*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はい。今日は(青)の出番。言うたら日曜版だな。

(青)の記事はしばらくは書評が中心になろうかと。日曜版だけに。
勿論、取り上げるのは世界の平和について考えるためのテキスト。最初はこの本から行くぜ。


「チベット問題」を読み解く (祥伝社新書)「チベット問題」を読み解く (祥伝社新書)
(2008/06/26)
大井 功

商品詳細を見る


今年3月のチベット騒乱とその後の混乱に満ちた各国での北京五輪聖火リレー。

世界中のセレブがスピリチュアル・ヒーローとして尊敬と崇拝の意を表す対象であり、一方で中国共産党政府からは「僧衣を着たオオカミ」と非難を受けるダライ・ラマ14世法王。

インド北西部のダラムサラという山間の町に置かれたチベット亡命政府と、中華人民共和国チベット自治区の関係。

チベット問題って、一体何なの?

チベット寄りのいわゆる「ダライ一派」とは一線を画したビジネスマン上がりの大学教授である筆者は、その中立的な立場から、新書という限られた紙面の中でこのチベット問題についての理解のヒントを指し示してくれている。

歴史的な経緯やチベットの現状に関する解説は充分要点を押さえているし、実際に筆者がダラムサラに足を運んで行った取材のレポートでは、難民受け入れセンターやチベット子供村(寄宿制の学校)を訪れ、冬のヒマラヤを正に自力で越えてチベットからインドへと亡命してきた子供達の様子を伝えている。
また、チベット亡命政府の組織構造についても触れており、三権分立を確保したその構造が、共産党による一党独裁体制が続く中国政府よりも遥かに民主的であることが見て取れる。

強いてひとつだけ残念なことと言えば、この本が北京五輪前の今年7月に出版されたという点。中国政府のメンツ至上主義とその綻びを露わにした北京五輪が終わっても、悲しいかな、チベット問題は解決の糸口を見出せていない。11月にダラムサラで開催された、世界の亡命チベット人の代表を集めてチベットの未来を問う特別会議についても、筆者の意見を聞きたかった。

ここからは予断、じゃなかった、余談。

北京五輪、(青)はたまたま見ていたニュース番組で取り上げてたのを不可抗力的に見た以外は、生中継の類は開会式から閉会式まで一切見ませんでした。

中国の人権問題全般に異を唱えるためでもあるけど、単に俺がスポーツってやつが嫌いだから。いや、スポーツというものの、ナショナリズムの高揚に容易に利用されるその在り様が嫌いだから、と言うべきか。

大国同士がメンツを賭けるためのスポーツの祭典なんかじゃあ、(青)は感動できねえのさ。

(青)

スポンサーサイト

昨日は娘の幼稚園の飲み会。初めてセンセイ達も招いて盛り上がりました。でも2軒目以降の記憶がありません。気づいたら家でした。
お金は払ったらしいです。
途中までSちゃんがタクシーで送ってくれたらしいです。
青空君が途中まで迎えに来てくれたらしいです。
朝冷蔵庫をのぞくと、コンビニで買ったらしいシュークリームが大量に入っていました。
私、お土産買って帰ったらしいです。
自分が恐ろしい…。酒は飲んでも飲まれるな。
(ト)


木曜日、我が家の食卓から動物性の食べ物が消えます。週一ベジタリアンという、なんだか分からない決まりを続けて、もう4年ほどになるでしょうか。
そもそも私はベジタリアンという発想があまり得意ではありません。殺生を悪だとは思わないからです。
確かに生き物を殺すことなく、食事をすることはできます。でも、そこで悦に入ってる方に問いたい。あなたはその野菜やお芋やお米に、命がないとでも思っているのですか、と。
私は、食べもの全てに命があるのだから、たくさん感謝してご飯を食べなさいと、子供達には教えていきたいと思っています。
だいたい、害虫(あの黒とか茶色とかの羽でキッチンの裏を占拠し、時々飛んだりするすごい怖い虫とか、意味はないけど節足系とか、)殺したりしてる時点で、だめじゃんあたし。
というような生臭い私が、なぜベジなのかというと、私の友人で、もう10年もベジタリアンをしている日本人の女性がいるためなのです。彼女とは長いこと飲み友達なのですが、ある時からベジタリアンになってしまい、それから飲み屋に行けなくなってしまいました。冷奴を頼んでも「上に乗ってる鰹節がダメ」とか言うし、納豆も「だし醤油がダメ」とか言うし、フライドポテトも「粉チーズがダメ(チーズに使うレンネットという製品は、動物の胃袋から抽出するのだそうです。それ以前に牛乳がもう動物性でアウト)」とか言うし、もう?、そんならうちで飲んでけ!ということで、ここ数年は家飲みしかしていません。
でも、ネタもつきます。「これおいしいんだよう」等の自慢料理も提供できません。私のファイティングスピリットに火がつきました。この方面を追求してみよう、と。
青空君に打診したところ、「週一ならいい」と、可決され、今に至るわけです。元々チベット仏教に激しく傾倒している青空君が、「労せずベジタリアンになれるのならなってやらんでもない」という大変ご都合主義的希望をお持ちだったという要因もありました。
という訳で続いているのです。大した意味もありませんね。ましてロハスとかマクロビオティックとかにもあんまり関係ありません。もちろんベジ生活のすすめという気もありません。
でも、それは私の料理の、限界への挑戦でもあります。これはこれでなかなかおもしろいです。
今までたくさんの傑作ベジ料理が誕生しました。
豆腐で作るうなぎのかば焼きやカキフライには、正直、一生こっちでいいかも、と思うこともあります。
ベジ鍋は、あまりの旨さに、「店開くか…」と本気で考えました。
ベジの王道、インド料理にはたくさん助けられました。
お肉の代替物より、出汁やコクといった、微調整方面のほうが厄介だということにも気づきました。
そしてそれは、青空君や娘が幼稚園に持っていくお弁当も例外ではありません。お麩とんかつ、豆腐から揚げ、大豆ハンバーグなど、いわゆる肉に見せかけたおかずを入れて、いろどりよく盛りつけるので、娘にはバレたことがありません。まあ生来子供なんてのはそんなことあんまり考えずに生きてますから大丈夫なんですけど。

さて、本日はベジディ。
晩御飯は、豆腐そぼろ丼、糸こんにゃくのゆかり和え、おぼろ昆布と梅干しのおつゆ、大根サラダでした。

08.11.27夕食

えと、おつゆの代わりにビール写っちゃいました。えへ。ご飯は玄米です。ちなみに子どもたちも離乳食から玄米です。
豆腐そぼろ丼は、前にTVで節約カリスマ主婦が作っていたのを何となくうろ覚えで作ってみましたが、結構うまくいきました。簡単にレシピなど。
〈材料2人前〉
・ホカホカご飯
・豆腐 1丁(350g)
・にんじん 1本
・きくらげ 6、7個
・干しシイタケ 1枚
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・醤油 大さじ2?3(好みで)
・塩、コショウ 少々
・ごま油 大さじ1


〈作り方〉
?豆腐はよく水切りをしておきます。にんじんはよく洗って皮ごと細かい千切り、きくらげとしいたけは水で戻してやはり細かい千切りに。
?フライパンをよく熱し、サラダ油(分量外)を入れて、湯気が出たところで豆腐を手で崩しながら投入。同時ににんじんもきくらげも入れます。
?豆腐がひき肉みたいにポロポロになるまで炒めます。水気がなくなったら、酒、みりん、砂糖を加え、煮詰まったらさらに醤油、塩コショウで味を調えます。
?火を止めてからごま油を振って、ホカホカご飯に乗せたら、はい出来上がり(^u^)


でも、今日は子供たちが早く寝たため、イカを2ハイ、がっつりさばいて塩辛にしました。今日のイカ、超新鮮でつるっつる♪手が全く生臭くならない♪もっと作りたあああいめちゃくちゃ楽しいいいいいいって、それベジディの意味あるんかい。と自らつっこみながら今日の笑点はこの辺でおひらき、またの機会のお楽しみ。

(ト)


昨日巨大白菜を購入、今日さっそく干しました。1、2日干した方が、漬物にしたとき味がいいのだそうです。
毎年冬にキムチを漬けるようになって、5年目になりました。今年は娘の幼稚園ママ仲間からオファーがあって、特別夏にも漬けてみましたが、キムチのつけだれである、ヤンニョムの中に入れるフルーツが選び放題入れ放題でこれはこれで楽しかったです。
でもやっぱり白菜の美味しい冬が旨いんですよねえ。これから刺身用イカを買いに行って、塩辛を漬けてから、ヤンニョム造りは週末かなー。
私のキムチは完全にケミカル無添加です。だからコストがとても掛かります。丸正で普通にキムチ買う方が安い時すらあります。でもやめません。これは私の趣味だからです。お歳暮にもします。つか作ったほとんどを人にあげてしまいます。趣味じゃなきゃできません。
ところがまだ鉄板のレシピがありません。教わったときのレシピが、味〇素を大量に入れるというもので、それが本当に嫌で、毎回試行錯誤で入れるものを変えて試しているのです。
そしたら今は本場韓国でも、手作りのヤンニョムにも化学調味料をいれるのだそうです。それってどうだ?せっかく手作りなのに?んじゃキムチ普通に買いなよ。と思っていたのです。
私の母は、これまた漬物が生き甲斐みたいな人で、家には漬物小屋なる6畳ほどの部屋まであり、ありとあらゆる漬物や果実酒を漬けては人様に振舞っているようで、血は争えんなあと思っておりました。ところが昨年帰省した際、彼女自慢の野沢菜漬けを食べながら、ふと「これってどうやって作ってるの」と聞いたところ、「これよ」と、西友で買った野沢菜漬けの素(添加物いっぱい)を見せてもらって愕然としたことがありました。
私は家では出汁も化学調味料を使わず、鰹節粉や昆布を駆使して、極力化学調味料を使わない生活をしていて、お店に食べに行っても、化学調味料が入ればすぐ察知できる舌を兼ね備えたぜ、と思っていましたが、こんなところで毎年ぼりぼり食べて悦に入っていたと思うと、大変落胆いたしました。死角でした。
人の味覚などアテにならないなあ、もうほんだしとか使っていいのかなあと、ひよりそうになりましたが、やっぱりキムチだけは、せっかくなんでもうちょっとがんばって無添加でやっていこうと思っています。
(ト)

昨日。かたいなあ、かたい。
ゆるゆるの記事いきます。
うちの娘が時折、天才の片鱗を見せるので、自慢したいと思います。
うちの娘は2歳を目前にしたとき、作詞作曲をしました。だんごの歌です。こんなのです。
「だんごだんごだんごだんごだんごぷっぷ?」曲が載せられないのが本当に残念です。
3歳の時はこんなのでした。
「あらほいほいほい あらほいほいほい しましーま音頭がやってくる?」
タイトルはもちろん『しましま音頭』です。振り付けもあります。
先日5歳になって新作ができました。
「ノックノーックとんとんとん ノックノーックとんとんとん」
このリズムは八分休符が頭に入る、小学生低学年でも理解しにくい高度なもので、
あまりの素晴らしさに楽譜に起こしました。

うちの娘は音楽の天才です。
(ト)

とりあえず。
かつて紙ベースで印刷、皆様に郵送しておりました『青空トランプ日報』、5年4か月のブランクを経てようやくWeb上で活動再開、であります。
まだこのfc2のブログサイトの使い勝手がよくわからないので、色々と見苦しい点も多々あるかとは思いますが、どうぞご容赦下さいまし。

我らが青空トランプの構成は、以下の通りです。

・青空☆太郎(夫)
・トランプすずき(嫁)

今後は中野区の中心より激しく世界平和を訴え、3年後のノーベル平和賞受賞を目指していく所存ですので(ウソ)、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

青空トランプ

Author:青空トランプ
青空トランプ:夫婦ユニット。サブメンバーに、長女コロ(中1)と長男ぐわー(小5)がいます。
そんな青空トランプを、20の質問で紹介します。

【青空☆太郎】

出身地:宇宙
職業:世界を股に挟むえせサラリーマン
趣味:最近は主に東欧の大衆音楽、例えばロマ(ジプシー)系やクレズマーの辺り
特技:誰に対してもあつかましく振舞う
好きな食べ物:カレーかラーメンか迷ってるフリをしつつ本当に好きなのは握り寿司
好きな映画:ここ最近なら間違いなく『先祖になる』だね
尊敬する人:タモリ(『ブラタモリ』復活希望)
抱きたい人:宮崎あおいちゃん(せっかく離婚したんだから俺んとこに嫁に来なさい)
神:JB、ジミヘン、コルトレーン(このチョイスに迷い無し)
永住したい場所:東北か東欧か東南アジア
1ヶ月休みがあったら:東北でボランティア&観光(まだまだ行き足りない)
3億円当たったら:1億は寄付して、残ったカネで防音設備の整ったスタジオ付きの家を建てて楽器を買いまくるね
明日死ぬとしたら:慌てて般若心経を覚える
今一番興味があるのは:クレズマーとチンドンの関係性
子供以外の宝とは:あごひげともみあげ
自分を動物に例えたら:インドサイ
相方のいいところ:他人にでも感情移入できるところ
相方の悪いところ:他人にでも感情移入しがちなところ
相方を料理に例えたら:火鍋と砂鍋が半々のやつ(仕切りは陰陽風)
世界に向けてメッセージを!:打倒風評被害!


【花札(仮)すずき】

出身地:長野県長野市
職業:主婦業を全力で。
趣味:下ネタ。
特技:落ち込むこと。
好きな食べ物:友人の旦那が作るダシ巻き卵。こないだ久々にありついた♡甘さと出汁とフワフワ具合。ケーキかよ!?安定の旨さ。嫁への愛を感じたわー。
好きな映画:『クンドゥン』『JSA』
尊敬する人:もちろんダライラマ14世。すごいオジサマですよ、この人は。
抱かれたい人:吉野寿様。せめてデートできるなら、一緒にダイアログ・イン・ザ・ダークとか行って、吊り橋効果狙いたい。
神:小林賢太郎。神と書いてけんたろうと読む。
永住したい場所:シェムリアップ、ウブドゥ、チェンマイ
1ヶ月休みがあったら:タイのビーチでぐだぐだしたい。
3億円当たったら:半分寄附、半分貯金して老後に旅しまくる。
明日死ぬとしたら:家族と美味しいもの食べて過ごします(;_:)なんか泣けてきた…
今一番興味があるのは:TED。おっさんテディベアじゃなくて、プレゼンの方のね。
子供以外の宝とは:ラーメンズDVD&文庫本コレクション。
ラーメンズ好きな女はうざい?けっ知らねー。
自分を動物に例えたら:スナフキン亜種。おさびしやま~に~♪
相方のいいところ:博識。理論的。私の支離滅裂な話をよく聞いてくれるという意味で、ガマン強いところ。
相方の悪いところ:ブログ、この半年で1個くらいしかあげてませんよ。どうしました?
相方を料理に例えたら:満漢全席。うんちく多そうだ。
世界に向けてメッセージを!:最良の母親とは、まあまあの母親である。〜児童精神科医 ドナルド・ウィニコット〜

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。