*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


8日目 3:00
母起きる。
コロをおでこで計測。
うっしゃー!
下がってる!
下がってるよ…(涙)
長かったな…。

8日目 7:00
コロ36.9℃。
咳のせいで、お腹が筋肉痛らしい。
でも、元気になってしまって、おなかすいたおなかすいたうるさい。
母をもう少しねかしてくれぃ。

8日目 9:00
元気になったなら、二人とも宿題やんなさい。
なに?宿題が、おうちのお手伝い?そのこと書く作文?書き初め?
ロクなのないねぇ。ドリルとかないんかいドリルとか。
しかたない。チャレ○ジ(ベネッ○)やんなさい。

8日目 10:00
コロ、チャ○ンジ3こ終えて、疲れ果て、寝る。
ぐわー、同じくチ○レンジ3こ終えて、ゲーム。

8日目 12:00
コロ起きて、ぐわーが寝る。

8日目 13:00
念のため計測。
コロ36.7℃
ぐわー36.3℃。
お昼ご飯はご飯、豚汁、薬。

8日目 15:00
コロ、ひとりでおやつにアイス。
ぐわー起きる。

8日目 19:00
ぐわー謎の35.9度。なんかグッタリ。
寝すぎじゃないの?
そして…。


【クリスマスパーティ】
ん?
今日は12/29。
いいんです、間違ってませんよ。
クリスマス、高熱でウンウン言ってたコロは、クリスマスに熱なんてサイアクだ…と言って、何度もメソメソ泣いていました。

\人¡人¡人¡人¡人/
> 11歳なのに! <
/Y!Y!Y!Y!Y\

でも、そうだよね。
サイアクだよね。
ブッシュ•ド•ノエル、作るはずだったんだもんね。
じゃ、元気になったらやろうね。
20141230073316f77.jpg

そういう約束で、それが今日なんです。
さすがに病み上がりでケーキは作れないので、それはちょっと諦めてもらい、
母メイドの普通のケーキになりました。
20141230073317a4b.jpg

コロはそば茶をガンガン飲みながら、チーズフォンデュをがっつき、
ぐわーは若干顔色悪いものの、8切れに切ったケーキのうち2つをペロリと平らげました。
これ、ほぼ完治、で、いいですか?


8日目 20:00
コロ36.7℃。
寝る。
ぐわー
寝る。


【収束】
コロが熱を出したのが12/22(月)。
8日間の長いやまいでした。

本当に大変でしたよ。俺も。
隔離隔離してるうちに、生活の基盤は3カ所になりました。
青空くんにはご飯のサーブだけはしたものの、
買い物やら洗い物やらお風呂掃除やら、下僕のように働いてもらいました。

クリスマスパーティで8日ぶりに飲んだビールは、
ホントに効きました。

昨日のグラフ、若干の修正です。
気の利いたグラフアプリ全然ないので、
結局、Excelのアプリ入れました。
iPhone6でExcel編集、初めてしたわー。
↓とっつきはすっげー悪いけど、オモロイね。Excel大好き。
201412300733107d8.jpg

さて、このまま一気に帰省モードです!
それではみなさま、

良いお年をお迎えください。

【完】てってれ〜。
(ト)

スポンサーサイト

2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


6日目 23:30
コロ、39.6℃。
冷えピタを脚の付け根と頚動脈に貼る。
食べれないまま、薬飲む。昨日までのものに加えて、熱覚ましの抗生物質と咳止めも飲む。
咳がひどい。
「咳をすると胸が痛む」という。
胸の下あたりをしばらくさする。
目の充血がひどい。

*******************************************************

7日目 0:15
コロ、お腹が痛いというのでしばらくさする。
咳は治まってきた。薬が効いたか?
熱も下がってほしい。
冷えピタを手首に。
激しく拒否るが、1時間だけ我慢して、と言って、つけさせる。

7日目 2:00
汗かいて起きるが、寒くて布団から出られないという。そのまま寝かす。

7日目 4:00
ぐわー起きる。
36.5℃。
こちらはどうやら落ち着いたようだ。

7日目 7:10
ぐわー36.5℃。こちらはすでに安定の時期に入る。
コロ38.1℃。
下がるには下がったが、がっつりという程ではない。


【逡巡】
さて、今日は日曜日です。
元々年末なので、お医者さんは昨日からオール当番医制度です。
ここで悩ましいことがありました。
私は、コロは肺炎を併発しているとにらんでいました。
しかし、以前コロがマイコプラズマ肺炎にかかった時、小さな町医者さんを2件はしごしても肺炎は見つからず、
取り返しつかない頃に大きな病院で精密検査してようやくマイコプラズマが発覚したという苦い経験がありました。
小さな医者では、レントゲンも検査薬も置いていない可能性があります。
けれど、弱ったコロの身体への負担は軽いはずです。

一方、杉並区の病院には、小児科の時間外をひっそりやっているところがあって、
いかんせんひっそりなんで、電話連絡して、どうぞ来てください、とならないと受診してもらえないのですが(程度にもよる)
検査の方法などは潤沢にあるはずで、これは信頼できるでしょう。
しかしやはりそこは病院。
長いこと待たされたあげく、またおかしな病気を拾ったりしやしないか、
など、
やはり、決め手にはかけました。

それらを踏まえた上で、
①近所の当番医に行くか、
②電話連絡後、杉並区まで行くか
判断は全て私にかかっています(青空くんは、病院選びで失敗して私と袂を分かった前科があるので、頼らないことになってる)。

さあ。



7日目 8:30
タクシーで杉並区の病院へ。

7日目 9:00
コロ38.1℃。

7日目 9:30
診察。レントゲン。再び診察。
『副鼻腔炎の疑い』。


【診断】
副鼻腔炎でした。
まだ『の疑い』ですが。
抗生物質を飲んでみて、そこから治るかどうか、結果から診断するしかないようです。
やはり日曜は、検査機関がお休みで、血液検査ができないのだそうです。
明日来れば血液検査はできるとのことでしたか、
見切りで抗生物質を服用し、それで治れば病院に来なくて済む、という方が、お互いに手間がかからないでしょう、という、お医者さんの判断でした。
これは当番医の町医者さんでは診断できなかったかもしれません。
選択は間違っていなかったと思いたい。
一縷の望みをかけて、抗生物質、出陣です。


7日目 12:00
コロ38.2℃。
トースト半分、イチゴ、キウイ、みかん半分、薬。
寝る。
ぐわー36.3℃。
トースト1枚、キウイ、みかん、薬。

7日目 13:30
コロ寝汗で起きる。
着替え。
再び寝る。
ぐわーゲーム30分。

7日目 15:00
ぐわー、平熱になって久しいので、4日ぶりのお風呂。
髪の毛を洗ってやる。
ドライヤーかけてさっぱり。

7日目 15:40
コロ、37.5℃。いいんじゃない?
お風呂に入る(お医者さんの許可出た)。こちらは7日ぶり。
やはり髪の毛を洗う。
背中…やせちゃったな(T_T)

7日目 18:30
ぐわー、うどん、イチゴ、薬。
計測、割愛。

7日目 19:20
コロ、チーズトースト、キャベツのサラダ、いちご、キウイ、みかん半分。
36.9℃。
これ…信じていいの?
ダメなの⁉︎
寝がけにネブライザー(インタール)吸入。


【安息の日】
明日はどうなるか、
いや、
今夜だってどうなるか、わかりません。
しかし今夜は何日かぶりの平和な夜です。
私の疲れもかなりキてます。

私も早く寝ます。
明日はきっといい日だな。信じてる。

今日までのグラフ。
ちなみに青線が平熱ですよ、みなさん。↓
201412290417256df.jpg



(ト)


2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


6日目 3:10
ぐわー、水飲みたいと言って起きる。
38.4℃。
冷えピタを脚の付け根に。

6日目 3:30
コロ、激しい咳で起きる。
38.2℃。
同じく冷えピタを脚の付け根に。

いつまで出続けるつもりだ。熱。熱よ。

6日目 6:30
コロ37.8℃。咳止まらず。ネブライザーも効かない。

6日目 7:30
ぐわー、トイレに立つも、嘔吐。

6日目 9:00
コロ、トースト半分、ジャム、いちご、みかん半分、マンゴー。薬。
そのまま寝る。

6日目 9:30
ぐわー、おかゆ、いちご、薬、チョコアイス。
薬飲み損なって、少し嘔吐。
38.2℃。
寝る。

6日目 10:40
コロ起きる。ゲーム30分。
37.7℃。

6日目 12:30
コロ、うどん、バナナ、マンゴー、薬。
37.8℃。

6日目 13:30
ぐわー起きる。 36.8℃。下がった!
汗かいたので着替え。
うどん、バナナ、薬。

6日目 15:00
コロ37.5℃。
ぐわー36.5℃。

6日目 18:00
コロ寝る。

6日目 18:30
ぐわー、卵おかゆ、スープ、りんご、薬。
36.9℃。

6日目 19:20
コロ起きる。
39.2℃!なにこれ!
しばらくお話していたが、眠いと言って寝る。


【予想】
ここ数日、いろいろネットも検索しました。
7日くらい続くインフルもある、というのが、まあ納得するに一番近い答えでした。

でも多分それも違う。
違う病気、例えば肺炎のようなものを併発しているんじゃないかと。
明日の当番医は近所でした。
でも果たしてここで確実に検査してもらえるのか…。
レントゲン撮ってくれるお医者さんに行きたいのですが、
そこにそれがあるかどうかは甚だ心許ないです。

今夜はまた、何度目かのヤマになりそう。
私もそろそろ疲弊が激しいですが、めっちゃご飯とおやつ食べまくって、大丈夫と言い聞かせてます。
体力勝負だぜよ。
ダイエットとかかんけーねー。
がんばれコロ。そしてあたし。
(ト)


2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


5日目 6:00
コロ37.3℃。
ぐわー37.3℃。
仲良しか!


【復活の兆し】
今度こそ!
今度こそコロ、回復の光が見えてきました。
「ぐわー、苦しそうだよ、私よりぐわーのとこに行ってあげて!ぐわーと寝るとこ交換したほうがいいんじゃない?」
朝6時台から叩き起こされて、この思いやり発言。
ああなんて優しい小姑なんでしょう。

「あのね。お母さんもぐわーの咳、聞こえてますから。起きたばっかでそんなに直ぐに動けないの。お母さんも人間だから。あんたに言われなくても分かるから。ダッシュで対処するような咳じゃないから。
それにね、あんたの布団にはインフル菌がいっぱいくっついてるの。そんなにカンタンにほいほい交換できないの。あんたの布団は一回はらって、できたら干して、それから布団ごと交換するの。朝っぱらからできないからそんなの」
ああなんて心の狭い母でしょう。
でも事実。ここでは私が法なのだ。マイク=ハマー。うはははは。
しかし、おそらくこれでコロは大丈夫でしょう。減らず口とおなかすいたは元気な証拠です。
あ、「おなかすいた」は、午前4時から言ってます。

一方、ぐわーの熱は思ったより上がっていません。37℃台を推移。
おや?これ、インフルじゃないのかな?
ただの風邪かい?
となるとやはり、午前の受診は危険です。
時期尚早か、ホントにインフル陰性か、が、判別できません。
はっきりインフル判定が出るように、午後まで待たないと。



5日目 8:00
コロ37.4℃
おうどんとバナナ1本平らげる。
ぐわー36.9℃
おかゆお茶碗に半分くらい。

5日目 11:00
コロおなかすいて、シフォンケーキとイチゴとバナナ食べる。
36.7℃。
ぐわー寝る。

5日目 11:30
コロ、お絵描き始める。
37.5℃。

5日目 12:30
コロ、すいとんとケーキの残り食べる。
ぐわー起きる。

5日目 14:00
コロ寝る。

5日目 16:00
コロ37.5℃。
ぐわー38.2℃。
近所の医院へ行く。
コロ→咳のど鼻水の薬を処方してもらう。
ぐわー→インフルA、ビンゴ。イナビルとかいろいろ処方してもらう。
帰宅後、即イナビル摂取。


【流行】
やはり。
やはりでしたぐわーのインフル。
看護師さんが、今日きた患者さん、みんーなインフルAよ。と言っていた。
仕方ない。もう腹は決まってます。
しか、いつもはノンビリしたおじいちゃんのお医者さんで、患者さんもほとんどいないのですぐ呼んでもらえるんだけど、
今日は激混みでした。
さすがに2時間は待たなかったけど、
30分は待ちました。この医院の最長記録更新です。
もちろん帰宅後はパジャマと下着、全て総着替え。
コートは軒下に干します。
前に医者行ってそこでインフルもらったことがあるので、
二度とやらないと心に決め、
着替えをあらかじめ用意してから医者に行くようにしています。


5日目 18:00
ぐわー、おかゆ、みかんを食べて、薬を飲む。さらにチョコアイス3口。
38.2℃。
コロ、上でちくわ入りうどん(リクエスト)、みかん、イチゴで薬。解熱剤は飲まない。
37.5℃。


一週間が経過しようとしていますが、
全く山を越えられません。

続きます。
(ト)

2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


4日目 クリスマス(2014.12.25) 2:00
コロ、のどが渇いて起きる。ポカリ飲む。
37.7℃。
トイレを済ませて再びポカリ。
プレゼントを探すと…
あった!
『3DS まめごま ハッピー!スイーツふあーむ』だ!
いつの間に来たんだ?サンタ。私ちょいちょい起きていたのに。
いやぁ、あなどれない。さすがプロ。

4日目 2:00〜4:00
コロ、咳→鼻をかむ、の無限ループ。
「眠れないよ」と言う。早くゲームやりたい、といったところだ。
背中をトントン叩き続けると、あっという間に寝る。
疲れたよな。よく頑張ったぞ。

4日目 6:00
コロ37.5℃。
落ち着いた。

4日目 8:00
いちご、バナナ、りんご、キウイを少しずつ。
37.5℃変わらず。

4日目 9:30
コロそのまま起きて、サンタさんからのゲームをチラやり。
38.2℃。お?また上がった。まじか。お前か3DS。

4日目 10:30
コロ38.2℃変わらず。布団に移動。

4日目 12:30
コロ37.7℃。3回測ってみたが、近似値。
こうなるとコロは強い。「おかゆたべたい」。
おかゆ食べ→バナナ食べ→チョコアイスカップ1/3程食べる。
コロ先輩、さすがです。

4日目 14:30
コロ、ラーメンズ観了。
怖いコント見て体温上がったか。37.9℃。
でも、手が冷たい。まだ上がるのか。

4日目 16:30
コロの「おなかすいたー」攻撃に耐えきれず、おかゆ&いちご&キウイ。
しかし体温は38.3℃。
なぜこの状況で食える⁉︎
普通グッタリでしょ?
食べてる間も、喋って笑って、
食事終わって歯磨きしてうがいが終わると、
「ゲームやっていい?」
鬼並みの体力。参りました。
いや…違うな。お前がおかしいんだよ、熱。
いいかげん、下がれよ熱。
手は温かくなる。

4日目 15:40ぐわー帰宅。
習い事の日だが、今日は行かなくてもいいよ、と譲歩。
しかし、元気に「ボク、行く!」と言い放つ。
時間も押していたため、熱を計りそびれたまま、送り出してしまう。

そう、これ、死亡フラグ。
私はここで、ちゃんと熱を計っておくべきだったのだ。

4日目 17:30
コロ、ぐったり。ゲームはとっくに止めている。
38.3℃。
またか!3DS〜( *`ω´)(←濡れ衣)本気で封印だ。
鼻づまりがひどいと訴える。

4日目 18:00
ぐわーを迎えに行く。
「寒い」を連発。

4日目 18:15
お風呂に入れる前にぐわーの体温測る。
38.2℃。
やっちまった!
お風呂をやめて、コタツでゲームをやらせ、待たせる。
そのコタツのあるお茶の間に、ぐわーの布団セッティング。


【迂闊】
ぬかりました。ぐわー、おそらくインフルです。
①寒い寒いと連発
②目が充血
③急激な発熱
この症状、コロと全く一致してます。
習い事なんか呑気に行かせてる場合じゃなかった、病院行くべきだった、と思いましたが、
よくよく考えれば、発熱から24時間経たないとインフルの診断ができないのでした。
ですから、明日病院行くとしても、午後です。
それでも見切り発車で午前中に行くか…
寒い中、出かけなければいけません。しかも年末。お医者さんはどんどん休みに入ります。
賭けです。


4日目 19:30
父帰宅。
リビングは2階に仮移転。

4日目 19:40
コロにブリーズライト貼るも、なんかはがれちゃう。
鼻のかみ過ぎで、オロナイン塗りまくってたから、なんかくっつかないみたい


【鼻づまり】
ずっとよく出てたのですが、コロはここに来て激しく詰まってるようで、苦しそうです。
鼻づまりに良いといういろいろ、こちらで調べてやってみたのは
1.鼻をつまんで頭を上下に(詳細は上記記事参照)
2.鼻の下にヴィックスヴェポラップ
3.鼻づまりに効くツボ指圧
4.ブリーズライト
どれも、これでバッチリ、という感じにはなりません。
そのうち疲れたコロは寝てしまいました。



4日目 19:50
ぐわーにネブライザー施す(喘息用のモクモク煙吸うやつ)。

4日目 20:00
ぐわー、うどん食べる。半人前だが完食。
体温は37.0℃。お?
コロ38.3℃。ぐったり。
寝たり起きたり。
コロ、38.4℃。


今日が25日、あと空いてる病院がどのくらいあるのか、帰省はできるのか…。
不安は尽きません。
今夜は長くなりそうです。


一週間が経過しようとしていますが、
全く山を越えられません。

続きます。
(ト)


2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


3日目クリスマス・イブ(2014.12.23)8:00
コロ起床。38.4℃。
まだ下がらない。

3日目 13:20
コロ、おかゆとイチゴを食べる。
38.2℃。

3日目 15:30
ぐわー帰宅。元気そう。
コロ、退屈すぎて死にそうだったので、仕方なく3DS許可。
38.4℃。また上がってきた。何故だ。お前か3DS。

3日目 16:30
父帰宅。

3日目 17:00
母、コロの荷物を撤収しに学校、買い物。
学校でもちらほらインフル出はじめた、との事。今年は流行が遅かった。

3日目 18:30
母とぐわーお風呂中、父が看る。
コロ、初めての嘔吐。胃液。一瞬白目剥く。意識はある。

3日目 19:00
交代して母が看る。
コロ、38.7℃。「寝ているのにグラグラする」と話す。それを最後に意味のある言葉は喋れなくなる。時々白目になる。
目が離せなくなる。父にコロを看てもらい、母、食事のセッティング。

19:30
交代して母が看る中、コロ2度目の嘔吐。時々ブツブツと意味のないことをつぶやく。

20:10
交代して父が看る中、コロ3度目の嘔吐。叫び方も半端ない。
そして粗相(こぼす)。タオルを換える。


【嘔吐】
来ました。
その用意はしてはいましたが、イナビル飲んだ後、丸一日経っての嘔吐は想定外でした。
熱もうなぎ登りです。
異常行動はありませんが、熱に浮かされてか、うなったり、意味のないことをつぶやいています。
悪い予感がよぎりました。
それは、インフルエンザ脳症。
こちらに移行すると、これは危険です。死に至るやまいですから。
このまま熱が下がらなければ、救急車&即受診一択だと思いました。

老婆心ながら、我が家の嘔吐対策を。
①頭のあたりに、数枚のバスタオルを敷いておく
→こぼしたら1枚ずつ剥いで行けば済みます。シーツにこぼしたりしたら、シーツごと総とっかえです。
寝てる側も替える側も、これはかなりつらいですよね。
②トイペを用意しておく
→嘔吐時には大変有効です。拭いても、トイレに流せますから。
おけの中にもトイペあらかじめ敷いておきます。あとで洗うのが楽です。
吐いている最中も、スキを見て、トイペで顔やおけを拭いてあげます。具合悪くても気持ちは悪いですもんね。
③おけはもう一つ用意しておく
すぐに洗って持ってこれるかわかりません。洗って持ってくる間に吐いてしまったら、あまりにもかわいそう。お互いに。
④おまけ ゴミ箱ではなく、ゴミ袋
鼻をかんだりしたら、口を閉じて菌の拡散を防ぐ為、袋が良いです。
ノロウイルスなど、感染力の強い病気の時には必須です。


3日目 20:30
交代して母、看る。
見よう見まねで、癒気を施す。


【癒気】
私は本格的に教わった訳ではありませんが、近いことをやることはできます。
コロの身体を触り、触ったところから、息を吐くときにコロの中に風を送り込み、
でっかい岩を少しずつ砕くイメージをして、
息を吸いながらその岩のかけらを私の中に取り込む。
いつもそうですが、はじめてすぐに、私の手はビリビリしてきます。
ひたすら集中して、同じ作業を続けます。


3日目 21:00
コロ37.9℃。
どうした?突然下がったぞ⁉︎

3日目 23:30
母、父に起こされる。
コロ37.6℃。随分良いように見える。
ここでサンタを迎える準備。
いつ来ても大丈夫なように、状況をセッティングする。
今年はまだ、鈴の音は聞こえて来ないな。聞けるのかな…。



一週間が経過しようとしていますが、
全く山を越えられません。

続きます。
(ト)

2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。


2日目 8:30
父とぐわー、車で神奈川のおばあちゃんとこへ出発。

2日目 9:00
コロ起床。おかゆを食べる。水を飲む。
37.7℃。

2日目 9:30
コロ起きたまま。YouTube見たいと言うので、やすみやすみ見せる。
水分補給はしっかりできている。

2日目 10:30
コロ疲れたと言う。38.4℃。布団に寝かす。

2日目 12:00
コロ38.6℃。上がってきた。

2日目 13:30
コロおかゆ食べる。
コロ、遠くてもいいからお医者さん行きたい、と言い出す。よほどつらいのか。

2日目 15:00
りんご1/4個食べる。
39.2℃。手は温かい。

2日目 15:20
コロ、39.4℃。
自転車に乗せて病院へ向かうも、最悪なことに後輪パンク。
やはり11歳の重みに耐えきれなかったか…。
すぐに降りてタクシーを捕まえる。
チャリが路駐で持ってかれてももう知らん。

2日目 15:35
病院受付。
コロ38.8℃。ポカリ飲む。


【苦境】
ここでコロ、2時間待たされることとなります。
受付済ませると、ものすごい数の人。絶望的光景でした。
よくよく見ると、外科も併設された、ちょっとした病院でした。
それでもよく水分を取れていたので、安心ではありましたが、やはり明朝まで待つべきだった…と、激しく後悔しました。

コロはずっと横になっていましたが、
手が冷たくなってきました。
寒くはないと言います。
しかし、途中本当に疲れ果て、「まだなの?」と、泣き出してしまいました。
周囲も明らかに気づいて、気まずそうです。
次に呼ばれなかったら、後どれくらいで呼ばれるか、受付の人に聞いてみるからね、と言った矢先、
奇跡的に看護師さんが呼んでくれました。
エンジェル…!


2日目 17:30
コロ、受診。症状を聞いたお医者さんは「インフルエンザかもねー」と言いながら、即検査。
インフルエンザA型と判定される。


【安堵】
正直、インフルと言われて、ホッとしました。
こん〜だけ待たされて、インフル出てなかったら、また明日別の医者行かなきゃなんねーよ。
と思っていましたから。
インフルの覚悟はできていましたから、後はお薬もらって帰るだけです。
来てよかった。後悔は撤回です。


2日目 17:45
コロ、同病院で「イナビル」摂取。

2日目 18:00
タクシーにて帰宅。

2日目 19:00
コロ、就寝。

2日目 19:30
父とぐわー、帰宅。

2日目 22:30
コロ、トイレに起きる。38.4℃。
なかなか下がらない。
昨晩ほどではないが、一晩中うなされる。


【焦燥】
下がりません。
なんて強情な熱でしょう。
「あっち行って‼︎」「わかったよぅ〜♪」みたいな感じにならないでしょうか。アナ。
イナビル飲んだら、間も無く熱は下がりますよ、と言われたのに。
こりゃなんだ?偽装薬か?プラシーボか?謝罪会見する気か⁉︎看板に偽り有りか?

一週間が経過しようとしていますが、
全く山を越えられません。

続きます。
(ト)

2014年12月のインフルエンザレポートをしようと思います。
今苦しんでいる方への参考、および自身の備忘録として。

2014.12.22(月)15:00
ぐわー帰宅。宿題。

同日 16:00
コロ帰宅。寒いと言い出し、カーディガンを羽織る。
宿題始めるも、なんだかグニャグニャとダダこねて、遅々として進まず。
この時点ですでにおかしかった。

同日 17:30
コロ、ようやく宿題終え、ゲーム開始。

同日 18:20
3人でお風呂。コロ、入る時にふらついて、私にぶつかる。

同日 18:55
コロお風呂から出ると、再びふらつく。

同日 19:20
食事を始めてから、コロ再び「寒い」。
私、おかしいねぇ、と言いながら、おでこに手を当てて初めて、熱に気づく。
即、熱計測。37.9℃。思ったより高い。
食事は食べれるだけでいいよ、と言うと、結局カレーを半分だけ食べる。

同日 20:00
私、1階の勉強部屋に2人分の布団敷く。隔離部屋となる。早速コロを寝かす。
私もコロもマスク着用。
この後はもうずっとマスク。

同日 20:40
コロ、38.4℃。


【苦悩】
実は翌日は天皇誕生日で祝日。
車借りて、青空くんのお母さん(神奈川在住)とクリスマス会を行う予定でした。
毎年の恒例行事でした。
部屋の飾り付けから、歌を歌ったり、プレゼントあげたりもらったり、
ちょっとしたイベントなのですが、
熱ではもちろん行けません。
手話付きの歌をお風呂で練習したりしていたコロの落胆たるや、気の毒なほどでした。

一方私は別の心配をしていました。
インフルです。
熱の上がり方が急激だったからです。
そして目の充血がひどい。
よりによって明日は祝日。
当番医は一番近くて自転車で10分程度の場所。
寒い中、行ったことない病院に連れて行く…リスク高いです。
これは、明後日を待ってお医者さん行くしかないか、と腹を決めました。
後に、母の予感は的中します。

ところで、子どもの手のひらや足の裏で、ちょっとした事が予測できるのをご存知でしょうか。
冷たければ→まだこれから熱が上がる
温かければ→これで頭打ち。熱は出きった。
この時点でコロの手は温かかったのです。


同日〜2日目(2014.12.23)7:00
コロ、一晩中ウンウンうなされる。コロ、母共によく眠れず。
コロ37.4℃。
ん?下がったな。インフルじゃなかったか。


一週間が経過しようとしていますが、
全く山を越えられません。

続きます。
(ト)


寒い。
寒いですねぇ。
寒すぎて手もガッサガサ、スマホの反応めっさ悪いし、
マスク手放せないから化粧なんか眉毛しかしなくなるし(ファンデがマスクにベッタリつくし、第一しなくてもあんまバレない)、
女子力が加速して低まってきてますよ。
北海道も爆弾低気圧、かなんか言って、
被害も相当出たようです。
お見舞い申し上げます。

ところで。
昨今、暖かいお布団のかかり方情報が出回っているの、ご存知ですか?
上から、
毛布→羽毛布団→人→敷布団
は、もう古い情報。
今や、
羽毛布団→人→毛布→敷布団
なんだそうです。
人の下に毛布。
これね、本当にすごいですよ。
めっちゃ暖かい。

さて。
上記順でももう足りない、という極寒のスキマ風借家にお住いの鈴木さん(仮名)、
さらに暖かいお布団のかかり方を発見しました。
一枚足しましょうね。
羽毛布団→タオルケット→人→毛布→敷布団
これ最強です。
タオルケットは夏に使ってたやつで十分。
羽毛布団、暖かいけど、体にフィットしないんだよね、実は。
ふわっとかかっちゃう。
スキマに優しくない。
ここにタオルケットはさむと、
体のフォルムにぴったりくっついて、
正直、朝、暑くてタオルケットよけてたりしてる程です。無意識で。あれ、ダメか?これ。
感覚ですが、毛布ほど厚手じゃない、タオルケットの方が、より暖かい気がします。

さあ、早速しまい込んだタオルケットを出しましょう。
なければ大きめのバスタオルで。
この黄金比、今夜ぜひ、あなたのお布団でも。
(ト)

なんか気持ち悪い信者みたいに思われるのも本意ではありませんが、
青空くんの先見の明に舌を巻くことがしばしばあります。

私が初めて会った(98年)頃、
『アメリカは歴史の浅い国だから、個人主義というのが悪い形で定着してしまった。元々のヨーロッパの個人主義は、歴史や伝統を背負っているから、個人主義っつってもそこまで根っから個人のことばっかでもなくて、持続性を保てる程度に周りともうまく調和を図ってる』
というようなことを言っていました。

アメリカが歴史が浅いったって、アンタ、200年ですよ。
それほど浅くもないんじゃない?
中国だって共産化してからって考えたら50年弱だぜ(当時)。

なんて思ってましたが、
そう思いながら見ていると、なかなかどうして、的を得た意見だと思えてきました。

9.11の後の様々な無茶や、
ベトナム、イラク、アフガニスタン、シリアなど、数え切れない余計な攻撃、
古くは反共と言っちゃ、中南米あたりへ介入、
近年は反イスラムと言っちゃ、中東地域へ介入、
原爆だって、終戦後、GHQが入って被爆者一人一人を診察してくれたかと思ったら、
これがただの調査で、薬もロクにくれなかった、とか、
やはり戦後、給食の主食をパンにしたのは、アメリカから小麦を輸入させるためだった、とか、
東日本大震災の時も、トモダチ作戦とか言ってでっかい空母寄越したけど、2〜3日で帰っちゃって、挙句日本に、被爆したからとか言ってその経費2億だか3億だかカツアゲしてきたり、
まだまだ列挙にいとまがない、 このなんでもありの振る舞いは
全て自国の軍需経済で潤うためだけなんじゃないの?

これこれ、歴史の重さを背負わないがゆえの個人主義

政治面だけでなく、
もっと卑近な例では
よく『未公開映画を観るTV』でやってた映画は、
あまりにも身勝手な考え方によって生じた社会の歪みを切り出している映画がほとんどで、
メチャクチャな論理が経済の名の下にまかり通っていて、
しばし、アメリカという国そのものが気の毒になり、本当に絶望的になります。

これもこれも、(以下同文)

調和を図らない個人主義、を、日に日に目の当たりにされることとなり、
長い時間かけて、青空くんの主張に納得する事となった訳です。
(個人の考えです)

他にも、
デモでは何ももたらせない(散々参加した後の結論)、とか、
ゆとり教育は結果としてはまずかったけど、元々なぜそうしたかと言えば詰め込み教育へのアンチテーゼだから、そこは今だって考慮してもいいんじゃないか、とか、
アベノミクスで良かった点もある、とか、
燃料電池車にはあんまり未来はない、とか、
本当に累進課税制なんかにしたら、金持ちはとっとと日本なんか飛び出して、結果税収減る、なんてことが起こるよ、とか、
外国人になぜ参政権を与えないのか、今後もおそらく与えられないだろう、という理論構築とか、

私では考え付かないような、一見、「どうなの?それ」な主張をして、
後々、なるほどこのことか、となる出来事が、時々あるのです。
預言者か?お前、モーゼか?海割るんか⁉︎
(そんなのばっかりでもないけどね。あくまで時々)

そんな青空くんが、ある日、こう言いました。

「今のままだと、日本と某国(伏せます。怖いから)で、戦争は起こりうる」

まさか!

今まで結構いろんなこと納得させられてきた私も、これには賛成しかねました。
憲法第9条がある限りは、日本は大丈夫。
きっと大多数の日本人が、そう思ってきたことでしょう。

…まさか、これが噂の、死亡フラグってやつ?
そんなこと言って、戦争なんか起こっちゃうの?
いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや。
さすがにそれはないでしょ青空ちゃん。

青空くんの根拠はもちろん、
集団的自衛権。
この解釈はもはや無制限だと言います。

あり得るのか?
これ、あり得るのか?

最近本当に、あるような気がしてきました。
日本が戦争に突入する。
これがじわじわ、現実味をおびてきたのです。
遠いどこかの国の話じゃないんです。
だってモーゼ(←偽)も言ってるよ?


こんな、ぐうたら主婦のつまらない話なんて、誰もマトモに読まないかもしれません。
それでも、小さな声を上げなければいけない。
これは、私と、家族と、日本に住む全ての人、ひいては世界中の人のため。

長くなりました。結論です。

戦争は起こりうる。
そしてそれを止められるのも私たち自身です。
選挙に行きましょう。
戦争を止めてくれる候補者に、あなたの一票を入れましょう。
この平和な世の中が続くことを、命がけで考えましょう。
やったってムダなんて思わないでください。
はいこちら、大変参考になります。

どうか、
あなたの意志を、投票で伝えてください。
これが私が選んだ、戦争です。
(ト)

私は生来飽きっぽいタチなのですが、
一方でくだらないことにハマりやすい面もあります。
如実なのはゲームですかね。
パソコンに入ってるやつとか、気づいたら1時間とか平気でやってたり。
時間ドロボウですな。←他人事

これが子どもにも遺伝しないでほしい。
という、相当身勝手な理由で、
DSは1日30分、お休みの日は1時間と決め、
厳守させています。
一方、朝の早起き推進、家庭学習の継続の為の特別ルールもあります。
『朝、
①某通信教育こどもチャ◯ンジをやり、
②NHK基礎英語2を聞き、
③学校の準備、着替えの用意をした後なら、
7時まで、時間無制限でゲームOK』
というものです。
飴とムチ〜〜。
しかし、このルールのおかげで、
コロの早起きは定着、
チャレ◯ジも無事進捗、
ラジオも聞き始めて3年目を迎えました。

さて。
先日、ママ友が傾倒している子育ての講演会のDVDを借りました。
その講師曰く
『小学生のうちは、ゲームはやらせてはいけない。ゼッタイに!なきゃないでなんとかなるもんです』
がーん。
確かに。
知らなきゃそのままいくもんな。
私はゲームにはハマるけど、
パチンコや競馬などのギャンブルはしません。
ハマらなかった、というのもありますが、
パチンコなんて今や主婦に遠い存在でもなく、
いつドツボにハマっててもおかしくない娯楽の一つではあるかと思うのです。
知らなければハマらない。
これはあながち真理かもしれない…。

そういえば別のママ友のお子さん(小5女子)も、
ゲームはあるけどお正月だけ、
夜のお出かけ(飲み会等)にはこどもは絶対連れて行かない、
など厳しく育てていますが、
母の言うことを聞く大変良い子で、
今は夕ご飯まで担当(おつかいから作るまで)しているのです!
これはゲーム脳でないおかげか⁉︎

私は居酒屋に子どもを連れて行けることが唯一の息抜きで、
コロがベビーカーの頃から高円寺『大将』の外飲みとかしていました。
子どもたちは小さい頃、居酒屋さんを『レストラン』と信じて疑いませんでした。
結果、
ご褒美付きでないと家庭学習もしやがらない、軟弱小学生になってしまいました。
(いや結果でもねーな)

どうしよう…
今からゲーム取り上げるなんてムリ…
しばらく、私は悩みました。

昨日、ふと昔聞いた友人の話を思い出しました。
彼は双子の片割れでしたが、
高校時代は90kg近い巨漢だったそうです。
双子とも。
理由はケーキ。
彼は高校に入るまで、いわゆるケーキなどスイーツ類を禁止されて育ったのだそうです。
今で言う、食育に厳しいご家庭だったようです。
それが高校に入って解禁、
初めてショートケーキを食べた時の衝撃がハンパなかったのだそうです。
そうして二人して、数千円もらっていたお小遣いの全てをケーキに使い果たし、
結果、立派な高校生メタボが出来上がった、という訳なのでした。
その後二人でダイエットにも成功、
私が出会ったパキスタンのフンザという山村では、彼はスリムなイケメンでした。(今元気かな…)

なるほど。
禁止されても、
ハマるヤツはハマる。
知らないから、一生知らずに済む訳じゃないんだ。

少しだけ、前出小5女子の未来を憂いました。
まあ彼女とご家族の意思ですから、口出しなんかする気はさらさらないですし、
もとより禁止されて育った子どもが全員どハマり90kg超級になるとは
限りませんもんね。


今日もまた一人、
中年期のおじさまが、
あり得ないド昼間に、
パチンコ屋の自転車置き場に吸い込まれていきます。
あれが、ドツボにハマったおっさんでなく、
平日休業のささやかな楽しみに興じる、一労働者であることを祈りつつ。

どうか時間ドロボウにはお気をつけください。
自分自身の中に、それはいます。
(俺も)
(ト)

先日、高倉健さんが亡くなりました。
生前のインタビューなど見ていると、
「大学出てから、仕事がなく、役者で食べていくことしかできなかった」なんて言ってました。
だいがく?

網走でおつとめなさってた任侠の方、とばかり思っておりましたので、
気になってウィキペディア見てみると、

明治大学商学部ご出身だそうです。
ブフォっ!?
コーヒー吹きました。

そして昨日、菅原文太さんが亡くなったそうです。
生前のご様子をまたニュースなどで拝見しておりますと、
晩年は有機農業に関心があり、ご自身でなさっていたばかりでなく、
東日本大震災に心を傷めて俳優業を引退、
反原発、戦争反対のための活動に心血を注いでいらっしゃったようで、
その発言も本当に優しく、芯があり、大変きちんとしてらしたので、
本当にたまげました。

広島あたりでブイブイ言わせてた任侠の方、とばかり思っておりましたので、
やはり気になってウィキペディア見てみると、

早稲田大学第二法学部ご出身だそうです。
ブフォっ!?
味噌汁吹きました。

二人ともどえらい高学歴やんか⁉︎
小卒とかじゃないのか!
昭和のヤクザさんも、インテリに支えられていたのだなあ…。
↑ちょっとちがう

謹んで、昭和の大名優二人のご冥福をお祈り申し上げます。
合掌。
(ト)

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。