*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここんとこ毎日のように子供達が家の庭で簡易プールに水張って水遊びしてるからなぁ。さて、どんなもんでしょう?

●期間 : 10年5月26日?10年7月26日

●水道使用量 : 28立方メートル

●CO2排出量 : 19.628kg

もっと多くなってると思ったけど、そんなに前回と変わらないね。

(青)

スポンサーサイト

好感が持てる人というのは、みんなだいたい一緒なのかと思っていました。

最近では、太田光。
TVに出てる人の中では、数少ない私の大好きな人で、
爆問学問」なんかはHDD予約して見るくらいなのですが、
(先週の野田秀樹との対決!まじ面白すぎました…)
実家に帰った時に、母にも兄にもボロカスにけなされて、
腹が立つというより、たまげました。
ちょっと前だと朝青龍。
孤高の蒼き狼を、応援しない人なんていないと思っていましたが、
これまた母&兄コンビに「応援する人がこんなに身近にいるなんて」と
びっくりされ、
びっくりしたのはこっちだっつーの!と私もびっくりし返してやりました。
ひねくれている自覚は全然ないのですが。

そして。
渦中の方ですが、金賢姫さん。
最近は枕詞に元死刑囚とか元工作員とか出てます。なんだあれ。
私が最初に胸打たれたのは、去年3月。
田口八重子さんのご家族と会った時のNHKニュースは、
私は最初から最後まで泣きっぱなしでした。
(ママ友からは誰一人共感されませんでしたが)
メディアと名のつく場所から長い間遠ざかっていた彼女が、
自身や彼女の家族への危険を顧みず、
沈黙を破ったのは何故なのか。
ひとえに、田口さんを大事に思う気持ちだけだと私には思るのです。

彼女の目は、もう、覚悟した人のそれに見えます。
彼女自身が犯した罪(本人が望むと望まざるに関わらず)を、
拉致被害者の家族に注ぐことで、
償おうとしているのではないでしょうか。
もっと言うと、
何だかもう、死を覚悟した目に見えるのです。

だからと言って、拉致問題に言及もしない。
北のことも、彼女が犠牲にした115人の取り返しのつかない命も、
もう彼女にとってはどう償いようもなくて、
唯一魂を救われるのが、
工作員としてでもなく、北朝鮮人としてでもなく、
人間・金賢姫として、そのわずか許された人間性で関わった、
拉致日本人達との心通わせた日々であり、
彼ら彼女たちと、その家族の為に
命を賭けることも辞さない、というような、
これ以上捨てるもののない純粋さを私は感じてしまうのです。
邪推ですがね。

私はすごく自然に、彼女を嫌いになれないのですが、
それもここ数日のキチガイじみた過熱報道を見ると、
なんだか悪意を感じて仕方がないのです。
確かに拉致問題解決に起爆剤となりうる
派手なパフォーマンスと言えなくもないし、
センセーショナルな出来事として面白がってるのかもしれません。
でも、
当の本人はそんな事全然どうでもいいように私には思えます。
到底想像もつかないであろう葛藤を乗り越えて、
今に至る彼女は、凛として美しい。
彼女の魂の救われることを、
私は心から願うばかりです。


余談ですが、私が嫌いなのはベッキーと山口智光。
いい人ぶりが鼻について鼻について、本当に生理的に受け付けません。
これも一般的ではないのでしょうね、きっと…。
(ト)

今年1月、その人は、自分が肺がんだとカミングアウトしていたそうです。
私はそんな話は全然知らず、
また偶然にも同じ頃、
『久々に読み直すかな』と思って、
山のような彼の小説コレクションの半分にも満たない量の文庫本を
段ボールに詰めて実家から今の東京へ運んでいたのでした。

つかこうへい。
私が出会ったのはもちろん『蒲田行進曲』。
中学生の時でした。
銀ちゃん役の風間杜夫さんが大好きになり、
あろうことかアルバムを聴き、コンサートまで行ったのです。
ヤス役の平田満さんも大好きで、
出てくるドラマは全て観ました。
主役格にはなかなかなりませんでしたが、
『蒲田』の中では、銀ちゃんよりヤスの方に心惹かれていたので、
気になるのはやっぱり平田さんの方でした。
つかの小説の中で(『長嶋茂雄殺人事件』だったかなあ)
平田さんのエピソードが出てきたこと、
小説の中身は覚えてなくても、そこだけは覚えてます。
平田さんが、芝居仲間にぼやくのです。
「俺、つかだ(つか)さんに演出うけてるとよく灰皿飛んできて、
 『お前なんか俺が拾ってやらなきゃ、蕎麦屋の配達くらいしかできねえんだぞ!』って
 言われんだけどさあ、
 そうは言っても俺だって早稲田出てんだから
 そこまでひどくはないよなあ』

小説は、古本屋を巡って、初版を集めました。
初版に近いものを一応保険で買ったり、
映画になれば、和田誠さんのイラストが映画の表紙に差し替わったりして、
そしたらまた買ったりして、
同じ本2冊も3冊も買いました。
一番なんてとても決められないけど、
何度も読み返した本は、ぶっちぎりでこれです。
『広島に原爆を落とす日』

『熱海殺人事件』
『寝とられ宗助』
『青春かけおち編』
『二代目はクリスチャン』
『この愛の物語』
『幕末純情伝』…。
映画も全部観ました。
『銀ちゃんが、ゆく』
ドラマは石橋貴明が銀ちゃんという、
鼻持ちならない結果でしたが、
我慢して見ました。
ヤスの木梨憲武はかなりいい線いってましたが。
芝居は残念ながら1度だけ。
『飛龍伝』石田ひかりでした。
この舞台のそでのどっかにつかがいるのか…と思うと
めちゃくちゃ興奮しました。
それ以上に芝居はやっぱりいいです。
役者さんみんなが生き生きとしていて、
むちゃくちゃ笑いました。
関係ないけど、私がラーメンズにハマったきっかけも、
蒲田行進曲』をモチーフにしたコントでした。
オマージュとしては充分すぎるほど完璧なコントです。
それを彼らがやっていなければ
私はラーメンズにはゼッタイ行きつかなかったでしょう。

思えば、つかが岸田戯曲賞を取ったのなんか
25歳くらいなんですよね。
若い!
しかも『熱海殺人事件』って
ものすごいシニカルで人間臭い小説なんですよね。
あれを20代で書いたとは…。
 
いつか、公平。
そんなメランコリックなペンネームの由来は、
彼の本当の魂なのか、
それすらも自らの『韓国人作家・つかこうへい』を演出していたのか、
そんなことはもう誰にもわからないだろうし、
意味もないことです。
彼の複雑な立場も、
素行の悪さも、口の悪さも、
彼の小説の面白さの前にあっては、
全くどうでもよいこと。
私は愚鈍なただの読者になり、
げらげら笑ったり、
心痛めたり、
時には泣いたり。
ただそれだけです。

本当に、いい作家です。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
(ト)

いや?、レシピ。何ヶ月ぶりでしょう。
まあ思いつきブログですからね。
大目に見てください。
ベジレシピなだけでなく、
お財布にも優しいレシピです(*^_^*)
豆腐ステーキ

【材料】
木綿豆腐 1丁
片栗粉 適量

A)玉ねぎ 1個
 ピーマン 1個
 赤ピーマン 1個
 いんげん 5、6本

B)酢 大さじ4
 砂糖 大さじ2
 醤油 大さじ2
 片栗粉 大さじ2
 水 1カップ
 ケチャップ 小さじ1
 こぶ茶 小さじ1
 塩こぶ 大さじ1?お好みで
 
【作り方】
1)豆腐を水切りします。水切りは電子レンジが楽です。
 軽く重石(お皿1枚とかで充分)をして、600wで3分チンしましょう。
2)1)をスライスします。
 8個くらいに切ると丁度いいですね。
 切ってから更に重石するとまた水切れます。
3)Aを千切りにします。なるべく細くした方が食べ易いです。
4)フライパンを温め、ごま油(分量外)をたらし3)を炒めたら、
 よく混ぜた4)を更に混ぜながら入れます。
5)別のフライパンに多めの油(分量外)をしき、お豆腐に片栗粉をまぶして焼きます。
 できれば側面も。
6)5)に4)をかけたら出来上がり。

お豆腐は多めの油で焼くと、まるっと揚げ出し豆腐です。
それから、野菜は何でもいいです。
人参とか、キノコ類も美味しそうです。
モヤシなんか使っちゃったら更にお財布にやっさし?。
でも気をつけましょう、モヤシの原料の緑豆の種は、ほぼ中国からの輸入です。
あ、そりゃうちのように中国製品ボイコットしてる方以外には
全く不必要な情報でしたな(^_^;)
(ト)

ちょっと前に見田宗介の『現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来』という本を読んだんだけど、その中で印象に残った一節に、こんなのがあった。

あるいはいっそう人びとの日常の生の内にあるもの、歌や笑いや性や遊びのさまざまな形、他者や自然との直接の交歓や享受の諸々のエクスタシーは、<消費>の原義それ自体であるが、つまり、<他の何ものの手段でもなく、それ自体として生の歓びであるもの>だけれども、それはどのような大量の自然収奪も、他社会からの収奪も必要としない。

要はさ、広い意味での“遊び”は、そのものの本質としては必ずしも天然資源の浪費とか他者からの搾取とかを必要条件とするものではない、ってことを言いたいのかな、と。

思い当たる節があるんだよ。

うちの子供達ってさ、例えばそりゃあ遊園地に連れてけばそれなりに喜ぶんだけど、ネズミーシー西武園とで当人達のテンションはあまり違いが無いし、変な話小金井公園とかに行ったってほぼ同じ勢いで楽しく遊べたりする。

こういうのがほんとに子供の凄いところ。親がどんなに金を掛けてスゴい所に連れて来てやったとしても、自分がつまんなきゃヘタレた口調で平気で“おうちに帰ろう?”とか言うし、例えうちから歩いて5分足らずの公園でも、自分が集中して遊んでる時はなかなか帰りたがらない。大人の事情とは無縁なところでの、素直な振る舞い。

よっしゃ、そんなら、可能な限り毎週末どこかの公園に連れてってやるわさ。うちで入れた麦茶を水筒に詰めて、おやつも持参して、現場では殆ど財布を開かない。フリマでもやってりゃあ、誰かのお下がりのおもちゃを二束三文で買ってやるくらい。あとはただただ、ドングリ拾ったり、白詰草で冠作ったり、芝生の上に寝っ転がったり。遊園地に行くのをねだられるくらいなら、親としても願ったり叶ったり。

さぁ、みんな、公園に、いきましょう。

(青)

P.S.,
“大量の自然収奪”や“他社会からの収奪”からストレートにモノの売り買いを連想してしまうのは、やっぱり俺自身の感性が根っこのところで左寄り且つ禁欲的だからなんだろうね。今更そんなの否定するつもりもないけど。消費が美徳だなんて思ったこと一度も無いし。

別に名古屋で開催されるCOP10に当て込んでってわけじゃないけど、最近は生物多様性のことを色々と調べてるわけです。

で、今読んでる『生態系サービスと人類の将来―国連ミレニアムエコシステム評価』って本の中で、こんな文章を発見したよ。

■生息地の改変、特に農地への改変
ミレニアム生態系評価のシナリオでは(中略)、2000年から2050年にかけて草地と森林の10〜20%が主に農地に転換されると予測されている。土地転換は特に低収入の国や乾燥地域に集中し、森林面積は工業国では増加し続けると予測されている。

つまりあれだ、先進工業国は森林を切り開いて田畑にするくらいなら発展途上国から安い農産物を輸入して済ませる方を選ぶし、それを見込んで発展途上国の方は森林や草地をガンガン開墾して農地にしちゃう、と。んだから“森林面積は工業国では増加し続ける”なんて一見おかしなことが起こり得るわけだ。んで、勿論この『国連ミレニアムエコシステム評価』って報告書の中では、それを悪い傾向として捉えてる。キットカットとインドネシアの熱帯雨林の話なんか、その典型だね。

それならさ、今更森林を開墾するのはマズいにしても、先進国でも既に開発されちゃってて今は使われてないような土地は畑にしちゃってもいいんじゃないの?キューバの都市農業を見習って、ちょっとでも放ったらかしになってる土地は見付けた人がガンガン耕して自分ちの食材を生産しても良いことにするとか。

♪ たがやせせたがや テニスコートも環八も?

昔の人は、良いこと言ったもんですね。

(青)


「子守り協同組合」って話、知ってる?

要はさ、子供を持つ親達が集まって組合を立ち上げ、その中で子守りをお互いにやり合う仕組みを作る話。ある家族が別の家族の子供を半日とか子守りすると、子守りをしてもらった方の家族はしてくれた家族にクーポンを渡す。貰った家族はそのクーポンを今度は自分ちの子供を子守りしてもらいたい時に使えるってわけ。メンバーの殆どが弁護士だってだけあって、非常に合理的かつ公平な仕組みだね。

勿論この話にはちゃあんとオチがあって、どの家族もここぞという時(例えば、夏)のためにクーポンを手元に取って置くようになり、誰も普段はクーポンを使いたがらなくなり、クーポンの流動性が極端に下がっちゃう。

これがいわゆるデフレってやつだね。みんなが貨幣(この場合だとクーポン)を貯め込み、商品(この場合だと子守りというサービス)を購入したがらなくなる現象。頭の良い人達が作り上げた合理的な仕組みでもデフレってのは起こり得るし、その要因には心理的なもの(“ここぞという時に使いたい”という気持ち)が大きく影響するという良い例ですな。

で、だ。

俺なんかに言わせりゃあさ、そんな子守りなんか、一回一回は無償でやってやれよ、って気がするわけよ。んで、こないだはうちの子があそこの家族にお世話になったから、今度はあそこんちの子供をうちで預かってやろう、見たいな感じで、大雑把に収支の帳尻が取れればいいじゃん。ザックリやろうよ、ザックリ。

でも、きっとそうすると一方的に預かってもらってばっかで逆に自分ちで預かろうって言い出さない家族とか出てくるんだろうな。実際そこそこ身近にそういう話も聞くし。いわゆるフリーライダー(タダ乗り)問題ですな。

いやいや、なかなか難しいっすわ、マジで。そうそう簡単には“交換よりも贈与を”ってわけにはいかんのですかね?

(青)

これまでにチマチマ計算してきた、我が家での電力、都市ガス、水の消費に伴うCO2排出量を、昨年度一年分まるっと集計してみた。

CO2総排出量 : 1,849 kg-CO2
うち、
 電力に伴う排出 : 909 kg-CO2(49%)
 都市ガスに伴う排出 : 817 kg-CO2(44%)
 上下水道に伴う排出 123 kg-CO2(7%)

一年で約2トン。家族4人で割るとひとりあたり500キロか。温室効果ガスインベントリの計算結果を見ると、2008年度の日本平均はこの3つでだいたいひとりあたり一年あたりで1トンくらいだから、まあ優秀と言えば優秀だね。

これを月別の面グラフにすると、こんな感じ。

2009年度CO2排出量集計結果
※クリックすると拡大します。

これを見ると、だいたいこんなことが言えるのかな。

1) 水は全体に占める割合も少ないし、季節変動もあまりない。
2) 都市ガスは調理のほか暖房にも使っているので、夏は少ないし冬は多い。
3) 電力は概ね一定しているが、例えば八月や一月のように帰省等で家を空けがちな時期はその前後に比べて若干少なくなる。

当たり前と言えば当たり前のことなんだけど、こうしてビジュアライズされるとまた一段と分かり易くなるね。

今年度はCO2排出量だけじゃなくて請求金額も集計してみているから、それぞれがどういう傾向を示し、それらから何が言えるのか、今から楽しみ。

乞うご期待。

(青)



ふたつまとめてドン。まずは電力から。

●期間 : 10年6月4日?7月5日(32日間)

●電力使用量 : 212kWh

●CO2排出量 : 78.016kg

何故か結構増えてるな。次は都市ガス。

●期間 : 10年6月10日?7月8日(29日間)

●都市ガス使用量 : 16立方メートル

●CO2排出量 : 33.28kg

こっちは如実に減ってるね。

(青)


某TV雑誌で、片桐仁さんの名刺プレゼントやってたんで
応募したら、当たっちゃいました(*^_^*)
すごい!
送り主、その名も連載名まんまで
「おしり」
PA0_0063_20100708171647.jpg

不在者通知も「おしり」
不在

運送会社の人、どう思ったろ…。

PA0_0061.jpg
貴重なお名刺♪
この名刺で、東武動物公園入園料が半額になるそうです!
すげ!

PA0_0060.jpg
一緒にいただいたワインには、
手書きの『ワレモノ』の文字が!
手作り!やるなTVブロス!

ラーメンズの公演もpotsunenもKKPも、
全っ然プラチナで入手は宇宙規模で不可能なんだけど、
なんかこの勢いで次の公演は当たっちゃったりして!
期待大!
(ト)

もう10数年前に、当時の彼氏と中野武蔵野館で観た映画です。
先日、魔がさして、ビデオ屋で借りてみました。


三月のライオン(トールサイズ廉価版) [DVD]三月のライオン(トールサイズ廉価版) [DVD]
(2005/03/25)
不明

商品詳細を見る


平たく言うと近親相姦の映画です。
しかし、まあ、様式美というか、
長回しのシーンが本当に多くて、
台詞の少ない、きれいな映画でした。
何よりも印象的なのは主人公アイスの美しさ!
今、この彼女、何しているのでしょう…。
ウィキでも出てきません。

そしてこれ一緒に見に行ったY君、
これまた、何してるのでしょうねえ…。

おっといけねえ、映画に引きずられて
こっちまで感傷的になっちまったぜ。
険呑険呑。
(ト)

先日、出張でベルリンに行って来ました。

二泊四日という強行軍でかなりハードではあったけど、何しろオイラにとっちゃ初のユーロ圏。眼に入るもののいちいちが新鮮だったりするわけさ。なのでここでは、ベルリン及びその道中で印象に残った物事をザザザッと列挙してみるわな。


フランクフルト空港

ベルリンのテーゲル空港ってのは結構小さいもんだから、日本からベルリンにアクセスするためにはどうしてもどこか別の空港での乗り換えが発生する。んで、ドイツで一番のハブ空港がフランクフルトで、俺もそこで乗り換えたってわけさ。

このフランクフルト空港ってのがとにかくスゴイ。ハブ空港って言ってるだけあって以上にデカくて、ターミナルも成田みたいに2つに分かれてるんだけど、それぞれのターミナルが更に2?3のグループに分けられてて、その間の移動が、極端に長くて延々と動く歩道だけが続く殺風景な地下トンネルだったりする。また、トンネルから上がってゲートの方に来てみると、空港関係者が折り畳みチャリとかゴルフカートみたいな乗り物でゲート間を移動してたりする。

あと驚いたのが、ゲート近くのトイレに入ったらコンドームの自販機が置いてあったこと。どういう需要があるのかが、さっぱり分からない。


携帯電話

フランクフルトの空港やベルリンの街中で地元の人達が使ってる携帯電話を見ると、圧倒的に多いのがブラックベリーノキアみたいな、画面の下にテンキーじゃなくてアルファベットのキーボードのちっちゃいのが並んでるやつ。iPhone使ってる人はそんなに多くないし、昔ながらの折り畳み式の、スマートフォンじゃない携帯電話なんか殆ど見ない。所変われば品変わる、ですな。


カリーヴルスト

ベルリン名物のスナックにカリーヴルストってのがあって、街中にはそこら中に、日本で言えば立ち喰いソバ屋くらいの頻度でこのカリーヴルストのスタンドがある。直訳するとカレーソーセージで、それだけ聞くと何だか旨そうなんだけど、そこには実は落とし穴が。まずは以下の写真をご覧あれ(クリックすると拡大表示します)。

Currywurst

見ての通り、カレーとか言いながら味付けのメインは圧倒的にケチャップで、カレー粉はその上に申し訳程度に振りかけてあるだけ。味の侘び寂びなんざあったもんじゃない。ソーセージなんつったら、ホテルの朝食バイキングで普通に並んでるやつに程良くマスタードを付けて喰ったのの方がよっぽど旨かったわさ。

ちなみに、ホテルの近所のスーパーのソーセージ売り場ったら、半端ない規模だった。さすがは国民食。


エロチック博物館

そんなね、熱海の秘宝館みたいなやつがベルリンにもあるのよ。まあ本編の展示物の方は有料だし俺も結構臆病なんで行かなかったんだけど、1階に売店があって外からでも入れるんで入ってみたわけさ。

そしたらもう、あるわあるわ、エロ本にエロDVDに下着類に大人のおもちゃ。本とDVDは勿論丸出し無修正。試しにワゴンセールで10ユーロで売ってたDVD買ってみたけど、腕みたいにぶっとい△△△が○○○にズコンズコンと...(以下自粛)。


パンクス、ムスリム、アフリカ系

ドイツったらついネオナチのスキンヘッズって先入観があるんだけど、さすがにそんなのは見かけなかったね。でも、すっげーモヒカンのパンクスは3人くらい見かけた。しかも、うち2人は何故か大型犬と一緒。なんだろうね、あれ。流行ってんのかな?

あと、案の定トルコ系と思しきムスリムの人達は多かったね。流石にブルカとまでは行かないにしても、顔出しのヒジャブを被ってる女の人も普通に街中を歩いてたよ。

あと、意外に多いと感じたのがアフリカ系。実際、仕事で会った人のひとりも、ドイツの某工業会の職員だけどアフリカ系だった。決して地位は低く扱われているばかりではなさそう。

ま、極東からはるばるやってきた黄色い猿にしてみれば、オリバー・カーンみたいなコテコテのゲルマン系ばかりに囲まれるよりかはホッとしますわな。


ベルリンの歴史を体感

ストーリー・オブ・ベルリンという博物館があって、ベルリンの歴史を体感できるってんで行ってみたんだけど、これが結構面白かった。ほんとに五感に訴えるような展示手法で、ドイツ帝国の首都時代から、ナチス・ドイツの治世、第二次大戦後の冷戦構造の最前線、そしてベルリンの壁崩壊に至るまでの様々なエピソードが展示・再現されてる。俺はタイミングが合わなくて参加できなかったけど、冷戦期の核シェルター(本物)を見学できるツアーも開催されている。

展示物のキャプションがドイツ語と英語しかなくて苦労したけど、訪れる価値ありです。


AC/DC

何故でしょう、オーストラリアの大御所ハードロックバンド、AC/DCが、ベルリンで大流行りのようなのです。

街中や空港でやたらとこのバンドのTシャツ着てる人を見かけたし、CDショップではCDもTシャツもかなりの数の在庫を用意している。いったい何故?


ワールドカップ

二晩目がちょうど予選のガーナとの試合の日で、南アフリカとドイツの間に時差は無し。夏至に近かったせいか試合の始まる夜8時過ぎったらまだ明るくて、そんな街中をドイツの国旗を身につけたり顔にペインティングしたりしてる若者がビール瓶片手に闊歩。否が応でも盛り上がる街の雰囲気。

まあね、俺はひと仕事終えた後で疲れてたから、ホテルの部屋に戻って見るつもりでTV点けてそのままうたた寝しちゃって、目覚めた時には試合はもう終わってたんだけど、ゲームの勝利と決勝への進出に対する喜びの表現なのか、街から車のクラクションやら爆竹やらの音がずーっと続いて、まるで戦争でも始まったかのよう。

ま、そりゃあ盛り上がるのも当たり前っすわな。


ルフトハンザ航空

今回の出張で利用したのはルフトハンザ航空のビジネスクラス。機内のエンタメたるやオンデマンドのコンテンツが満載で、しかも何故かインドの映画やポップミュージックを扱ったものが多い。往路はヒンドゥスタン系とタミル系のプロモビデオ集を楽しみ、復路では映画『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』(なかなかイイ映画だったよ)をしっかり堪能してきた。全く何しに行ってんだか分かりませんが。

ちなみに他には、マッシヴ・アタックの新譜『ヘリゴランド』をほぼフルで聞きました。生楽器と打ち込みとのバランスがかなり俺好み。


アラフォーのおっさんのベルリン道中記は以上でござんす。ベルリンなんてあまり興味も持てないまま行ってはみたけど、やっぱり実際に足を運ぶともっと色々見てみたいと思うようになるね。ラブパレードが再開されるなら、是非今度はプライベートでまた行きたいな。母さん、どうよ?

(青)

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。