみたいな気持ちになって、私はそのラーメンを完食しました。

おばあちゃんは、一仕事終えて、
灰色の、その猫を抱きあげて、撫でながら、ゆるゆるおしゃべりしています。
猫と。
間違いなく、あの、20年前のおばさんです。
ピンとはこないけど、私は確信しました。
随分おばあちゃんになっちゃったんだなあ…
私も歳くう訳です。
お互い様だね、おばあちゃん。
でも衛生上

「ごちそうさま」
私が声をかけると、おばあちゃんは、どっこらしょ、と立ち上がり、
「700円です」

――700円あればもう少しましなラーメン食べれる!

もう、何度も現実にひき戻されそうになりますが、
いや…、
これは、魔法の代金です。
私の20代を見せてもらう為に、
マッチ売りの少女、いや、マッチ売りのおばあちゃんから買った、
そのマッチの代金なのです。

ごちそうさま、と、再び声かけて出ていこうとする私に
おばあちゃんは、

「お疲れ様でした。おやすみなさい」

沁みました。

東京環七の片隅で、
行きかう人にはそれぞれ事情があって、
おばあちゃんはそこに関わることはなく、もう何十年も夜中にラーメンゆで続けているのでしょう。
それでもきっと、おばあちゃんは誰にでも笑顔でそういうのかもしれません。
たとえそれが、飲んだくれて家に帰りたくなくなった、ダメ人間だとしても。

おばあちゃんの「お疲れさまでした」で、
こんな私でも明日はもう少しましに過ごせるかもしれないという
根拠のない安心感をもらったような気がしました。
そうして、
本当は昔から、そう思っていたんじゃないか、というような気もしました。
それが聞きたくて、私はそこに行ったのかもしれません。

――私、全然、疲れてないよ。おばあちゃんの方こそ、お疲れ様。

私は、そんな気の利いたこともいえず、
目を伏せたまま、おやすみなさい、と言って、
お店を後にするのが精いっぱいでした。
(ト)

追記
翌朝、冷静になって、
ノスタルジーとかじゃなくて、
夜中にラーメン食っちゃった、というその事実に愕然とするのでした。

――学生かよ!? 45歳ぞ!痛風になるぞコラ!

この記事へコメントする















青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。