*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


数日前に青空くんが紹介してましたが、
タイのルークトゥンという音楽ジャンル!
すごいです!
ぶっ飛びます!
一度聴いたら忘れられないメロディ。
ばかばかしいほどの大掛かりなPV。
驚異のカメラ目線。
これは、ちょっと画も音もよくないですが、
タイのルークトゥン界の女王、
アパポン・ナコンサワン。
けっこうなお歳そうなのに、
女前面に出してます。

そしてこれ、何がすごいって、
アクセス数が302,950件('11.2.26現在)って!
30万越えって!
すごくね?
ループ必至!
まあとにかく見るのみです!
(ト)

スポンサーサイト

去年の話ですが、3人の旧友から連絡をいただきました。
そのうちの、
1人は4年ぶりに、
1人は10年ぶりに電話をくれ、
もう1人は12年ぶりにメールと15年ぶりの再会まで果たしました。
全員男子です。
これは自慢話ではありません。

異性の友人というのは難しいものです。
特に、青空君とも知り合う前の友人で、
私も子持ちの状況、となると、
誘われてもそうそう気さくに飲みにも行けません。
青空君はカスピ海のように広い心(微妙)を持ち合わせているので、
「行ってきたら」と言ってはくれますが、
こちらサイドがどうにも…。
同級生とかなら、大勢が集まったりして
なんかワイワイ楽しそうですが、
そういうんでもないし、
しかも、サンザン飲んだくれてた
私のイタい油断時代を知られる異性と、となると、
なかなか旧交を温める気分、というところにまでは至れません。
自分でも、オトナゲねえなあと思うのですが、
これ結構、珍しくない話だと思います。

さて。
おととい、昨日と続けて、ママ友会合に出席しました。
おとといのは、児童館時代(つまり幼稚園の前)、
まあ比較的最近ではあるものの、1?2年ぶりの再会でした。
大人9人、子供6人の総勢15人!!
1人、ものすごい集客力をほこるママがいて
こんな大所帯となりました。
みんなでお米持ち寄って、アウトサイドロール作って、
ただただ美味しく、楽しい集まりでした。

結婚して、子供なんかできちゃうと、
しがらみや
体裁や
守りの体勢や
昔はなかったいろんな雑念が増え、
無邪気なお付き合いというやつがしにくくなるのです。
世の中、気の合わないヤツもいれば、
仲良しになれる人もいるように、
旧友にも、残念なことではありますが、会いにくい人もいるのです。
前出の3人の旧友たちから連絡をもらった時、
正直、ホントに嬉しくて、懐かしくて、
すぐにでも会いたいと一瞬思いましたが、
それをする程にはもう若くない。
でも、友人であるということそのものは事実ですし、
その事が、この弱い1人の人間の支えと成りうるのです。
何年経っても連絡をくれる友人がいるという事だけでも、
私は相当恵まれていると思うし、
その支えに、逆に自分がなれる可能性だってあるのでしょう。

今、ぐわーの幼稚園では相変わらず数人に
ガン無視かまされっぱなしです。
でもそれは私の全てじゃない。
こんなヘタレな私にも
居場所がちゃんとあるのだなあということは、
会えない友人と話す時に、
久しぶりでにぎやかに食事する時に、
昨日のいつものコロの幼稚園ママ友の会合で
ひとり息巻いて愚痴をぶちまけている時に、
実感する事ができます。
それでいいはずなんですが、
なかなか割り切れるまでに時間がかかります。
ザ・マイナス思考。それがこの俺。
意識しないと治らんぞ、と、青空君にも言われます。
いちばん身近な、身のある友人です。

蛇足:
もし。
もしですね、
私が男で、昔の女友達が連絡してきたなら…と考えると、
状況は一変すると思いませんか?
…。
ね。
まあ、いろいろ気をつけましょう。老婆心ながら。

と、
なんだかかき回しちゃった感もありますが、
なんしか、友達、いいもんですよ。
という話です。
せっかくなんで、この場をお借りして。

ありがとう友よ。
また飲もうぜ。
(ト)

追伸:
旧友のミナサマ、
わが家に来ていただけるなら、大歓迎でございます!
タイ料理、インド料理、沖縄料理、
イタリアン、中華、ベジタリアン、
ツマミなり食事なり、何でも用意いたします。
忘れずに手みやげご持参の上、お越しいただけるのを
家族一同、お待ちしておりますm(_ _)m

寝るときの話。
青空君は年がら年中、
Tシャツにトランクスのみで寝ています。
このくっそ寒いのに、
その格好で、朝方うっすら汗ばんで起きる事すら
あるそうです。
ちなみに青空君は
デブではありません。

でも、布団の中は裸の方が暖かいとか
よく聞きますよね?
山で遭難したら、
裸でシェラフに入った方があったかい、みたいな。
ずっと勇気が出なかったのですが、
先日、思いきって、パジャマの上だけで寝てみました。

サブくてサブくてサブくてサブくて熱出そうでした。
1時間しないうちにくじけて下はきました。

何でだろ?
代謝のせいか!?
オーバーフォーティは発汗しないのか!?!?
海は死にますか!?
山は死にますか!?
風はどうですか!?

…。
そんな訳で今日も湯たんぽなんですが、
またコイツがクセモノ。
足の上にしたらいいの?
下にしたらいいの?
口笛はなぜ遠くまで聞こえるの?
あの雲はなぜ私を待ってるの?

ううう?、
こちとら末端冷え性なんじゃい!
誰か足を覆える湯たんぽを開発してくれい!!
(ト)

最近ハマッてるのが、サッパリ読めないタイ文字をコピペしてYouTubeでタイポップスの動画を検索して観ること。日本にもかなりのマニアの方々がいて、タイの歌手を紹介してるサイトで歌手名をタイ文字でも表記してくれているやつが幾つもあるので、素人のオイラにとっても大変ありがたい。

そんな日々の中、すんげーかわいいタイの歌姫を見付けました!



名前はカテー(Kratae)ちゃん。こんな可愛い顔して、何と元プロのムエタイ選手だそうです。

今度タイに行ったら絶対VCDとか買うぞー♪

(青)


紆余曲折を経て、エジプトのムバラク大統領がとうとう退陣に追い込まれましたね。今後エジプトの政治体制がどうまとまっていくのかについては一抹の不安も感じますが(ほら、原理主義系の組織が主導権を握っちゃったら、それはそれでヤバそうでしょ?)、まずは歴史の一ページを確実に飾るであろう偉大なる一歩に大きな拍手を贈りたいと思います。

さて、市民の民主化要求活動の中心地として日本のメディアでもしばしば取り上げられていたタハリール広場が、この数週間どのような状況だったのかを伝える面白い記事を発見しました。

Egypt: The camp that toppled a president

英語の記事なんて読めないからあたしには関係ないわ、なんて言わないで、そこの奥さん。冒頭のタハリール広場の俯瞰画像には広場内の各所に設置された施設を紹介するリンクが貼られていて、それだけでもなかなか見ごたえありますぜ。

で、具体的にどんな施設があったのかと言うと、例えばスピーチのためのメインステージとか徹夜組が泊まるキャンプサイトとかはまだ思い付きそうなとこだけど、他にも診療所や薬局、水場に食べ物の屋台、壁新聞にネット活動家の拠点、果てはデモに参加したいお母さんのための臨時保育園なんてのもある。また、そもそもカイロ市内では行政によるごみ収集の仕組みが整っていないのに、ここタハリール広場ではデモの参加者が自発的にごみの分別収集を行っているんだとか。ちょっとしたひとつの小社会。日本でイメージするなら野外フェスの会場ってのがもしかしたら一番近いかもしれません。

そんなタハリール広場のありようには、個人的にはハキム・ベイ言うところの「一時的自律ゾーン(TAZ)」的なゾクゾク感が想起されて非常に興味があるんだけど、一方で災害ユートピアのような危うさをも嗅ぎ取ってしまうというのが正直なところ。日常生活に戻ってしまえば元の木阿弥、独裁者が去ってタガが緩んだ分、エジプト社会が混乱の度合いを増してしまうんじゃないか、ってね。

いずれにしても、ムバラクの退陣はゴールなのではなく、むしろそここそがスタートライン。タハリール広場で奇跡的に成し得た自律性が、今後のエジプトの国づくりに活かされることをただただ祈るのみです。

(青)

智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。

『草枕』


漱石先生は
頑固者で
神経衰弱で
内因性うつ病で
人付き合いが苦手で
胃潰瘍だったそうです。

なんだか他人事ではないですな。

いろいろメンドウだな?。
生きていくのもメンドウだ。
だけど死ぬのもメンドウだ。
ああ メンドウだ。

さて、ビールでも開けるかな。
(ト)


どうしてこうもヒネクレた生い立ちなのかとも思いますが、昔からオイラは、がんばれという言葉が大嫌いでした。時と場合にもよるけど、大概は大きなお世話だ放っといてくれマザーファッカー、って気分になってしまうんですわ。

高校ぐらいの時の友人で別れ際に何故か“がんばって”と声を掛けてくれる人物が二名ほど(男×1、女×1)おりまして、いずれも当時は結構仲の良い友人だった分、その点に関しては今思い出しても腹が立つのですが、一方でその当時の自分が傍から見てても既にがんばる感に欠ける人間だったのかもと思うと、何だかしてやったりという感じでもあります。

まぁね、小一で交通事故に遭って以来どうがんばったって運動会のかけっこで一等賞になんかなれなかったし、中学に上がってからは色々楽しく遊んでてがんばるどころじゃなかったんで、二人の兄が通ってた進学校なんか箸にも棒にも掛かるわけもなく、学区内の偏差値ランキングで言ったら3つ下のサエない公立高校に何とか入れたってくらい。這う這うの体(ほうほうのてい)で大学に進学するも、ロクに勉強もせず酷い成績だったところに追い打ちをかけるように降ってわいたバブル崩壊→就職難で新卒での就職もままならず。結局20代は今で言うところのニート状態に片足突っ込みつつ無い金と知恵を絞って遊び呆け、30代をまるまる掛けて何とか社会復帰らしきところまで漕ぎ着け、さて今年はいよいよ四十路といった今日この頃。やっぱりどう見てもがんばる感に欠ける半生ですわな。

がんばれと言われることの何がイヤって、その言葉を発している人物から無用な期待を抱かれているのではと思わせるその響き。“がんばれ”という言葉の前に“?のために”のニオイを嗅ぎ取ってしまうともうダメですね。だいたいお前の期待に応える自信なんかこれっぽっちも持ち合わせていないのに、何でオイラがその何々のためにがんばらなあかんねん、お前もがんばれよ、ってなってしまうわけですわ。

結局さ、他人の期待とか評価とかが気になっちゃってそれに応えようとして、うまく歯車が回ればOKなんだろうけど、どこかで空回りしちゃうと結局自分も相手もお互いバッドに入っちゃったりする。そんなことになるくらいなら、他人の期待や評価はそれはそれとしてどこか心の端っこの方にそっと追いやっといて、あとは自分が自分にとってよかれと思うことに邁進すればいいんじゃないか、と。自分にとってよかれと思うことってのは、俺的には巡り巡って必ず自分の好きなこと、楽しいことに繋がってると思ってるから、傍から見ててがんばってるように見えても自分自身にはやらされてる感は無い。まぁ若干は希望的観測も入ってるけど、そんな感じで生きてけたら良いなぁと思う今日この頃だね。

まぁ母ちゃん、とりあえずこれでも聞いて元気出そうや。

(青)





東京も雪が舞っておりますが。
先月の電気はこんな感じ。

●期間 : 11年1月6日?2月3日(29日間)

●電力使用量 : 221kWh

●CO2排出量 : 81.328kg

まぁこっちはそんなにビックリするほどじゃないわな。
それから都市ガスの方。

●期間 : 11年1月13日?2月8日(27日間)

●都市ガス使用量 : 70立方メートル

●CO2排出量 : 145.60kg

いやー、キタね、冬の暖房地獄。すげー量。

(青)

中学の時にバスケ部に入っていました。
私は天然の運動音痴なのでマネージャーでしたが、
仲良しのTちゃんが部長でした。
この人は背は小さいけれどジャンプ力と足の速さに突出していて、
人一倍ガンバリ屋さんでした。
印象的な出来事がありました。
ある試合で、ゴール下でディフェンスをしていると、
ボールを持っていた敵の選手に突進されました。
ぶつかられても耐えて立ったまま姿勢を保つと、
ファールを取られました。
なんとTちゃんにファールです。
顧問の先生に、後でこう言われました。
「おいT、あそこ、耐えなくていいからな。
 頑張るとファールになっちまう。
 ああなったら、倒れちまえ」
ぶつかられたのにファールになるのです。
ボールを持っている人が無条件で優位になるケースで、
これは珍しくない事なんだそうです。

この話は、たとえ話です。

私は、この1年、ずいぶん我慢して、
幼稚園の役員の仕事をしてきました。
会長が、やりたがりな割に何もしない人だったので、
副会長である私は、みんなにやり易いようにと
いろいろ頑張ってきました。
みんなで仲良くやりたかったので、
会長の悪口は一切言いませんでした。

そしたら、
みんなは会長の味方だったみたいで
私が主導権を持っていたのが
ずいぶんやりにくかったらしいと
この年度末にきて初めて知りました。

頑張っても、ファール取られることがある。

人生にも公平なジャッジがあればいいのに、
やはりそう割り切れないのが人間です。
嫌われてまでやる仕事じゃありません。
無償ですからね。
苦労して、嫌がられて、
いいことなかったな…。
ホント勉強になりました。

来年度はおとなしく過ごそうと思います。
(ト)

こんな名言があるそうです。

売れているものが良いものなら、世界一うまいラーメンはカップラーメンになっちゃうよ。

これはほんとはそうではなくて、もっとストレートに

売れているものが良いものであるなら、世界一良いラーメンはカップラーメンである。

...と言うのが正しいのだと思います。

仮にここで、カップラーメンの代表格として日清カップヌードルを、比較対象としてどこぞの街角の有名ラーメン店のラーメンを、それぞれ挙げることにします。

1.簡便性
カップヌードルであれば、どこの街のスーパーやコンビニでも普通に販売されており、お湯さえ確保できれば家庭やオフィスのみならず、屋外でも食することが可能です。
(片や有名ラーメン店でラーメンどんぶり片手に店の外に出ようとすれば、頑固なマスターにブン殴られること請け合いです。)

2.低価格
価格.comの検索結果によれば、1個あたり概ね100円強、多めに見積もっても200円以下に抑えられています。
(有名ラーメン店のラーメンなら、一番安いものでも600円は下りません。量との兼ね合いを考えても、価格の差は2倍3倍じゃあ効かないでしょう。)

3.アクセシビリティ
これは上記の1及び2の結果とも言えなくもないですが、カップヌードルは今や世界80ヶ国以上の国々で食されているそうです(この辺りのサイトを適当に追っていくとそんなことが書いてあります)。つまり、それらの国に行って日本食が恋しくなった時、例え日本料理の店が無くてもカップヌードルなら食べられる可能性があるわけです。
(有名ラーメン店のラーメンを食べるために行列に並ぶのとは、雲泥の差ですね。)

ちなみに、インドネシアで販売されているCUP NOODLE RASA AYAMという銘柄は、イスラムの戒律に即したハラール食品として登録されている商品なんだそうです。
(チャーシューがガッツリ入った有名ラーメン店のラーメンじゃあ、イスラム圏も含めたグローバルな展開はなかなか難しいですよね。)

以上を以て、世界一良いラーメンは日清カップヌードルであることが証明されました。
ばんざーい!

上記の名言、残した人物のキャラから想像するとシニカルさに欠けるんじゃないかという印象がありましたが、そこはそれ、実は物凄くストレートな主張だったのかもしれませんね。

(青)



青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。