*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちの実家の石油ファンヒーターは
3時間で自動的に消えることになってるらしく、
時間が来ると、お知らせメロディが流れます。
それが「ラブミーテンダー」。
エルビスもびっくりです。
彼も、よもやこんな極東の片田舎で
電子音で流されてることは想定していなかったことでしょう。
草葉の陰で泣いてるかもしれません。
合掌。

それでは、よいお年を♪
(ト)

スポンサーサイト

不良母ちゃんは、
子供たちをお風呂に入れてやり、
パジャマに着替えさせてやり、
大好物のハーブチキンとしずくちゃんのビデオを残し、
おばあちゃんに介錯を託して
長野の街に繰り出しました。
雨の中。

今日の宴は、小学校の友人2人です。
途中から偶然別の友人も合流し、
最後はM-1とさかなクン談義で
めちゃめちゃ盛り上がりました。
なんだそのアラフォー飲み会!?
飲み屋で結界できてたかもね。

でも、
昨日のブログでも書きましたが、
気の置けない友人との飲み会はいいもんです。
プライベートはみんな別々、
独身あり、ディンクスあり、バツいちありですから
それぞれ、口にできない胸に秘めた思いもあるでしょう。
でも、もう気を使ったりする必要がないのです。
古い友達ですからね。
壊れてもきっと何度でもまた会える。
こんな1年ぶりの邂逅でも
ただ楽しく飲めるのです。
ほんとうに幸せな時間でした。

今頃みんな、会社の納会で
また散々飲まされてるんだろうなあ(^ー^)
ありがとうTちゃんMちゃんNちゃん。
一生飲もう♪
(ト)

今年、家族のクリスマス会は
25日土曜日に開催しました。
コロはDSで「ココロのちず」をヘビロテし、
ぐわーは目の前のチョコフォンデュを
泥棒ひげができるほど堪能しました。
でもやっぱり、プレゼントもらった後となると、
子供たちの高揚感も若干消沈、
メインのチーズフォンデュが終わると、
7時前にはお開きみたいな雰囲気になってしまいました。

「福造呼ぶか」
福造とは、近所に棲む、40歳独身の、青空トランプ共通の友人(男)です。
「でもお弟子さん(彼の友人を私たちはそう呼んでいます)と
 飲んでんじゃない?」
彼にはお弟子さんが山ほどいるのです。
人望の厚い、40歳独身。
贅沢?。
「一応メールしてみるわ」
果たして彼は1時間後には乾杯の席についていたのでした。
ご丁寧に子供たちにプレゼントまで持って。
クリスマスにすぐ来れる、40歳独身。
サンタか。

子供たちも一人殉職、また一人殉職と
どんどん寝ていく中、
悪い大人の議論は白熱しました。
久々に青空君以外の人を交えた飲み会に
ずいぶん楽しい思いをさせてもらいました。
唐揚もポテトも炊き込みご飯もフルーツもチョコレートも
きれいになくなりました。
翌日から帰郷を控えた身としては
残った野菜もまるっと引き取っていただけましたし(^ー^)
ありがたい。
料理上手な40歳独身。
花嫁修業中。

なんにしろ、旧友はいいですね。
気兼ねなくて。
私がノーメイク・ノーブラで会える
数少ない友人です。
さて、福造。
来年はいよいよ厄年突入ぜよ。
いい話聞かせてくれい。
来年もよろしく。
(ト)

今年のクリスマス。
コロは「小さいテレビのついたカラオケがいい!」
また厄介なお願いを…(^_^;)

そして青空サンタさんはとんでもないものをくれました。
DS!
そして「大合奏!バンドブラザーズ」!
予算は完全にオーバーです!
でもこれ、
カラオケもできて、
演奏もできて、
すげー種類の楽器の音色も出て、
作曲もできて、
それネットにも載せられるんだって。
ヤバイ!
そりゃ、あたしのおもちゃだわ。

毎年サンタは夜中に鈴を鳴らしてくれます。
それを合図に、うまいことやってプレゼントを置こう!
などと、毎年画策するのですが、
いつもありえないほどディープに眠りこけていて、
サンタの苦労はあんまり意味ないのです。
まあ企画はただ楽しいので、
一応今年も予定だけはして、
サンタにすべてを託して、コロとぐわーと寝ました。

するとなんと、夜中の1時過ぎ、
コロがパチッと目を覚ました!!!
「あれー、これなんだろ」
寝ぼけまなこで袋を開けます。
「私こんなの頼んでない!」
ええええええええ!?
マジかよ!

…コロは、DSを知りませんでした。
まあ、知っていたところで、
これがカラオケだとはわからないでしょうね。
「コロ、明日の朝確認しようよ」
承服できない娘をなだめ、
何とか寝かしつけて、朝が来ました。

いつになく早起きした娘は、
DSを持って、パソコンやってた私のところにやってきました。
一個一個設定し、説明書を読み…。

ようやくコロのご機嫌回復!
「これ、楽しすぎる?♪」
ほ。
サンタ面目躍如です(+_+)

起きてきたサンタに聞くと、
今年はめんどくさかったので、ただプレゼント置いたんだって。
あっぶね?。
時間ちょっとずれてたら、完全にばれてたな、サンタの存在。

しかし、とうとうDS時代が到来です。
細々とチャレンジ一年生のパソコンゲーム(もちろん学習ソフト)を
やらせてお茶を濁してきましたが、
ハードがありゃ、ソフトもほしいよね…。
まあ、ルールきちんと決めて、
上手に付き合っていかないとね。

ちなみにぐわーは、嫁サンタが決めた、
「アンパンマンぴょんぴょん育脳マット」。
しかしこれ、全然食いつかず…(;_;)
…長い目で見ましょう。
(ト)

前回に引き続き性や生殖の話題。今度はね、同性婚に関して考えてみるよ。

何となくね、俺的には同性婚の合法化ってのは、遺産の相続とかに関わるテーマなのかと思い込んでたんだけど、サンデル本では例えばシビル・ユニオン(民事統合)とかドメスティック・パートナーシップ(同棲/内縁関係)というキーワードを挙げていて、そのような話は米国では婚姻制度を持ち出さなくても充分解決済みだとの認識が示されているんだよね。

で、最終的にサンデルは、マサチューセッツ州最高裁判所裁判長であるマーガレット・マーシャルの判決文を引用しつつ、意外にも同性婚に対して肯定的な意見で議論を締めくくっている。それはつまり、生殖行為を支えるための制度としての結婚の意義付けから更に広がり、当事者双方が独占的で永続的な関わり合いをし、それを公に認証するものとして結婚という制度を捉え直しており、それが異性間でも同性間でも変わらないと考えているってこと。

でもさ、そういう結論の付け方って、俺的には何かスッキリしないんだよ。当事者相互の独占的で永続的な関わり合いとそれの公的な認証が結婚制度の本義で、それに基づいて同性婚を可とした場合、それなら同じ理由で一夫多妻や一妻多夫、或いは近親婚なんかも可能になるのでは、って思っちゃうんだけど。

きっとさ、生殖行為に沿った制度としての結婚から飛躍する際に、何かしら想定外の要素を伴っちゃうような気がするんだわ。んで、その想定外の要素を認めることが難しい以上、そもそもの飛躍を認めることも難しくなる。結局、ここは保守的に、ある程度は生殖行為を前提にした形で結婚制度を捉えざるを得なくなる、と。勿論、だからと言って望みつつも子宝に恵まれない夫婦を否定するつもりは全く無いのだけど。

ちなみにサンデル本では、あらゆる種類の結婚の承認をしないが、その役割を民間団体に委ねる、つまり結婚制度を“民営化”するという、至極リバタリアン的なアイデアも出て来てて、勿論そんなのは実例は無くてあくまでも空想の話なんだけど、そういうアイデアが出てくるってだけでも、流石はメリケンだなぁ、と妙に感心してしまった次第。全然同意はできねえけど。

はい、そんなわけで、今回もモヤモヤッとおしまい。次回はサンデル本でも取上げられていなかった性転換と戸籍上の性別について、独自に議論を進めてみたいと思いまーす。

(青)

ジワリジワリと増えてきた。

●期間 : 10年11月10日?12月9日(30日間)

●都市ガス使用量 : 35立方メートル

●CO2排出量 : 72.80kg

ま、これからの季節、やむを得ないと言ってしまえばそれまでだけど。

(青)

下ネタじゃないよ。

今更ながらようやく読み終わったマイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学』、最後から二番目の章でも考えさせられる話題が色々あったのよ。しかもそれが、ことごとく性や生殖にまつわることだったりして。

そんなわけで、今宵はまずは妊娠中絶の是非について考えてみようかと。

サンデルの本の中では、妊娠中絶の是非を問うためには、リベラリズム的な中立性と選択の自由という考え方のみに基づいていては不充分で、議論を進めていくうちに必ず胎児の道徳的な地位について考えざるを得ない、としている。そして、受胎の瞬間から胎児は人であるとするカトリック教会の教えに対し、リベラルはいかなる反論が可能なのか、と問うているってわけ。同様の議論は、ES細胞に対しても繰り返されている。

(今更ですが、サンデルの立場はコミュニタリアン、日本語に訳すと共同体主義ってやつね。)

そんな議論を踏まえたり踏まえなかったりしつつ、何となくこんな2つのケースを思い浮かべてみた。

【ケース1】
レイプの被害を受けた女性がそのことによって妊娠してしまった場合の中絶は許されるか。

【ケース2】
第一子に男の子を望んでいたのに出産前に胎児が女の子だと分かってしまった場合の中絶は許されるか。

極端な例で申し訳ないんだけど、前者はまぁ妊娠中絶の議論の例としてはありがちな話だし、後者は例えば一人っ子政策が布かれている中国とか、法律で禁止されていてもなお持参金の風習が根強く残るインドなんかでは決して珍しい話ではない。

話を整理するため、まずはこの夏話題になった『東洋経済』誌の哲学特集の4つの象限を思い出してみましょうか。

政治哲学の4象限

いわゆるリバタリアンならきっと何も迷うことなくどっちもOKでしょ、って言えちゃうだろうし、逆にキリスト教原理主義者みたいなバキバキのコンサバだったら理由はどうあれ妊娠中絶なんぞ言語道断、って話になるわな。この辺りはまぁ分かり易いね。

この場合、コミュニタリアンのスタンスはコンサバに近いところにあるんだろうけど、サンデル本での議論を読む限りでは、若干のゆとりと言うか、情状酌量の余地はありそうな気が何となくするんだわ、気のせいかも知れないけど。

んで、『東洋経済』誌のチェックシートでの判定では、俺は、リベラルってことになってるので、それを意識しつつ話を進めてみるね。

基本的には、俺は妊娠中絶に対しては反対はしていなくて、ケース1に関しては全然ノープロブレム、このケースで中絶の権利を認めない奴はむしろ馬鹿だ、くらいに思っていたんだけど、ケース2とか、もっと極端なところで胎児が障害を持っていることを出産前に知ってしまった場合なんてのを想像すると、途端に思考停止に陥ってしまうんだよ、正直なところ。

(障害を持つ子は間引いても構わないなんて考え方は、優生学的思想そのものじゃん?)

結局ね、ケース1とケース2との間に人為的な線引きをすることは可能か、ってことになるんだと思う。つまり、ケース1の場合は中絶OKで、ケース2の場合はNGって判別を誰がするか、ってこと。でもそれって、いわゆる裁判だよね?ケース1の場合だとまずそれがレイプによるものであることが公式に判定されなくちゃダメだし、裏を返せば、ケース2の場合でも何とか巧く誤魔化してレイプであるって認められちゃえばOKになっちゃう。それに、判定が下されるまでに時間が掛かり過ぎちゃって、とてもとても間に合わない。ダメだこりゃ。

んで、だ。

人為的な線引きが難しいってなると、あとはもう、妊娠中絶は是か非か、ってところに結論を出すしか手がなくなる。そんで、正直言えば俺はその結論を出せずにいるんだよ。

まぁね、子供が欲しいわけでもないのにナマでヤッといて、孕んじゃったけど産む気がないから堕ろしちゃう、なんてのは俺的にも言語道断。ゴムくらい着けろや、馬鹿たれが。

ちなみに妊娠中絶については、名著『ヤバい経済学』でも妊娠中絶の合法化と治安というこれまた新しい観点で論じているので、興味のある方はご一読を。結構ブラックだよ。

尻すぼみなままだけど、この話はこれでおしまい。次回は同性婚について考えてみたいと思います。

(青)

じわりと増えてきた。

●期間 : 10年11月5日?12月5日(31日間)

●電力使用量 : 223kWh

●CO2排出量 : 82.064kg

何しろ新旧二台のコタツが頑張ってるからね。

ちなみに、暖房設備としてはコタツは結構効率がいいんだよ。詳しくは、“新コタツ文明”のキーワードで検索してみて。

(青)

私には音響の何たるかはわかりませんが、
理詰めの音楽より
魂の動かされる音楽にたゆたっていたいのです。
最近たどり着いた、
フラメンコギタリスト・沖仁。

超絶のギターテクに
萌え死に寸前です!
あまりの早さに、右手が溶けてバターになるうぅ?
(ト)

人間には二種類しかない。
「耳の後ろのくぼみに垢のたまる人」と
「たまらない人」だ。


という名言がありますが(妄想)、
あれ、なんでしょうね?
うちの子供たち二人とも、
垢のたまるタイプなんです。
毎日、かなり意識して洗ってるのに、
耳の後ろだけ、
あり得ないほどざらざらなんです。

青空君に
「子供って、耳の後ろすげー垢たまるね」と言うと、
「俺もだよ」と言われて
ヒきました。

うむむむ、そうかあ。
私、生まれてから一度もその場所に垢たまったことないなー。
あれ、けっこうショックですよ。

あなたはどう?
こんなこと、ツイッターにつぶやいとけ?
…おっしゃる通り!
(ト)

きっと嫁には「よく分かんねえよ」って言われるんだけど。

俺が音楽を聴く時って、結構歌詞なんかどうでも良かったりする。実際、インストものを聴く比率は普通の人に比べても多いと思うし、歌が入ってるやつにしたってそれがメインではないものばかり。

じゃあ何聴いてるのよ、って問われたら、ズバリ“音響”なのだと答えたい。

映画美学校での講義を収録した『憂鬱と官能を教えた学校』の中で、菊地成孔は音楽の要素を以下の2つに分けている。

 ・音韻 : 音楽の要素のうち記号化できるもの 例.楽譜に残せる情報
 ・音響 : 音楽の要素のうち記号化できないもの 例.ホールの響き、楽器の響き方

んで、俺が感覚的に心魅かれるのは、圧倒的に個々の音楽の音響的な要素ってわけ。正直、楽譜に落とし込めるような意味でのメロディーとかリズムとかハーモニーとか、いわんや歌詞とかなんか、あんまり重要じゃない。

どういうことかって言うとさ、例えばこの曲。



この曲の1:10頃から始まるブルースハープのソロなんざ、音の響き具合が凄過ぎちゃって、歌自体は“俺はただお前とヤリたいだけ”なんて下世話な内容なのに、ある種のスピリチュアリティすら感じてしまう。職場からの帰路、秋の夜風に吹かれながらこの曲を聴いていると、マジでじんわりと眼がしらが熱くなる。

ちなみにこの曲、歌とギターはマディ・ウォーターズで、ブルースハープの方はリトル・ウォルター。中心地がシカゴに移った頃のブルース・ミュージックの、“モダン”になる直前のギリギリ荒削りなナンバー。これに比べりゃさしものストーンズだってタダの青二才だね。

(青)





あまり変化はないのだけど。

●期間 : 10年9月28日?10年11月25日

●水道使用量 : 28立方メートル

●CO2排出量 : 19.628kg

(青)


青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。