*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そんな訳で、肋骨です。

痛いですが、
まあ、ずいぶんとマシにはなって来ました。
痛み止めも飲んでますし、
固定するバンドも巻いてますからね。
でも腹筋使うと痛いです。
仰向けに寝るのも痛いです。
前かがみも痛いです。
ぐわーに抱きつかれるのもかなり痛いです。
結局何しても痛いんじゃん。
せっかくつづけてきた、朝ウォーキングは、しなくなって5日だったらお腹も脇の下もふっくらふくらんでいます。
デブまっしぐら。
デっブ大好っきフリスキーU・x・U 
デブトップブリーダー推奨。

それにしても、
1月…母の乳がん手術
3月…私の鬱再発
4月…私の子宮内膜ポリープ発覚
5月…父他界
7月…私の手術+肋骨損傷
他にも…月に1回強長野往復余儀なくされ、交通費笑えない事になってんのは間違いなさそうなこと とか、
ぐわー関係のこと様々様々とか、
コロ一瞬クラス単独トップ成績(唯一のバラ色ニュース≒自慢)とか、
夏の夜にここに越してきて初めて朝までエアコン付けるほどクッソ暑かったとか、
もうなんかぐちゃぐちゃと起こり過ぎて、
しかもいっこいっこがダメージでかく、コタえ過ぎて、
すでに3年分くらいの十大ニュースできちゃうかもしれない事態です。

青空くんは、
「俺、後厄だからかな…」と自信なさげにのたまいましたが、
うん、多分関係ないかも♡

どうか、どっかの神様、
先週土曜日から、気圧のせいか喘息再発してしまったぐわーが、
ゆっくり朝まで咳なしで寝られますように。

あと土屋アンナちゃんがんばれ。
(ト)

スポンサーサイト

やべ。
やべ痛て。
痛ぇぇぇぇぇぇぇぇ(;д;) 

■□■□■□■□■□
5日前の金曜日。
諸事情あり、
コロの幼稚園の担任の先生と、
ぐわーの幼稚園の担任の先生と3人で飲みまして。
いや、うちの子ども達の幼稚園は小さくて、
元々、先生とママの飲み会とかゼンゼンありだったんですけど、
久々に呼び出され、
ビクビクしながら参加したところ、
そんなにビクビクするほどの話じゃなかった上に、
先生たちの実に香ばしい愚痴などをツマミにぐずぐず飲んじゃって、
さらにカラオケ行ってそこから記憶なく、
気づいたら自宅で寝ていた、という、
ま、よくある話で終われば良かったのですが、
続きます。

■□■□■□■□■□
翌土曜日。
痛い。
右肋骨が、妙な筋肉痛で痛いのです。
ほんのり腫れている模様。
ついでに言うと左の尻も痛いのです。
転んだ…記憶はそこはかとあり。

結局その日は、
湿布貼って一日中ゴロゴロ過ごしました。
子ども達、ゴメン!

■□■□■□■□■□
日曜日。
尻に、謎の二本の赤い線が浮き出てきました。
蹴られたか?
殴られたのか!?
顔はやめなボディボディか!?!?
そして肋骨も相変わらず痛みます。
でも、動かさなければ結構平気。
という訳で、昨日使い物にならなかったお詫びに、
午後から市民プールに子ども達接待。
時々痛かったけど、なんとか遂行完了しました。

夜、ネットで何気なく検索。
するとあなた、
肋骨って、カンタンにひび入るらしいじゃないですか!
ひび?
まさか!
どんだけ転んだよ、俺!
それともやっぱりコロの担任にみぞおちいかれてたのかい!?

■□■□■□■□■□
月曜日。
ママ友がランチから子ども2人連れて遊びに。
11時から夜の7時過ぎまで喋り倒して終わりました。
痛みはすっかり忘れていましたが、
夜、再燃です。

気づいたら、尻の方の痛みはなくなってました。
湿布は肋骨のみ。

■□■□■□■□■□
そして本日、火曜日早朝。
いや~、眠れなかったね。
もう、動かなくても痛いっぱなし。
寝返りはおろか
咳もできないんスよ。

これはヤバいス。
即整形外科コースです。
眠れないんだもの。
ヤバ過ぎス。

しかし。
今日は、ぐわーの病院の予約の日です。
有名な小児科医で、予約には時間がかかるので、どうしても今日は行っておきたい。
これが荻窪です。

さらに最悪な事に、
ぐわーの喘息のゼーゼーが出てます。
アンド咳。
インタール(吸入薬)では手におえません。

これは、

ぐわー喘息の病院

ぐわー11時予約してる病院

一旦帰宅して子ども達のお昼ご飯用意してからの
私の整形外科

という流れの予感。

しかし、いつも余裕でチャリを飛ばす荻窪はおろか、
同じ中野区内の喘息の病院ですら、
ぐわー乗せてチャリとか、
あームリムリムリムリムリムリムリ。
タクるか、電車か…
なんしか手痛い事には間違いなさそうです。

ずいぶん高い飲み代になってしまいました。
最近飲んでなかったので、泥酔が過ぎたのか、
やはり今までの業が一気に利子付けて取り立てに来てるのか…。

コロのどっぷり留守番は、
どちらにしても決定のようです。
うーん、試練だ。

結局ほとんど眠れず朝を迎えた私に残されたのはもちろん、
上記予定の一択です。
自業自得だ!
がんばれ私!
普段がんばってない分!
(ト)


追記:
行きました整形外科。
「第8肋骨及び第9肋骨にヒビが確認」
されました。
やっぱりヒビかよぉ~(꒦ິ⌑꒦ີ)

がんばりゃいいってもんじゃないですよね。
いや、いきなり身もフタもないですかね。

選挙ですよ、選挙。
「がんばってます!」
うん。
暑い中、がんばるのはわかるよ。
もちろん。

でも、
がんばるのは必要条件であり、
当選の十分条件ではありません。
駅前で立ってがんばって、
みんなにけむたがられてもがんばって、
各地域くまなく回ってがんばって、
必死で頭を下げてがんばったからといって
票を入れるかどうかは別の話です。

あとねぇ、
ネガティブキャンペーンも、やめて欲しいですね~。
言われてる人より、
それ言っちゃってる人の方が人格疑います。
阿倍某とかね。

本当、くだらねーことがんばんなくていいから。
票は、意見をよく聞いてから決めますから。
がんばり、とは比例しません。
少なくとも私は。
ちなみにこのサイトは良くできています。
純粋に、候補者全員の意見が見て取れます。

しかし、私の住む東京は、いつものように虹色候補さん達目白押しです。
元アナウンサー(^_^;)
(↑自己顕示欲がぷんぷんで…辟易)
元エスミさんのご主人(^_^;)
(↑なんで?下の人の友達?)
こないだ「日本は終わった」と言った俳優さん(^_^;)
(↑んじゃ日本脱出しては?)
おじいさんの発明家(^_^;)
おじいさんの沖縄土地長者(^_^;)
(↑このあたりスタメン)

そして、期待通りあの男もやってきました
そう、マック鈴木です!
10度!
20度!
30度!!!!!!
(↑気になる方はYouTubeチェック!)

選挙活動がんばられても、正直、反比例して興味がぐんぐんなくなりますよ。
がんばるのは、どうか当選のあかつきに。
諸先生方に、おおいに期待しております。
(ト)

去る7/7、日曜日。
行ってきました。『P+』。
退院翌日。よう行くな。私。
でも、こっちのチケットの方が、ずっと先でしたからね。
ようやく手に入れたプラチナチケット、
そうそう諦める訳には行きません。

様々な方々がブログでレビューを書いているので、
私は細かい感想はここでは割愛いたします。
簡単に、今回の舞台がどうだったか、ということ。

いや、相変わらずお美しい賢太郎さん。
今回は、フランスとモナコでやった舞台の凱旋公演だとご本人も言ってた通り、
言葉は少なく、
立ちふるまいや、そのしぐさのおかしさ、美しさで魅せてくれました。
40歳になっても少年のようなまっすぐさと、
老人のような堅牢さには、
本当に、
あれ?
この人、現実の人かな?
と、錯覚せんばかりです。

でも、いっこ退屈でうとうとしちゃったコントがあった。
これに関しては、多くの人が眠くなったと書いてありました。
よかったあたしだけじゃなかった。

それに、やっぱり、分かる人だけ分かればいいという開き直りがよく見てとれました。
私の席は2階席。
私の周りは、割と冷めたお客さんが多くて、
その辺が理解されないみたいでした。
そう言うの見ちゃうと、舞台の楽しさ半減です。
やっぱり、熱狂的賢太郎推し、見たいな人達に囲まれて観劇したいものです。
スタンディングオベーションも、最後の最後でようやく、というノリでした。
賢太郎さんの舞台は何度か観てますが、
こんなに時間かかったスタンディングオベーションも初めてです。
ないかと思った。

まあ、どんなに素晴らしい芸術でも、
どんなに人気のアイドルでも、
はたから見てればファンは気持ち悪いもんです。
イースタンファンで、ラーメンズファン。
どっちからもどっちも気持ち悪いんでしょうね。
まあ知らんけど。

あとねえ、席が確かに悪かった。
私、2階席のはじっこだったんです。
映像はずれまくり、
柱が邪魔で舞台は切れる、
賢太郎さんの肝、映像とのコラボもイマイチハマらず、
ちょっと残念でした。
もう、10,000円とかでいいから、アリーナ・S席・A席分けてほしい。
これはマジで!
そう思ってる人、たくさんいるでしょ!
確実にいい席で見たい!高くても!
ダメならA席の桟敷でもいいからさ!
あの真正面と、
二階柱ありとで、同じ値段なんてムカつき過ぎます。
e+さん、何とか考えてよ。

はあ。病み上がりで調子悪いねー。
なんかグチばっか?

でもね、
ホントのこと言えば、
動く賢太郎さんを見るというだけで
そりゃもう、
神に触れる体験ですから。
もうそれだけで…。

んなことばっか言ってるから
気持ち悪がられるんだねー(=_=)
うひゃ。
(ト)

父の月命日です。

マーラー『交響曲第5番 第4楽章 アダージェット』

あ、別に気取ってるわけではなくて、
うちの父は元々クラシック大好きで、レコードもうなるほどあるので、
思い出って言うとこういう方面になります。
ご了承ください。

父は60歳で舞台照明の仕事を定年退職しました。
市民会館のハコ付きだったので、
一応公務員なんですね。
で、退職記念に、
母と私の3人でイタリア旅行に行きました。
全員、初海外。
すずき、その後長く長く続く、海外旅行人生の、
最初の一歩です。
23歳でした。

いろいろいたたまれない思い出あるものの、
忘れられない8日間でした。
今思い出しても恥ずかしさでいっぱいです(^_^;)
初めてというのはそんなものかもしれません。

この曲はヴィスコンティ『ベニスに死す』の挿入歌。
ベニスも行ったんですよ。
この曲を思い出すと、
ベニスの美しい運河や、
そこを一人散歩する父、
ショーパンだったため、私一人だけ入れなかったサン・マルコ寺院、
円高ばきばきで、お買い物しまくったマーケット、
溢れんばかりの美しい風景が、胸を突くのです。

ちなみに
もちろん、映画も素晴らしい。
大好きです。
タジオ美しすぎ。

めちゃくちゃだったイタリア旅行と、
ベニスに死す、
そしてマーラーのアダージェット、
どれが来ても、私の反射系はそのすべてをひっくるめて
美しいベニスに帰結します。

ああ…。
もう一回行きたい。

青空くんよ。


(ト)

三日目の朝。

どうやらここは外科病棟らしい、ということは
看護師さんとの会話で知りました。
でも、個室エリアなので、
なんらかの理由で個室を余儀なくされた患者さん達が
寄せ集まっている感も否めません。

おととい入院した日、
廊下中に女性の叫び声が轟いていました。

昨日は
廊下中におっさんの叫び声が轟いていました。

そして今朝からは
廊下中には、おっさんの独り言が炸裂しています。

「お母さん、
ちょっとお母さん。」

「いたいよー
いたいよー」

「座んなさい、
ここに座んなさい」

おっさんはリフレインがお好きなようです。

おっさんに連れの気配はありませんが、
もしかして、おっさん族にしか見えない妖精のようなお母さんが
いたのかもしれません。

多分それとは関係ないであろう、看護師さんの

「ヤマダさん8号でぇす」

と言う声が、
鉄人28号みたいで面白かったです。
8号…。
何かの処置の暗号でしょうか。

これすべて朝の出来事…。
素晴らしい朝です。
なぜなら、

菅が抜けましたから!
いやっほう☆

トイレ行った時の痛さはかなりなもんでしたが(T_T)
それももう、あの持続的痛みと動けなさに比べたら、なんてことはありません。

後になって知りましたが、実家の母に電話で話したら、
「オシッコの管なんか、痛い訳ないじゃない!
今はゼンゼン痛くないのよ。
下手くそだね、その病院」
…おい。
マジか。
だから看護師さん達は口を揃えて「違和感」「違和感」って言ってたのか。
違和感じゃなくて、
痛かったから!
もお…(`皿´)
この病院、大丈夫かい!?

なんだかんだ言っても、
今日はもう退院ですから。
看護師さんに聞いても、検査がいつかなんてわかる訳ないですし。

お医者さんがきて、「最後の処置は11時…いや、お昼過ぎるかも」
と言われて
そのまま看護師さんに話したら
ビックリされましたし。

酸素計の指にはめるやつも
心電図のペタペタも
「あれ、もう剥がしていいんですよ」と言われて
全部ぺりぺり自分で剥がしましたし。

医者は、私が聞くまで風呂入っていいか言わないし。
「あ、2週間ダメですよ」
んな大事なこと…。

いやいやいやいやいやいや。
すべてもうおしまいですから。
私はちゃっちゃと身支度を済ませて、椅子で待ちました。
お会計の事務員さんが、明細書を持ってやってきました。

…。
あんな手術で、こんなにするんだ…。

そして退院のタイミングも誰も教えてくれず、
自主的に聞きに行って
自主的に挨拶して
自主的に退院させていただきました。
放置プレイな、華麗な病院でした。

でも、このクラスでもこんなに毎度混むんだからな。
きっともっといい病院だと、すげー待つんだろうな…。

と、
今日は病気とは関係なく、病院のグチめいた話になってしまいましたが、
これもそれも、健康を手に入れたがゆえの人間のエゴ。
具合悪かったらこんなこと考えられませんから。
ホントにね。
あんなにつらかった、継続的腹痛は今はもうウソのように消えています。

健康と
病院と
看護師さんと
お医者さんと
青空くんと
ガマンして待ってた子ども達に
心から感謝です。

お母さん、もうすぐ帰るからね!

ー終わりー
(ト)

二日目の朝。

夕べは何度も起きました。
起きる度に思うのは、
お腹いてっ。
部屋くさっ。
なんでしょうねこれ。ゼンゼン慣れません。
特にお腹痛いのは参りました。
夜中にどうしても眠れなくなり、
YouTubeでラーメンズとか見ちゃった。
やっぱ個室最高。

朝から食事はありません。
その代わりに点滴がつきました。
「左腕にお願いできますか?」と言うと、「いいですよ」と看護士さん。
「でも、どうして?」
え?
だって、右手の方が動かしやすいから…
「ああ(そんな理由で?)」
血管が細くて打ちにくいと2、3回ぼやきながらも、
親切な看護師さんは、左腕にぶっさして帰って行きました。
そうか…
そんな注文、普通しないのか。
私は点滴の時は毎回左にお願いしてました。
点滴の針はけっこう太くて違和感バキバキでしたから、
左で正解でしたけどね(•⚗ั౪⚗ั•)

上記エピソードに関わらず、
病院での仕事はかなり細分化されているようでした。
比較的大きい病院だから、仕方ないのか?
それとも、個人情報保護法によって、最小限の情報しか共有しないのか?
私が聞いた質問に、
「ちょっとわからないので、夜勤の看護師に聞いて見てください」
的な回答を、何度も聞きました。
でも、大した質問じゃないんですよ?
パジャマにはいつ着替えるの?とか、
バスタオルはいつ渡すの?とか。

ナースコール押しても、
その、今いる婦人科病棟じゃない看護師さんが来て、
ちょっと手伝ってくれた後、
「後で婦人科病棟の看護師に聞いて見てくださいねー」と…
最初からアンタ呼んでないから(♯`∧´)!

看護師長さんが「ご挨拶が遅れました」と言って部屋を訪ねてくれた時。
「明日退院される患者さんがいらっしゃいますから、
明日お部屋移れますけど、どうしますか?」
とニコニコ言ってくれた時にはかなり愕然としました。
「あの…私、明日退院なんですが、移った方がいいですか?」
なにせ、移動拒否したら、
日付繰り上がって部屋代請求されますから、そりゃもう死活問題です。
「あ、そうでした?じゃ、大丈夫かな?」
『かな』?
かなってなんだい?
看護師長さんだろ?

入れ替わり立ち替わり、
今日だけで病院従事者、20人くらい会ったのではないでしょうか。

10:30。
青空君が傘持って参上です。
外は小雨がパラついているようです。
ホントの事言えば、青空くんには子ども達を見ていて欲しいところでしたが、
全身麻酔での手術の場合は、
やはり家族の付き添いが必須なのだそうです。
でも、夕方までには帰れそうなので、
賭けで、
小2&小4での、「はじめてのおるすばん」という事になりました。
私たちが小さい頃なんて、そんなの普通でしたけどね。
今はいろいろあって、社会的にも親の心情的にも
なかなかさせにくいのです。
で、今日は帰宅からかぎっ子、そして留守番です。

私の手術は2件目。
予定は11:30。でも、前の手術が押せばさらに時間がかかるという状態でした。
私の手術は1時間程度と聞いていました。
それに、昨日の夕方の手術前処置を、手術本番直前に施すことに決まったのは知っていました。
あのアホみたいに痛かった処置は15分くらいだったので、
手術はおそらく1時間15分から30分程度でしょう。

早ければ11時頃呼びに来れるかもよ!
と看護士さんに言われて、待つこと…
待つこと…
待つこと…
…。
とうとう13時を回りました。
おいー…( ´Д`)y━・~~ 
でも、ここは病院スから。
待たすのはお家芸、伝家の宝刀スから。
いっすよいっすよ。

そして13:30。看護士さんがようやく呼びに来てくれました。
いよいよです。
青空くんに別れを告げて、歩いてオペ室に入ります。
へ~。歩いて入るの初めてだわ( ̄▽ ̄)おもしれー。

「じゃすずきさん、ここに寝てください。ちょっと狭いけど」
幅80cmくらいの、中国の硬座みたいな硬いベッドに横になります。
いよいよです。
昨日、あんだけ痛かったんだから、
もしかして、痛すぎて手術中に目を覚ますかもしれません。
よし、負けねーぞ。
叫んでやる。
痛かったら、めっちゃ叫んでやる。
私は目をしっかり開けて、天井を睨みつけました。
「じゃ、点滴のチューブから麻酔入れますよー。
ちょっと冷たくてピリピリするかも」
確かになんか冷たい感じ。
ふーむ。
なんの変化もありません。
「…きさん。すずきさん。」
「すずきさん。」
二人くらいの呼びかけが聞こえます。
なるほど。
これが麻酔かかってるかどうかの確認なんだな。
「ふぁい」
私は(これでも)なるべくしっかり返事をしていました。
これがわからなくなる時には麻酔がかかったという事でしょうから、
私は気合で声出し続けようと決めました。
そこで告げられたのは、ある意味衝撃の事実でした。

「はい、すべて終わりましたよ。」

なぬ?

「じゃ、病室帰りましょうね」

なんと!

私は麻酔なんかあっけなくかかって、手術して、終わった後で、気合入れ直してたのか。
闘魂注入しまくってたのか。
バカなのかな?

バカかもしんない。

病室には青空くんが待ってました。
「お疲れ様」
時間は14:45。ピッタリ1時間15分でした。

それから1時間ほどして、青空くんは帰宅しました。
コロとぐわーはDSでがっつり遊んでいて、ゼンゼン普通だとのメールが届きました。
やっぱうちらの子どもです。
順応性高いんだなー。
一つ心配ごとが消えました。

残るは私。
術後の経過です。
お腹の痛みはウソのようになくなりました。
そうは言っても切ってるんだし、ポリープとかの痛みより、キズの痛みがあんだろう。
と思っていましたが、
なんでしょう。
ないんですね。
それより痛いのが、
尿道に刺した管です。
手術の間はもちろん、今もついていて、少し寝返りうつだけでめっさ痛いのです。
「はい、すずきさん。点滴、これで終わりですよー」
あの。この管は…
「あ、これね、先生が、明日の朝までしとけって」
えーーーーー(-言-)
このにぶい痛みが続くのかー。
ああうっとおしい。
あと、指にはめた酸素計。
あと、身体中に貼り付けてる、心電図。
めんどくせ。
めんどくせいよ。

そしてまた私は、
メガネ節へと逃げ込んで、
クスクス笑っては、
寝返りって、
イテーとなって、
の繰り返し。
今回ホントにメガネ節に助けられたなー。

「夕ご飯、どうしますか?」
食べても食べなくてもいい、とは言われていました。
もちろん私は
「食べます!」
食欲、という感情は、ホントになかったのですが、
早く普通になって、
明日きっちり退院したかったので、
いただきました。
蒸した白身魚。
キャベツのおひたし。
ほうれん草の和え物。
缶詰のフルーツ。
お麩のお吸い物。
この病院、食事だけは美味しいんですよねー。
食欲ないと言いながら、完食しました( ̄▽ ̄)
丈夫な胃袋に感謝です。

尿道の痛みは相変わらずでしたが、うまいこと紛らわす方法は会得したようでした。
抜菅まで、あと9時間…。

あとひと息です。

ー更に続くー
(ト)

という訳で、子ども達を青空くんに託し、ちょっと3日ほど家を開けることになりました。

ん?
なんの、『という訳で』?
例のあれ。子宮内膜ポリープの手術ですよ。
いよいよ明日に迫ってまいりました。

今日は子ども達を学校に送り出し、部屋を整理し、洗濯を済ませてから、入院荷物を抱えて、いざ、出発です!

いつもは自転車で来るこの総合病院ですが、
期間を考えて今日は私鉄とバスを乗り継いでやって来ました。
病院はいつにも増して混んでいて、入院手続きするのに1時間近く待たされてしまいました。

小市民すずき、
当然大部屋を希望していたのですが、なんと奇跡の満員御礼
((((;゚Д゚)))))))
しかも、すでに婦人科病棟ですらない模様です。
昨日電話で知ってはいたのですが、
大部屋はおろか、2人部屋すら空いていない状況です。
1人部屋、エクストラ、1日¥18,000。

は?
何それ?
私、3日入院すんだけど?
¥54,000ってこと!?
無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無鯉無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理。
(↑間違いさがしてみてね☆)

プライドを捨て、ゴネてゴネてゴネまくり、
かなり割り引いていただけました。
10割引( ̄▽ ̄)
いや、病院都合ですからね。おいらのせいではありませんから!

さて、紆余曲折経て、ようやく病室へ。
テレビはカードなしで見放題!
冷蔵庫つき!
トイレつき!
洗面台つき!
決して広くはありませんが、腐っても個室。
窓からは、病院のエントランスと、いつも入ってくる入口がみえます。

しかし。
ん?
なんの匂い?これ。
なんか薬品みたいな、病院では時々感じるこの匂い。
それが部屋中を席巻しています。
私は窓を開けました。
しかしそれでも耐えられず、
とうとうドアまで開けました。
でも、くさ。なにこれ?
トイレとも違う。
消毒…でもない。
意味不明な匂いです。
これが無課金個室の罪と罰なのか!?
うー…移動したいなー…。
大部屋に…。

いやいや。しかたない。現実逃避です。
テレビは見れるけど、見たいのやってないし。
今回の枕のお供は、
町田康『くっすん大黒』と、
吉野寿『天沼メガネ節』。
どパンク小説と、ど酩酊エッセイです。
現実逃避にはもってこいです。
お昼ご飯を食べ終わると、
すぐに痛み止めの座薬→手術前処置
という流れです。

処置室へは看護士さんが付き添ってくれました。
with車椅子。
くるまいす?
「処置は痛いんでしょうか」愚問をあえてしてみました。
「どうでしょう…でも一応帰りは車椅子で…」
痛いのか!
しかし今日の私は一味違います。
なんてったって痛み止めの座薬を…
座薬を…

コラ座薬!
ケンカ売っとんのかい!
むっちゃ痛いやんけ!
上等じゃワレ、かかってこんかい!
「うぎゃ~~<(.;゚;:Д:;゚;.)>」
悪夢再来。
再び、号泣&嗚咽です。
完敗だ…
真っ白な灰になったよ…
なんでだ…
日頃の行いが悪いからか…
前世のバチが今当たってるのか…
車椅子、本当~~にありがたかったです。

私のあまりの痛がりように、先生は、夕方やるはずだった、同じ処置の2回目を、省略することにしましたとさ。
もう、恐怖でしたから。
命拾いました。
神はいるんだな…。アッラー・アクバル。

お腹はずっと痛いっぱなしです。
ガーゼとチューブ入ってますからね。
座薬はとうとうプラシーボにもなりませんでした。
それでも夕方の処置がなくなったので、夜まではつかの間の自由時間です。
痛いながらも、病棟散歩したり、コーヒー飲んだり、吉野さんの話に苦笑したりと
のんびり過ごすことができました。

さあ。
明日は朝から飲み食い禁止です。
本当の地獄はここからなのか?
それともお腹の異物が取れて、天国が待っているのか!?

ー続くー
(ト)

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。