*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コロがやってくれました。

パンツいっちょにTシャツで玄関掃除15分もしてやがったのです。私、全っっっっっっったく気付きませんでした。
悪いとは思いましたが、大激怒しました。
先日も、1ブロック先のアパート2階から、カーテン開けてオッサンがコロのボール遊びを眺めてたのに気付き、私が見返そうと出てったら、あわててカーテン閉めたのです(-"-)近所のオッサンなんかに狙われたら、私でもガードしようがない!!!アホコロ!!恥を知れと怒鳴り倒しました。

今日は学校でプールがあり、男子から「お尻見えた」とからかわれたとへこんでたのです。いつもプールの日は「スカートにすれば?」と聞いても「なんで?」と言われてしまうので、フッ、まだまだ小2、無邪気やのうと思っていたら、無邪気なのは娘だけでした。それで、スカートはいたらパンツは見えないよ、と、着替え方教えたばっかりの出来事でした。
コロも責任あります。今はいろんな事件もありますから、自分で気をつけないと。世知辛いですが、仕方ありません。しかし、『パンツで玄関掃除をしてはいけない』なんてことまで教えなきゃいかんか?そんぐらい知っててくれ!娘!

毎年恒例の庭で水遊びも、ずっとまっぱでしたが、今年から水着着用を宣言しました。
女子…たいへんですわ…気が重い。
(ト)

スポンサーサイト

ついにやった。やり切りました。
ベジタリアンの友人のお誕生日祝いに、ベジパーティです。

PAP_0135.jpg

左手前から時計回りに、
フルーツサンドイッチ、押し寿司、あんかけ冷ややっこ、トウモロコシ、刺身こんにゃく、パリパリサラダ。
あと写ってないけど、野菜スティック、ナッツ類など、つまみも充実でした。もちろんオールピュアベジです。つまり、乳製品、卵も未使用。レシピ行こうと思ったけど、あんまりすごすぎて割愛しました。想像してください。

PA0_0001.jpg

ついでに、
彼女に教わった、ピュアベジラーメンにアレンジして、豆乳で作った坦坦麺です。彼女は帰った後でしたがね。ウマイ!ウマすぎる。十万石饅頭張りに旨かったです。十万石饅頭食べたことないけど。

大変なんだろうなあ、生活…。買い食いとかできないなあ。うちは1週間に1回だけだから別におもしろがってるだけですけどね。いつまで続けるのって聞いたら、一生なんですって。旦那になる人は、これまた大変なんだろうなあ…。

ようこそ40代♪人生これからだ。by地井
(ト)

順序から行くと次は電気のハズなんだけど、ボランティア行ってる間に伝票がどこかに消えてしまったようなので、すっ飛ばしてガスです。

●期間 : 11年5月12日~6月9日(29日間)

●都市ガス使用量 : 21立方メートル

●CO2排出量 : 43.68kg

夏へ向けて、ガスの消費量はガンガン下がって行きますなぁ。

(青)


30秒で肩こりがほぐれて楽になるんだそうですよ。
身体を動かす、に加えて、目の動きもあるところが新しい!
微妙に怪しそうですが、ホントにただのストレッチです。
だまされたと思って、どうぞ!


(ト)

私が思春期ど真ん中の頃、父と母はよくケンカをしていました。
私は、父が泥酔して、母に私の事を「俺の子じゃねえんだろ!?」と絡んでいたところまで聞いた事があります。盗み聞きではありません。キッチンにまで響く大きな声でしたから。半泣きの母がキッチンにいた私を見つけ、ギョッとしていましたから、聞かれた自覚もあったのでしょう。
あまりに母が気の毒だったので、そこは知らないフリをしてやりましたが、後々母に問いただすと、笑いながら「そんな事言う訳ないじゃない」と取り合いません。心から、失敗した、と思いました。鉄は熱いうちに打て。ニガい教訓です。
母は、父ばかりでなく、父の母(私のおばあちゃん)や、父の兄弟までものグチっていましたが、時には「お父さんが怖い」と言って、怯えていることすらありました。父は本当に底なしの大酒飲みだったので、飲んで暴れて記憶をなくすの繰り返しでした。母は本気で命の危機を感じた事もあったのかも知れません。父の職業・公務員。全く、職に貴賤はありません。
まあ、ほぼ似たような飲み方をして、たいがいな武勇伝を少なからず持ち合わせている、20代の頃の自分を思い返せば、残念ながら間違いなく父の血を継いでるなあと実感する材料となりますから、人生ムダなものはないのだな、とも思います。

閑話休題。
さて、そんな母の『英才教育』の賜物で、私は父を好きになるはずもなく、現在に至ります。
今は、母も悪質だと思っています。さんざん悪く言った後で、「あんたはお父さんに優しくしてあげなさい。お父さんにだっていいとこあんのよ」と帳尻を合わせます。
そりゃムリでしょ。あんた完膚なきまでに悪口言い倒してんだから。
未だに彼らの夫婦ゲンカは絶えませんが、もう50年近く繰り返されている因習ですから、ケンカ止めたら死んじゃうのかも知れません。自転車創業的ケンカ生活。体力いりそうだなあ。
さあ、そんな2人のサラブレッドで、若い頃は血気盛んな私でしたが、年を重ねるにつれ、反面教師と言うか、両親のようにはなりたくないな、自分のパートナーとは穏やかに過ごしたいなあと思うようになりました。

青空君は、その文章こそ独断的でアッパーで、ナイフみたいに尖っては触るものみな傷つける、ギターを背負った渡り鳥然としていますが(後半妄想)、普段の生活では子煩悩な草食系サラリーマンですから、ケンカはほとんどありません。
かつて最もひどかったのが、テレビの音量についてのケンカで、その時は私は家を出て無断外泊し、本気で子連れ離婚を考えたほど激しい争いでした。という程度のものです。些末過ぎんだろ!?その原因。
まあそんな穏やかな生活にもちろん、何の不満もありませんが、あまり平和的でなかった私のルーツが、時々鎌首をもたげるようです。

こうして文章を書いていて、必ず妄想するのが、読んでいる人の気持ちです。もしあのママ友が読んだら。あの知人が読んだら。そしてもし、母が読んだなら。
私の中のどす黒い感情が、誰かに傷を残したいとうめき出し、こんな暗くて読むに堪えない文章を書かせるようです。
フェティシズムかもしれません。自虐転じて、他人にイヤな思いをさせる。こっそり、文章で。いやはや、コイツとは友達になりたくないものです。本気。
私の左手首には、思春期がつけさせたリスカの痕跡が今でも残っています。なんだか、そこからブクブクと灰汁のようなものが染み出して、いつまでも消えないし尽きない、というような感覚が拭えないのです。
傷をなかったことにしたいのに、それは溢れて、いやったらしく私にまとわりつき、私が他人に優しくありたいと思えば思うほど、文章で逆の行動を取ってしまう。傷は、生きている証でありたいと、じくじくと私にその存在を誇示し、私は従わされるに甘んじています。
過去は忘れても、なくなることはないということでしょうか。

でも、それがどこへ行こうとしているのか、見守る覚悟だけはできました。だって中年ですもの。すずきでございます。
人には言えない心の闇は、きっと誰にでもあって、もしかしたら自覚してるか否かという、その、程度の問題なのかもしれません。
案外、その闇は取るに足らないことの可能性もありますな。テレビの音量、みたいな。

三つ子の魂、百までも。
ま、こんな自意識過剰で歪んだ性癖(!)でも、ハケ口があればなんとかなるという話です。また忘れた頃に、この手のタイクツで意味のないため息みたいな戯れ言、UPしますから、ユメユメ油断するなかれ。
読みにくい文章最後まで読んでくれてありがとう。

そして、その傷呑んでやる、という懐の深い方。
懲りずにまたブログ見にきてね☆
(ト)

今日は庭の草むしりをしました。しばらくぶりの草むしり…。手つかずの猫のひたいには、なんか独自の生態系が息づいていました。
ダンゴムシの一家に、アリの巣。ゲジゲジやら、なんかのさなぎ、その他謎の虫、いっぱい。
ヒエラルキーの頂点に立つ人間様は、すわ新種発見!?いやあり得んだろ中野区で。などと、ひとりゴチながら、大音量のEYをバックに2時間弱、汗を流しました。
調子に乗って更に1時間、全裸でフロ掃除・本気バージョンです。夏のフロ掃除は全裸に限る!だって汗かいたらそのままシャワーですもんねー。かなりマヌケな画ですが、知ったこっちゃないんだよオーバーフォーティは!
でも難点は来客対応できないこと(^_^;)現に今日もピンポン来ましたが、ガン無視(^_^;)ごってりCDかけてるのにね(^w^)誰だったのやら…まあどうせ勧誘だわさ。
コロ帰って来て、ぐわーお迎え行って、コロの習い事の後、みんなで公園へ。帰宅後即アイス。それから宿題。それから水風呂。おいなんだこりゃ、いきなりLOWから4速入れて夏じゃないか!
しかし今日は結局、一日中クーラーは愚か、扇風機もつけず、水分補給だけで乗り切りました。
北国生まれの私ですが、どうやら暑さには強いようです。つか、暑けりゃ暑いほどテンション上がりますな。
湿気ラブ☆
カモナマイハウス猛暑日☆
ウェルカム不快指数100超え☆
夏と結婚したい☆
(ト)

いやはや。すっかりツイッターばっかりになっちゃって、ツイッターってなんも考えなくていいんで、ラクですな~。

いやね、私、別んとこでマニアックなブログ小さくやってたのですが、4月にやめたんです。そのマニアックな話は、ゆえあってこちらには載せられなくて(^_^;)でも、だんだんこっちのブログと並行してくのがめんどくさくなってしまって、終了したのです。
そしたらどうですか、あなた。
普通にこっちも書けなくなってました。不思議ですねえ~。
気持ちはそっちメインだったのかもしれません。

好きなものを好きという気持ちは大切ですよ。ホントに。

まあ、終わった事を四の五の言っても仕方ないですからね。
さ、更新更新。
とにかく続けてりゃなんかに当たる!多分!
おっと、ブログも案外なんも考えてないじゃん!あたし!
他力本願なう(爆)
(ト)

溜まりに溜まった有給の消化を兼ねて、岩手県の被災地の方へボランティアに行ってきました。

活動に参加するにあたりお世話になったのが、岩手でも内陸に位置する遠野市というところを拠点にしている遠野まごころネット。個人のボランティアの受け入れ態勢が整っていて、また寝泊まりする遠野市が震災の被害にほとんど遭っておらず町の経済活動もほぼ通常通り機能しているということもあり、なかなか気軽に活動に従事することができました。

実際の現場の光景や被災された三陸沿岸の方々の話は勿論シビアなもので、それを率直にこの場を借りて伝えるべきなのかもしれませんが、幾ら言葉を尽くしても、肝心なことはなかなか伝わらないのではないか、むしろ誤解を招いてしまう危険性すらあるのではないかと思うところもあり、かなりの困難を感じている、というのが正直なところです。

ここでは、長女のコロ7歳に送った携帯メールの文面をベースに、平仮名で書いたところを漢字に直す程度の改訂を加えたものを以下に挙げるという形で、ボランティア活動の報告に代えさせて頂こうと思います。

6月2日(木)
お父さんは今日、河原の広場に車を停めるところを作るための線を引くお仕事をしました。津波がギリギリ届かなかったところなので、河原には木がたくさん生えていて、鳥が鳴いています。河原で食べるお弁当はとてもおいしかったですよ~。

6月3日(金)
今日は子どもたちのアンケートをパソコンに入れるお仕事をしてきました。
小学四年生以上の子たちへのアンケートだったので、コロちゃんと同い年のはなかったけど、みんななかなか面白いことを書いていましたよ。

6月4日(土)
今日は、釜石という港町の海のそばにある神社のまわりのお掃除をしてきました。
このあたりはまだまだ津波でながされたゴミとかがたくさん町に残っていて、商店街も一階はメチャクチャになったままです。
津波はもう来ていないけど、津波の被害はまだまだ片付いていないんだなぁ、と思いました。

6月5日(日)
お父さんは今日も働きましたよ~。
今日は避難所に住んでいる人達に肩たたきのようなマッサージのようなのをするために、大船渡という港町に行きました。
大船渡には前に出張で行ったことがあるんだけど、あまりの町の変わりようにとても驚きました。
避難所のお年寄りには、肩たたきはとても喜んでもらえて良かったです。
明日もおなじお仕事をする予定です。

6月7日(火)
今日は、大槌という町の避難所に行って、またおばあちゃんたちに肩たたきみたいなのをしてきました。
おばあちゃんたちが津波から逃げた時の話を聞いたりして、本当に大変な災害だったんだなぁ、と思いました。勿論、町はグチャグチャになったままです。

6月8日(水)
今日は、津波で一階が流されたおうちの片付けをしに釜石まで行ってきました。
今日一緒にお仕事をした人達の中には、アメリカから来てくれた人達もいました。
前に釜石の神社でお仕事した時に一緒だった人には、ドイツや香港から来てくれた人達も。
いろんな国の人がこの地震と津波のために日本に助けに来てくれていて、本当にありがたいことだなぁ、と思います。

6月9日(木)
今日は今泊まっている遠野という町を見てまわってから東京に帰ります。遠野には、カッパが出ると言われている池があるんだよ。

...とまぁこんなところで、最終日は遠野市内の観光をしてから東京に戻って来ました。ボランティア活動中も夜は柳田國男の『遠野物語』を読み耽っていたので、観光もなかなか楽しめました。っていうか、正直時間が足りず、幾つか気になっていたスポットには行けずじまい。機会があれば是非また訪れたいと思います。

遠野から三陸の沿岸までは、車を使っても1~2時間くらい掛かるのですが、歴史的にも両地域は繋がりが深く、沿岸で被災されたお年寄りの中には母方の血筋が遠野の出だとか自身が遠野から嫁いで来たと仰る方々がザラにいます。遠野に興味を持ち居心地の良さを感じてしまった身としては、必然的に三陸の復興にもコミットせざるを得ないのだろうな、と覚悟をしています。

とは言え、震災の被害に遭ってしまったのは岩手県だけではありません。次はこの夏休み辺り、別の地域に全く別のアプローチを家族ぐるみで試みようと画策中です。キーワードは勿論、

打倒風評被害!

乞うご期待。

(青)


(ネタばれあります。あくまで超個人的備忘録です。悪しからずご了承ください)
'spot'2011.3.9-6.3

とうとう、とうとう行ってきました。神の独り舞台、SPOT。
チケット苦労して苦労して、取れたのが横浜公演。まあうちからだと、東京公演でも片道1時間はかかってしまうので、横浜でもあんまり変わらないんですね。賢太郎さんも「これを機会に、行ったことのない土地での鑑賞もいいですよ」って言ってましたんで、忠実に実行してみました。
しかも5月29日。横浜公演千秋楽。なんと誕生日だったんですよ。私の。我が家の誕生日、再三お伝えしているように、大人は「セルフプロデュース」。自分で接待するんです。ですから本日は、青空君にも許可を得て、子供を預けて、不良主婦、ひとり雨の元町へ。

まずは予備知識として、「SPOT」の、意味ありげな意味から。

【名詞】
(特定の)場所,地点.
(感情・気持ちなどの)点,所,個所.
(周囲と違った色の小さな)ぶち,斑点(はんてん), まだら.
(人格の)きず,汚点 〔on,upon〕.
《英口語》 少し,少量,ちょっぴり 〔of〕.
(順番などの)順位,位置; (番組の)出番.
(放送番組の中の)特別コーナー.
職,地位.
《口語》 (放送番組の間に入れる)短いニュース[広告(など)], スポット.
スポットライト.
《主に米国で用いられる》 2から10までのトランプ札.

【動詞】
〈…を〉(点々としみをつけて)よごす; よごれる.〈…に〉斑点をつける,〈…を〉ぶちにする.
〈…を〉見つける,見抜く,見分ける.
〔+目+副(句)〕〈…を〉(…に)配置する.

【副詞】
《英口語》 ちょうど,かっきり.

(研究社 新英和中辞典 アヤシイ意味のみ抜粋)
なるほど。
これら、踏まえた上で。

いやいやいやいや、ホント素晴らしかった。
向こう10年分くらいの感動をいただきました。

オープニング「スポッ…と」でまずため息。
それから、小林賢太郎みずからのスポットライトさばきによるタイトルロール(ロールじゃないけど)。
パンフレットにもありましたが、王様はホントに、舞台を遊んでいる感じ。でもこれは完全に演出ですね。スポットはギリでダジャレ使用。「お持ちですか?」には死ぬほど笑いました。
めっさカッコイイ手品で始まった今回のアナグラムは、ことわざ。大変ドラマティックな展開で、ちょっとはらはらしました。
「ない」も笑ったな~。『小林賢太郎TV2』の「ない」もかなりよくできていましたが、とにかく作りこんでました。
作りこんでいるといえば、今回一番作りこんでいたのではないでしょうか「うるう人」。
笑えるのに悲しい、それはそれは悲しい話でした。そしてなにより、見事…。この日何度目かのため息です。
意外とお医者さんもよかったです。意外とと言うのはおこがましいですが、あの無限ループに、私自身も迷い込まされた感じです。観終わって、あの灯台を何時間もぐるぐる上ってたような疲労感を感じました。そんで、いそうだもんあんなお医者さん。演技者としての小林賢太郎も、やはり神。
ハンドマイムはNAMIKIBASI撮影のみ(^-^)オール小林賢太郎制作でした。
最後はなんとなく予想はつきましたが、本当にきれいにまとまっていたので、全てOK。
夢のように美しく、完璧な舞台でした。

もちろん横浜千秋楽もスタンディングオベーションです。
どんなに拍手してもし足りないほど、惜しみない拍手を送りました。
もう一回観たい!いや、何度でも観たい!
今度こそ、是非DVD化してくれ!
全く、二の腕にアリがたかる思いです。
…ないけどね。

超余談:
さだまさし大泉洋も絶賛の模様。納得。
(ト)

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。