*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日で父の49日を迎えます。

私は離れて住んでいて
父がそばにいる生活はもう、20年以上していないので、
こうして49日を迎えた今日もまだ、
もうこの世に父がいないのだという実感がありません。

あまり仲の良い父娘ではありませんでした。
19歳で家出をしてから、親孝行らしいこと何にもしないうちに
彼は逝ってしまいました。

でも親ってそんなもんでしょう。
自分も親になって本当に思います。
親って悲しい生き物です。
その愛は所詮アガペーですから。
私もそれを日々噛みしめながら
子どもと遊んだり叱ったりからかったりしているのです。

彼が亡くなったとき
母と兄は、うちの子ども達を連れて、
一旦自宅に帰りました。
私は、葬儀屋さんが遺体を引き取りに来るまでの1時間
父をただ眺めていました。
手を握ってもまだ温かい父は
今にもふっと息を吹き返しそうでした。
私は、コロやぐわーにするように
父のおでこを優しくなでていました。

不思議な気持ちでした。
悲しいとか、泣きたいとかもありません。
とうとうこの日が、とも思いません。
ただ、
目の前の、動かなくなってしまった身体を
確認するように、見ていました。

忙しく葬儀屋さんとの打ち合わせが始まり、
お通夜の準備をし、
買い物をし、
子どもの洋服をそろえ、
お通夜を済ませ、
焼き場にむかう、朝。

最後の支度を、親戚でみんなでしました。
脚絆や白装束をつけてあげたり、杖や笠を持たせたり。
生前好きだったものを、入れてあげてくださいと言われていたので、
日本酒を一杯、用意しておきました。
「お前入れて」と兄に小声で指摘され、
あ、はいはい、という気軽な気持ちで日本酒を受け取り、
頭のそばに置こうとして、ふと、
そうか。
と、気付きました。

ようやく飲めるね、お父さん。

別にこらえていた訳でもないのです。
こらえていたら、ゼッタイ我慢したんです。
でも、油断していました。
お父さんが焼かれてしまうこと。
お父さんの身体がなくなってしまうこと。

さんざん苦しめられた身体から解放されて、
大好きなお酒を好きなだけ飲めるんだね。

私はぶわっと感情があふれて
彼のおでこに手を当てて、
呼び続け、泣きました。



おとうさん。
おとうさん。
おとうさん。

あたしはごめんねは言わないよ。


さよなら。

ありがとう。

(ト)

スポンサーサイト

『キネマの天地』



ご存知『蒲田行進曲』の主題歌。
このyoutube、上手く編集してるなあ~。

中学生の時、映画館で観ました。
あ、リバイバルですよ。誤解なきよう。
エッチなシーンで困ったのも、今は淡い思い出です。
でも、最後の、ヤスがわがまま言いまくって
小夏虐待するシーンはもっと困りました。

もう少し大人になって、
小説を読んだとき、
映画との方向性の違いにハッとしました。
どちらもすごくいいのですが
つかが描きたかったのはやっぱり小説の中の銀ちゃん。
完全につか自身だもんなー…。


(ト)

信じるという行為に、
もうずいぶん長いこと懐疑的になっています。

たぶん、長期アジア旅行で培われてしまったのだと思うのですが、
常に騙されないように目を光らせていたので、
信じきることの恐ろしさみたいなものを体得してしまったらしく、
てらいなく「信じる」事ができません。

テレビ
ネットの情報、
友人、
学校、
息子の未来、
宗教、
勧誘、
政治、
国、
そして自分自身。
他にもいろいろあるんですが、
なんしか、完全に信頼しきることができません。

それでも、悲しさ虚しさとかはそれほどないのです。
ずっとそうして生きてきましたし、
それでも半分くらいは信じられてますし、
まあそれ(「信じきれないという事」)が自覚できてれば
それで十分なのかなあとも思います。

吉野さんは最近、彼のブログに端を発し、自身の掲示板が炎上し、閉鎖、
ブログも滞っていました。
そうは言っても私に言わせりゃ全然問題発言でもなんでもない
普通の意見ですし、
完全に支持できるのですが、
ネットの海は広大だと
草薙素子も最前から言っている通り、
どこにどういう落とし穴があるか分かりませんので、
ここでの明言は控えさせていただきます。

けれど、彼にどうしても支持する旨を伝えたくて、
短いメールを送ったところ、
吉野氏から直々にメールをいただいたのでした。

プライバシー侵害にならない程度に抜粋します。

*******************************************************

わからんヤツには、何をどーした所でわからん、
というのは、今に始まった事ではありませんが、
言い換えれば「わかる人にはわかる」という事でもありまして、
必ずわかり合える人はいる、と、結構まっすぐに信じています。


*******************************************************

途方に暮れるような戦いを挑んで
ネットの中の顔の見えない卑怯者に
ひどすぎる中傷受けても
何も変わらない世の中にも
何も変わらない人々にも
絶望したりしない。

そう、この人はまだ、信じているのです。
何を信じているのか?
たぶん、自分自身だと思います。
しかも絶対的に。

自分を信じられなくて、
どうして他人を信じることができるのでしょう。
もっと言えば
どうして成功をつかめるというのでしょう。
彼を思う時、私はいつもそんな事を考えます。
おこがましいですけどね。

私は自分が信じられないのです。
いい加減でウソつきで、
ちょっとばっかし文章の書ける主婦ふぜいが
どの面下げて生きていやがる。
早く死んでくれ、と、
どこかのちっさい私が
時々こっそり脳みそに現れて
そう自分に言い訳のように囁くのです。

でも、私はうすうす感じています。
彼と私の決定的な違い。
自分を信じられるかどうか、
では、少し言葉不足です。
『自分を信じるための努力を惜しんでいないか』
というところではないかとにらんでいます。

孤独な戦いを強いられても
それでも彼はきっと諦めない。
かと言って
アホみたいに根拠なくなんでも信じてる訳では断じてない。

そこに至らない私は
こうしてメールまでもらって
勇気を分けてもらってもまだ
いやらしく、様々を疑っているのです。

散々ひねくれて生きてきて、もう今更、なにしたって
無邪気に自分を信じてつき進むなんて芸当は
できそうにありませんから、
そこにこだわるつもりはありません。
が、
諦めない、ということくらいはできそうです。
始めないといけませんね。
いや、こんな歳ですから、
と、歳の事言っちゃおしまいですが、
いやまじもう43歳ですから、
始めないと、ではなく、
再開しないと、となりますね。

頓挫しているあんな事やこんな事、
未解決でホコリかぶったXファイルを
勇気出して開かなきゃ、
先には進めないのかもしれません。

さて、怠け者で虚弱体質な主婦にできることって、
何でしょう?

小さなことからコツコツとー!(with眼力)

ー西川きよしー
(ト)

まあ、基本ミーハーなんで、結構著名人にツイート送ったりします。
バカリズムからレス来たこともあります。
小島あやめちゃん(シャキーンの)からもいただきました。
タマキング宮田珠紀さんとは、一時結構やり取りしました。
落語家の立川志らくさんとは、相互フォローの仲です。
更にビッグネームで言えば、
その昔、9.11の後には、
へっぽこおさるさんでおなじみ、
ブッシュ大統領(当時)に、つたない英語のメールで
戦争はしないで下さいとメールしたら、
行政府役人みたいな方からレスもらったこともあります。
ま、フォーマットでしたけどね。
そんで結局戦争になったけどね。
出来レースだったんだもんね。
うーん、私も若かった。

そして、おととい。
吉野さんにメールしたら、レスが来ました。
吉野さんって誰?とか言う?
私が吉野さんって言ったらそれは一人しかいませんけど。
←こっち、読んでみてね♥

レスいただくの、実は2度目です。
ああ見えて真面目な方なんでしょう。
私が送った後即レスでした。
そして、レスは大変穏やかな人です。
まあ、見ず知らずのおばちゃんに毒吐くような人を
好きになんてなりませんけどね。

でも、即返信、とか、
ホント、すごい時代になりました。
ネット環境はどこまで進むのでしょう。
その分危険もいっぱいですが。
使う以上は責任を持って
最低限の情報や現状を把握していたいものです。

あ、内容に関してですが、ひとアジぶちたいので(ウソ)、
また改めて。
(ト)

父の月命日なので、父との思い出の曲を貼って行きます。

オペラ『椿姫』より『乾杯の歌』



父は地方の市民会館で舞台照明の仕事をしていたのですが、
定年で辞めてからも、プライベートでオファーがよく入りました。
他界する1年くらい前まで、
病気で動けない身体をひきずり、
母に送り迎えしてもらってバックステージにいたと言いますから、
照明は彼の精神的な拠り所であったことは間違いなさそうです。
私もずいぶんバイトさせてもらいました。
時給よかったんですよね。

『椿姫』は、
父のもとでやった、最後のバイトでした。
長い旅から帰ってきて、無職30歳だった娘を気遣ってのバイトでしたが、
断る理由もなく、久しぶりに父の仕事場に足を踏み入れました。

もちろん、地方の小さい劇団の小さい芝居で、
全幕などできるはずもなく、
メインの数幕をお口汚し程度に見せたものでした。
そんな舞台でしたが、父は全力です。
舞台の隅から隅、70歳近いのに舞台の屋根裏にまであがり、
自分自身で照明の調整をします。
プロですから。
当然と言えば当然です。
「昼間のパパはちょっと違う」
清志郎も上手いこと言ったもんです。

全てのセッティングが終わり、
後は機械に任せて、細かいところは舞台の音響室からの操作のみです。
私は、バイトをさせてもらってからは初めてこの部屋に入る事になりました。
舞台が素晴らしくよく見えました。
「ここは、本当に一番いい席なんだ、どの客席よりもな」
父は笑って言いました。

ここが父の居場所でした。

オチなし。
(ト)

このコマーシャル、見ました?



サッカーの、対オーストラリア戦の
インターミッションで放映されました。
これ、心動かされない人いるんですかね?
この180秒間の間に、石田さんの夢がどっちゃりがっつりもっさり入っていて、
もう~、腹抱えて大笑いしました。
最高!
まじ最高!

あまりに気になり過ぎて、
メイキング見てみました。



…どっこい、もう、5分30秒あたりから
号泣っぱなしでした。
すばらしい!
感動しすぎました!
石田!
夢をかなえたな!
そして遊木康剛!
ブログチェックしちゃったよ。
酒飲めないらしいすよ。この方。
コラ!後輩!
のどごし生だけは飲めるようになっとけ!


さて。
私かなえてもらうとしたら、なんだろ?
…夢って案外、難しいですね。

(ト)

昨日、日テレ『世界一受けたい授業』で、
こんなのやってました。

たった18の質問であなたの寿命がわかる!?
誰にでもできる寿命計算法


ま、書いてある通り、18の質問、それぞれにプラス要素やマイナス要素があり、
都度+−して、最終的に出た数字が寿命となる訳です。

これね、計算結果より、
ネタそのものがけっこうドキッとしました。
大卒かどうか、とか、
住んでる町の人口が200万人以上か、とか、
1日10時間以上寝ているか、とか、
それ、寿命に関係あるんかい!?という質問、
けっこうありました。
中でも特に刺さった質問。

「あなたは今、幸せですか?
それとも、不幸ですか?」

これ、寿命関係あるんだな…
なるほど。

私は今でも、瑣末なことで自信を失い、
息苦しくなります。
けれど、「今、不幸ですか?」と問われたら。
ま、

愚問ですな。

で、私。
93歳だってさ。
そんな長生きすんのかね。
ならグズグズ患って生き永らえてる場合じゃないね。
うん。




ふりむくな

ふりむくな

うしろには

夢がない


ー寺山修司ー


(ト)

※以下の話は、痛くてグロくてかなりキビしい話です。
それでもいいよーという女子のみ、お進みくださいm(_ _)m




いや~、私、病気になりました。
子宮内膜ポリープですって。
手術ですって。
知ってますか?内膜ポリープ。
かみくだいて言うと、子宮の内膜にポリープできるってぇ病気です。
うん、よく分かるね!ナイス説明!

元々生理がすごいんですが、4月から特にヒドくなりました。
それまで→生理が10日間前後、生理の1週間前から激しい腹痛。
4月から→生理は16〜18日間。終わって2〜5日後に再び生理。
出血の量、腹痛の長さもハンパない。
…。
なに?この4月以降。
(ま、言うたら4月以前だって、どうかと思う状態だけど)
28日周期とかも一切無視。
生理じゃない期間の短いこと短いこと。
『月のモノ』じゃなかったの!?生理。
このままだと1年に20回くらい来んじゃね?
いつからカレンダーは20ヶ月になったんだ?
19月5日生まれとかいんのか?
へびつかい座か?
まじムカつくわー(♯`∧´)
…というようなくだりがあって、病院に行って、発覚した訳です。

しかしねえ。
年明けには母がガン発覚、
先月は父が他界、
そして私のなんかよくわからないマイナーな病気。
なんか今年は私、大殺界かもしれないです。
大殺界よくわかんないけど。

手術はもっと前に決まってたんだけど、
しかも日にちも決まって、
青空くんも有休取って、
子ども達の預け先まで決まってたのに、
父の憂いごとと重なって延期。
延期したら、なんか改めて検査、2回追加です。
なんだよそれぇ( *`ω´)
でも、仕方ありません。
もう、治すしかありませんから。
一年を20ヶ月にする訳にはいきませんから。
お天道さまが許しても、
ユリウス・カエサルが許しませんから。誰だそれ。

さて、
追加1回目『子宮内膜組織採取』。
よくわかんないけど、子宮になんか入れて、なんか採取して検査するらしいです。
パンツ脱いで、あの、脚開く椅子に座ります。
コレ、何度やっても怖いもんです。
恥かしいのも結構慣れません。
女医さんだから若干マイルドだけど。
いつも、診察前に丁寧にウォシュレットして挑みますが、
いろいろ不安は尽きませんよ。
…お察しください!

そして検査。
…これがあなた。
ハンパなく痛いんスよ!
ものすごい奥まで、なんか金属っぽいものぶっさすんですよ。
読んでるだけで怖いでしょ?
怖いですよぉ、「ちょっと痛いですよ」とか声かけられる。
声かけられたからって、痛みが和らぐ訳ではありません。
奥まで突っ込んだのは一瞬でしたが、私は思わず叫んでしまいました!
「痛ぁい!」
大人なのに声!
そのぐらい痛かったんです。
死ぬほど痛かった。・゜・(ノД`)・゜・。
それが証拠に、ナプキンもらいました。
「2、3日出血あると思います」
なにをどうして血が出んだよ!?
そしてそれから10日余り、出血は続きました。
もう~、検査のせいか?生理のせいか?
これが世に言う、出血大サービスってことなのか????
(沈黙)
ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ、
知らんがな!!!!!!
どうにでもしやがれ!

そして昨日、追加2回目の検査。
『なんかの機械使って子宮内の奥を確認』。
サッパリ分からない検査です。
おなじみ、あの死刑台の椅子にあがります。
ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ…。
逃げちゃダメだ。
逃げちゃダメだ。
逃げちゃダメだ。
逃げちゃダメだ。
目標をセンターに入れてスイッチ。
目標をセンターに入れてスイッチ。
(あごめんなさいスルーしてね)
私は心で般若心経を唱え始めました。

しかし。
今回は、
その、
前回痛かった検査の痛みの倍ぐらいのが、
15分くらい続けられました。
「あがー!!!!(注・あまりに痛ましいので、叫び声をイメージ変換しています)」
「ゴメンね、大きく息してくださいねー」
謝られてもなにも変わらないよ!
般若心経は全く役に立たず、同じところをぐるぐるとしています。
死刑執行人(←医師)は急にヒソヒソ声になりました。
「あんまり奥が見えないんだよね…折角の検査だから、もうちょっと入れようか」
ぅおい!
そこでの相談丸聞こえだから!
こりゃ死刑台どころの騒ぎではりません!
鯉の活け造りクラスです!
生きながらさらにさばかれるやつ!
タコなら脚の切り身の吸盤が唇にくっついて抵抗するやつ!
だって今その瞬間だって痛いっぱなしなのに、
さらに奥へ進むってのかよ!
川口浩か!
その探究心いらない!
そして、その、奥への突入を待たされるまでの時間の恐怖たるや!

「すずきさぁん、ちょっと子宮引っ張りますよ!」

どわわわ!
アホか!
断る!
「%☆?◆∈♀((((;゚Д゚)))))))!!!!!」
もうこの辺り号泣で嗚咽です。
言葉になりません。
どんだけ叫んでんだ私!
しかし大人ですから、恥ずかしい気持ちはもちろんあります。
手で口を押さえて、阿鼻叫喚をこらえています。
えぐえぐ泣いちゃって、多分小学生以来の『痛くて泣く』です。
まじで。
まじでたのむ!
たのむから!
なんでもしますから!
早く終わってくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(>人<;)!!!!


検査という名の調理の時間は、1時間にも感じました。
まさに地獄見物。
怖かった…ホントに(;_;)
レイプ擬似体験。
お医者さんもやだったろうな…泣かれちゃって…。
かさねがさね、女医さんでよかったわ。
そして、検査結果。
「すずきさん、小さいけど、子宮筋腫もあるね。これも取りましょう。
 手術の誓約書、書きなおしましょうね。
 前のはポリープしか書いてないから」
…。
増えちゃった。テヘデス。death。

検査はこれにて終了(のはず)です。
残るは本番、全身麻酔による手術及び入院です。
全身麻酔…( ̄▽ ̄)
今やすでに甘美な響きにさえ聞こえます。
お安い御用だ!
どんとこい!
痛くないならなんでもやっとくれ!





…でも麻酔するぐらいの手術って、麻酔切れた後、アホみたいに痛いんだよね(=_=)
(ト)

『オールド・ボーイ』2003韓国
(なるべくネタバレの少ない感想)
予告編

監督 パク・チャヌク
キャスト チェ・ミンシク、ユ・ジテ

ちょっと前に公開されて、すっかり忘れてたけど、あれってなんだったんだっけ…いつか観なきゃな。
という映画が多すぎて、
多すぎのあまりに放ったらかし、
ようやくGEOで手に取ったシリーズ、第一弾です。
第二弾があるかは知りませんが。

監督は、『JSA』を撮った、パク・チャヌク。
って、借りた後知りました。
『親切なクムジャさん』も彼。これも知りませんでした。
しかも今回借りるのどっちにしようか悩んだのが『オールドボーイ』と『親切なクムジャさん』。
私、よっぽど好きなんだなー。この監督。

ストーリーは…
ごく平凡な生活を送っていたオ・デスは、ある日、突然誘拐され、15年間監禁された。
解放されたデスが、自分が監禁された理由を解き明かすために奔走する5日間の物語。

(Wikipediaより抜粋)

15年!?長くね?長過ぎね?
しかもそんなの、たった5日で解けるんかい?
とも思うのだが、
これがなんのなんの。
主人公オ・デスを監禁した謎を解くキーパーソンは、案外早い段階で、自分から彼の目の前に現れます。
そして、重要な言葉を残して行きます。
「自分を殺せば『何故監禁されたのか』は永久に分からない」
もうひとつ。
「問われるべきは『何故監禁されたか』じゃない。『何故開放されたか』だ」
この二つは、我々観ている側にも問いかけていると言えます。
しかし、この映画には、よくある謎解きの
「え?え?なにそれ?まじか!」
みたいな、突き刺さるような衝撃はありません。
なんとなく、そんなこったろう、という程度の、
若干、予測可能な謎。
そのシンプルな内容を、ここまでの素晴らしい作品にしたてているのは、
脚本に丁寧に丁寧に描かれている、それぞれの心の機微、
そして、役者の説得力です。

オ・デスを演じるのはチェ・ミンシクさんという俳優。
『シュリ』にも出てたそうですが…覚えてません(^_^;)
なんと言っても最後の命乞いをするシーンが印象的でした。
その鬼気迫る演技は、観る者にドス黒い傷を残すかのようです。
被害者の彼を嘲る、最後の黒幕・某の気持ちの方が、よっぽど寄り添える。

もちろん、前出の謎は最後に解けます。
何故「15年」だったのか、にも、キチンと意味があります。

ただ、ラストだけは…
観る者それぞれに、その行く末は委ねられました。
さて、これは果たしてハッピーエンドか、バッドエンドか。
…個人的に私は、バッドエンドになっていって欲しいと思っています。
その先はまた、壮絶で、血のしたたるような物語となることでしょう。
モヤモヤしてきた人は、さ、すぐ観るべし。
15Rです。

オールド・ボーイ スタンダード・エディション [DVD]オールド・ボーイ スタンダード・エディション [DVD]
(2006/03/24)
チェ・ミンシク、ユ・ジテ 他

商品詳細を見る


チェ・ミンシク、三又又三に似過ぎ度:85%
(ト)

あ、タイトルの意味を知りたい人は是非、観終わってから辞書ひいてくださいね。

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。